PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テリー・ホールマン

02072012-1-ケアンズ、釣り



先月、7月14日に、ルアーフィッシングコースに参加頂いた本田さん。

ガイドはテリー・ホールマンでした。

出かけた先は、ジョンストンリバー。

写真のターポン、マングローブジャック以外にバラマンディ6匹という釣果でした。冬のバラマンディフィッシングで1日6匹というのは、なかなかのものです。



ガイドによって釣果が左右されるといのは、確かにありますね。

長年、バラマンディを釣っていれば、どんなストラクチャーにバラマンディが潜んでいるか、判りますが、それだけでは、なかなか好結果には結びつきません。

好釣果をもたらす「いいガイド」の条件として、魚が釣れる時合い、場所を心得ていて、「魚を待つ釣りが出来る」というのが、一つのポイントだと思います。


何の変哲もないバンクの前にボートを寄せて、「さ、バンクに向かってキャストして。」なんて言われて、こっちが半信半疑でキャストしていると、しばらくして、思わぬところで連続して釣れることがあります。

「テリー・ホールマン」は、ケアンズのバラマンディガイドのなかでは、そんなガイドの1人です。



02072012-2-ケアンズ、釣り


02072012-3-ケアンズ、釣り


05072012-4-ケアンズ、釣り

| 魚種:バラマンディ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/658-f308d66c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。