バラマン爺(じい)

バラマン爺(じい)

P10100112_11

昨日は、久しぶりのGTフィッシングでした。

お客様は新婚旅行でお越しの野口様カップル。この時期は、あまり水がクリアーでなく、GTフィッシングにはあまりいいコンディションではないのですが、なんとか1匹くらいは、という思い出で出船しました。

潮は大潮で、午前中の9時半が満潮でした。満潮のときは潮も止まるし、あまり食いもたたないので、午前中はジギングをすることにして、グリーン島沖へ。グリーン島沖の沈船は、満潮時でもかなり潮が動いていて、6キロ前後のホシカイワリやサワラなど、まずまずの釣果でした。フィッシングが全く未経験の奥様のキヨコさんも、自分でフッキングしたのですが、魚のパワーが強すぎで、ばらしてしまいました。

潮が動き始めたお昼前、リーフエッジに移動し、まずはポイント選定です。大潮の満潮のためか、リーフの外側は思った以上に水がクリアーで、なんとかいけそうです。それでは、とインリーフに移動すると、水が緑色で、あまりよくありません。

ここは、リーフの外側で集中してキャスティングすることにして、ベイトフィッシュを探して移動しましたが、ベイトフィッシュは殆どいません。ベイトフィッシュは諦めて、ブラインドキャストで、めぼしいリーフをピックアップしながら、攻めることにしました。

スタートして20分ほどで、まず18キロ程度のGTをゲット。その後もコンスタントに釣れて、12時から3時の間で18キロから25キロサイズを合計4匹。それ以外にもバラクーダやバラフエダイも混ぜながら、楽しい時間が過ごせました。

それにしても、GT初挑戦で25キロを筆頭に4匹のGTというのは、すばらしい釣果です。でも、ほんと、ケアンズのGTフィッシングってかなりお手軽で、初心者の方にも十分楽しんで頂けるフィールドですね。

以前に比べて、GTフィッシングでケアンズまでお越しになる方の数が、少なくなりましたが、こんな気軽にGTを楽しめるフィールドです。皆さんも、機会があれば、是非、お越しください。

でも、今回、久しぶりにポッパーをキャスティングして、今朝は、上半身が少々、筋肉痛です。運動不足を痛感した朝でした。

P10100131

P1010005_11

P1010010_11

P1010008_31

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply