PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょいとドライブ

ケアンズ、フィッシング-573-4


今日は、11月に予約を頂いているフィッシングツアーの件で、マリーバという田舎町までドライブ。

ちょうど1週間の休暇中で、家で暇を持て余している奥方の「連れてけ!」というたっての希望で、彼女を助手席に乗せて出発。

出発早々、「楽しませろよ!」というリクエストも有り、あれやこれや、プラニングしながらマリーバへ。

このマリーバ、ケアンズから車で1時間、ケアンズの西側に広がる高原、テーブルランドと呼ばれるエリアの玄関口にあたる町です。

最初に立ち寄ったのは Coffee Works。

マリーバは、オーストラリアのアラビカコーヒーの生産量の9割を生産するコーヒーの産地で、この Coffee Works では、地元で取れたコーヒーを楽しむことができるそうで、そのコーヒー使った各種チョコレートも販売しています。(これ、パンフレットの受け売りだす。)


ケアンズ、フィッシング-573-5


この Coffee Works で昼食を済ませた後、ロックワラビーの餌付けで有名なグラナイトゴージへ。

ここは、ケアンズの観光ツアーの定番の一つ、動物探検ツアーで必ず立ち寄るかなりポピュラーなスポットですが、行ったことがないという奥方のリクエストで、餌付けまでしてきました。


ケアンズ、フィッシング-573-3


その後、本来の目的地、マリーバウエットランドの湿原へ。

駐車場から湿原に出る遊歩道の途中で、ブッシュの向こになにやらうごめく大きな影を発見。

しかも3つ。

なんだろうと思いつつ、ゆっくり近づくと、なんとエミュー。

野生のエミュー、初めて見ました。

しかも、かなりでかいし。身長が殆ど同じです。

今までブッシュの中に転がる鶏の卵の10倍以上はある緑色の卵を発見したことはありましたが、親を見るのは初めて。しかも3羽の子連れ。

しかし、愛嬌のない目ですなァ。


ケアンズ、フィッシング-573-2


しばらくエミュー観察をして、目的の湿原へ。

この湿原は付近に生息する野鳥の水場になっていて、湿原の脇には、バードウォッチング用のテラスもあります。宿泊施設もありますが、テント仕様のキャビンで、野鳥のさえずりを聞きながら朝を迎えることのできる、バードウオッチャーにとっては、最高の宿泊施設です。

で、ようやく釣りの話です。(前振りが長すぎ)

こんな山の中の湿原で、何を釣るかというと、サラトガを釣るわけです。

しかし、双眼鏡を首から提げて、いい雰囲気でバードウオッチングを楽しんでいる初老のカップルなんかの目の前で、湿原にボートを浮かべてロッドを振るって言うのは、どうなんでしょう?

ま、そのときは、そのとき、ということで。


ケアンズ、フィッシング-573-1

| 魚種:サラトガ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/573-554dd78a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT