PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

5泊6日(船中泊)、マーリン ヘビータックル

ケアンズ、釣り、カジキ、マーリン-05112013-3



一昨日、日曜日、5泊6日のヘビータックル釣行から戻りました。


いやァ、激シブ。


釣行直前まで、各ボートの釣果を確認してましたが、出発の4日程前が、今シーズン最初のピーク。リボンリーフの北側では、どのボートもボコボコに釣れていたようで、グランダーマーリンもチラホラ。


我々が乗船したボートでも、我々が乗船する前、4日間の釣行で、最高900ポンド(400キロ)を筆頭に5本。




我々の釣行は、最終日が、新月の大潮。


釣行スタート4日前がピークだったことを考えると、いったん沈黙した後、この大潮前に、再度ピークを迎えるか、ゆっくりとペースダウンして沈黙して終わるか、どちらかだろうと予想してましたが、悪い予想が的中。


6日間で2匹。


しかも、200ポンド(100キロ)、400ポンド(200キロ)というミニサイズ。


撃沈もいいとこ。




初日、終了間際、30分程度の間に周囲のボートで、ボコボコと4匹釣れてましたが、どれも100~400ポンドのミニサイズ。


「ま、初日だし、サイズも小さいし、花を持たせてやりますわ。」と余裕をブッこいて高みの見物を楽しんでました。(冒頭の写真が、それ。同行した太田君のグッドショット)


翌日、その場所を見切って、南に下る殆どのボートとは逆に、我々は、リボンリーフナンバー10まで北上。


キャプテンのこの判断、実は、私、もらったも同然だと思ってました。だって、他の奴らと同じ事をしてちゃ、同じ釣果しか上げられませんから。


ところが、これが裏目。


リボンリーフナンバー10は、水の濁りが入り、若干水温も低め。




沈黙・・・。




そこから南に取って返し、ケアンズ沖のリンデンバンクまで南下。


最終日前日、ようやくここで2本。しかし、200ポンド、400ポンドのミニサイズ。他のボートでも、何匹が釣ってましたが、やはり釣れるのは、200~400ポンドのサイズに限られ、全く、いいとこ無し。


魚探では、ビッグママが、深場を悠々と泳ぐ姿を何度も確認できましたが、一向に、水面に浮いてくる気配なし。


過去10年で、最悪のシーズンでした。




なんか、オレタチ、刺身の調達ばかりしてたような6日間でしたワ。(刺身、当分、要らん。)




あ、ちなみに、最初の写真、カジキに銛を打とうとしてるわけではありません。タグ(認識番号)を打とうとしているところです。


下の写真は、最後につれた400ポンド(200キロ)のマーリン


ケアンズ、釣り、カジキ、マーリン-05112013-2

| 魚種:マーリン(カジキ) | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/769-a73eb626

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。