PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ストラクチャーでなく、潮で釣れ」 by オッサン(俺のこと)

ケアンズ、釣り-03092015


今回、2日間、ジョンストンリバーとデイントゥリーリバーで、秋田の白熊さんをガイドしてくれたテリー・ホールマンですが、やはり、ケアンズで「ベストガイド」と言われるだけはありますなァ。


初日が、ジョンストンリバーで9匹、2日目がデイントゥリーリバーで8匹、2日間で合計17匹のバラマンディでした。


勿論、それ以外にも、GT、ターポン、フラットヘッド(コチ)、スーティーグランタ等、全部合わせれば30匹以上はランディングしてます。


ケアンズでのバラマンディの日帰り釣行だと、3匹程度のバラマンディで御の字ですが、それがこの釣果です。


今回、潮周りが良かったのも、勿論、その一因ですが、やはり、長年の経験でしょうか。


2日目、デイントゥリーリバーでは、午後3時頃までノーフィッシュ。


上流部で、ようやく2匹のバラマンディをランディングしたらしいのですが、そのバイトの様子を見て、「この場所は駄目だ。」と言って、さっさと河口域まで移動し、そこから6匹のバラマンディをランディングしたらしいです。


いつも思うんですが、「いいガイド」というのは、「ストラクチャーでなく潮で釣ってる」と思いますが、やはり、その判断ができるようになるまでには、長年の経験が必要かと思います。


以前、テリー・ホールマンと、冬場に、1日で16匹のバラマンディをランディングしたことがありましたが、ベストタイドの時に、狙っていたのは、そういった場所でした。


流石です。






| 魚種:バラマンディ | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/850-691913ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。