PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無理して出かけても、ロクなことがない

ケアンズ、釣り-28042012-1



昨日は、久しぶりのプライベート釣行。


潮周りは、午後4時を挟んで、満潮、干潮の潮位差が僅か数センチという、とてつもなく釣れなさそうな潮。

雨季の間、出かけようと思ったら、朝から雨が降っていたり、カミさんの言いつけで家の用事をおおせつかったりで、なかなかプライベートで出かけるチャンスもなく、確認してみたら、1月13日に出かけたきりでした。

マーレーコッド釣行では、多少、ロッドを振らせてもらいましたが、そこはそれ、仕事中の身ですから、思う存分ロッドを振るという訳にも行かず、かなりフラストレーションを溜め込んでおりました。

で、潮周りが悪いことも省みず、「魚は潮周りじゃなく、腕で釣るんだ。俺なら釣れる!!」と勝手に思い込み、前夜、せっせとサンドイッチを用意し、翌朝、起きたのが6:00。

どうしても無視できないお客さんからのメールを処理して、家を出たのが8:00。

ところが、出発する頃になって、生憎の小雨もよう。「天候じゃなく、腕だ。俺は釣れる!!」と勝手に言い聞かせ、車で40分。目的の川へ到着。

それから、ポイントを変え、ルアーを変え、川を下り、川を上り、あちこち動き回ってみるものの、小型のマングローブジャックが1回だけ、ルアーをぺロッと舐めてくれただけで、それ以外は、沈黙。

あまりの釣れなさに、キャスティングも荒くなり、マングローブにルアーを引っ掛けてしまう回数がかなり増えてしまい、それが尚更キャスティングの精度を狂わせるという悪循環。

そして2時頃。マングローブに引っ掛けたルアーを取ろうとして、ロッドを手荒に扱っていたのが運のつき、愛用のロッドが「ポキッ」ですわ。

ロッドティップの手前で折れてしまったので、まだ使えると思い、それから1時間ほど粘りましたが、ラインがロッドの割れ目に食い込むし、ますますキャスティングの精度は落ちるし、ついにギブアップ。

帰り道、釣具屋によって、新しいロッドを新調し、車に戻ってみると、車のライトがコウコウと照っているじゃないですか。途中、雨が降ってきたので、ライトを点けて走っていたのを忘れてました。

そこで恐る恐るキーを回してみたものの、イグニッションが動いてくれたのは1回こっきり。その後は、ウンともスンともいわなくなってしまいました。

しょうがないので、近くで働いているカミさんの車を調達し、カミさんからのブーイングを背中に受けながら、ケーブルを使ってエンジン始動。

魚は釣れないし、ロッドは折るし、車のバッテリーは上がるし、ロクなことがない、ひさしブリのプライベート釣行でした。



そうそう、釣をしてる最中、3メートル程のクロコダイルがバンクで甲羅干しをしていたのですが、お互い気がつかず、5メート程の距離になって、突然、大きな水しぶきを上げて水に潜っていったときには、さすがにびっくりしました。他にも2匹、2メートル程度のクロコダイルを見かけましたが、雨季の最中の増水で、クロコダイルがテリトリーを変えているのかもしれません。

みなさん、クロコダイルには、気をつけておくんなまし。



ちなみに、これが、今回購入したロッドです。「BARRA SPECIALIST」と書いてあります。バラマンディがいくらでも釣れそうです。

5フィート10インチ。今までのロッドより2インチ長くなりました。

今日、庭で振って見ましたが、この長さに慣れるのに、若干、時間がかかりそうです。


ケアンズ、釣り-28042012-2

| 魚種:バラマンディ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/635-f26799aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT