PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

皆既日食

ケアンズ、釣り-16112012


11月14日、ケアンズでの皆既日食です。


朝、5時45分頃、太陽が、次第に月の後ろに入り、欠け始める。ただ、太陽光は依然強く、専用サングラスを通さないと、肉眼では、その状況は確認できない。

その状態がしばらく続いて1時間程経った頃、一筋の光を残して、太陽が完全に月の後ろに隠れる。それと同時に、辺りが夜のように暗くなる。

満月の夜のよう。

肉眼でも太陽の環が確認できる。

コロナが放射状にのび、ところどころで、オレンジ色の光も確認できる。

その状態が1分半程続いた後、光の環の1点から明かりが漏れ始め、その明かりが次第に強くなり、10秒ほどで強烈な明かりとなり、見事なダイヤモンドリングが出現。

このとき、周囲を走っていた車も、総て路肩に止まり、辺りは静寂に包まれる。

その直後、太陽は完全に明かりを取り戻し、環も太陽光に包まれ、裸眼で見ると、いつもの太陽に。

1分半の息を呑む光景でした。



日本人の方で、話を聞くと、鹿児島、香港、東京と日食を追いかけている日食オタクみたいな人も居たが、目の当たりにすると、それも判るような気がする。

聞いた話によると、金環日食よりも皆既日食の方が、暗くなる度合いがはるかに大きく、光のコントラストも鮮明で、かなり見ごたえがあるらしい。

写真は、手持ちのコンデジで、フィルターを通さないで撮影したもの。コンデジだと、これで目イッパイでした。


1回は、見る価値ありますよ。

次回、手近なところでは、2016年3月9日、インドネシアで観測できるようです。

| その他 | 10:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/689-8e331636

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。