PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これからが、楽しみだ!!

P10100191_3

P10100201

P10100211

P10100221

ここ1週間程、就寝前と、出勤前に、ルアーをコーティング剤にドブ付けしています。

ある工房のオーナーの方から頂いた愛用のバラマンディー用ルアーが、マングローブにぶち当たって、コーティングが剥げ落ちてきて、その修理をしています。買い換えれば済むことなのですが、日本に、そうぼちぼち帰国できないし、こうやって手を掛けてやった方が、たかだかルアー1個といえども、愛着が沸くものです。

昨日も、風呂上り、寝る前に、1回、ドブ漬けをして、とりあえずそれが固まるまで、と思いながら、他のルアーを眺めていたのが運の尽き。これから始まる楽しい2ヶ月間の準備のつもりで、あれやこれやルアーを取り出していたら、結局、2時間、あっというまに時間が過ぎて、深夜1時に就寝というはめになってしまいました。

実は、明日から、マーリンフィッシングで6日間、船中泊です。11月になると、ヒンチンブルック島に2回、出かける予定で、マーリンフィッシングの仕事もいくつか入ってます。 12月はブリスベンにデカバラツアーのガイドで出かける予定です。

おまけに11月は、奥方が、2週間、日本に帰国する予定で、スケジュールを誰に確認する必要もなく、好きなときに、好きなだけプライベートで釣りに出かけられる状況です。

そんな楽しい2ヶ月を前にして、平常心でいろ、というのが無理な話です。

そこで、ようやく日の目を見たのが、写真のルアーです。実は、これ、長年作りためた自作ルアーです。今年のオフシーズンは、仕事が忙しく、ルアーを作っている暇なんかなかったのですが、今まで作り貯めて、なんとなく使って壊れてしまうのが惜しくて、タックルボックスの奥に、大事にしまってました。

このルアー達を、この2ヶ月間、使い倒そうと思っています。どんな状況でも、ハンドメイドルアーオンリーで投げ倒すつもりです。最初の製作意図とはかなり違って、水中垂直立ちミノーとか、グルグル回転シャローミノーとか、なんだか訳のわからない動きをするルアーばかりになってしまいましたが、実は、まだ実際に使用したことのないルアーもあって、その威力は計り知れません?。

最後の写真にあるミノーはかなり期待していいと思います。リップのアクリルが薄くて、強度的に一抹の不安もありますが、これでメーターオーバーのバラを上げてみたいと思います。

一応、どのルアーも貫通ワイヤー使用ですから、ボディーが粉々になっても、フックが外れてしまう心配はありません(たぶん?)。でも、手塩に掛けて作ったルアーですから、魚とのファイトで粉々になったら、かなりショックだと思います。 

釣果報告、期待して下さい。

バラマンディーフィッシングに関する詳細は、次のページで確認できます。

オーストラリアのバラマンディーフィッシング

| 魚種:バラマンディ | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/66-c3d1a211

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT