PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アクシデント、その1

ケアンズ、釣り-29062014



1匹目。


フッキングして、一気に50メートル近く走られる。

多少、ドラグを締めるが、それでもラインを止められない。

ボートで追いかけようとも思ったが、ビーチ近くまで流れさてしまっていたので、砂浜にボートを突っ込んで、ショアからファイトすることに。

ボトムは、ほとんど障害物のない場所だけに、多少走られても、流れに合わせてビーチを移動していけば、無理なくとり込めるのと、ビーチでランディングした方がリリースも簡単そうだと判断。

20分程度のファイトの後、無事に浅瀬まで引き寄せ、写真を撮ってリリース。

完璧にメーター越えのナイスボディー。

(でも、この写真、前日にアイフォンにダウンロードしたセルフタイマー付きカメラアプリのセッティングが上手くできてなくて、「メモリーに取り込めません」という表示。残念。)


2匹目は、ボートが、かなり沖の方まで流され、最終的にボートの上にランディング。


で、問題の3匹目。


やっとの思いでボートまで引き寄せて、ラインに手をかけようとしてロッドの中ほどを握った途端、一気に海中に走られて、ロッドが真っ二つ。

しょうがなく、折れたロッドで最後までファイトして、ランディング。

気に入っていたロッドなので、かなりショック。

前日に用意したカメラが作動しなかった事といい、ロッドが折れてしまった事といい、気落ちした気持ちを切り替えるべく小休止。

不具合のあったカメラアプリをリセットし、別に持ってきていたスピニングロッドで、気合を入れなおしてキャスティングを再開。


しか~し、そこで、またまた、アクシデント発生。



| 魚種:その他 | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/800-84e0dc7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。