バラマン爺(じい)

バラマン爺(じい)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

バラマン爺(じい)

バラマン爺(じい)

stv1.jpg


今日は、所用で、ケアンズで FISH MOUNT を製作しているスティーブさんの工房へ。

FISH MOUNT というのは、魚の剥製と同じようなものですが、実際の魚から型起こしをして、そこにFRPを流し込み、FRPで魚のレプリカを作製するものです。もちろん最後は、実物そっくりに塗装して仕上げますから、剥製と変わりません。

しかし、こういったレプリカをオーダーする人って、意外と多いようです。工房の庭に、かなりのサイズの、いろんな魚種が無造作に放置されてました。

ティナルーダムで釣れた120センチのバラマンディー。

ヒンチンブルックでフライでランディングされた10キロのパーミット。

グレートバリアリーフで獲れた20キロのコーラルトラウト。

ヒンチンブルック島で釣れた80センチサイズのマングローブジャック。

80センチサイズのマングローブジャックって、どんなのよ! まるでニューギニアのパプアンバス並みですな。

しかし、よく出来てます。スティーブさんが手にしているのはコーラルトラウトですが、牙は本物です。口の中は、もちろん、本物から型起こしして、内側のエラの付け根まで、本物と同様に仕上げるそうです。エラ蓋もちゃんと開いておりました。

書斎の椅子の上では、何故かセールフォッシュが飛び跳ねていて、壁には、フィッシュマウントの盾がディスプレイしてありました。

毎年12月、マーリンシーズンの終わりを告げる女性だけのトーナメント、リボントーナメントの盾は、すべてスティーブさんの作製とか。

型を起こして作製するので、オーダーを受けて納品したら、型は手元に残ることになり、別のオーダーが入れば、その型で、同じ魚のレプリカが何匹でも作れるようになっています。

スティーブさんは、小型のレプリカ専門ですが、一緒に仕事をしているビルさんは、大型の魚を専門にレプリカを作製しています。以前、ビルさんの工房も尋ねたことがありますが、ビルさんの工房の庭には、グランダーマーリンがゴロゴロしておりました。

いやァ、楽しそうな仕事でなァ。

stv2.jpg

stv3.jpg

stv4.jpg
Posted by

Comments - 5

There are no comments yet.
じゅん  
ケアンズ

町は小さいのでこういう観光スポット的な場所が発掘されると面白いと思います。
個人的には、大聖堂を町外れに造ってもらいたいです。

2011/06/17 (Fri) 22:08 | EDIT | REPLY |   
YOSHI  

剥製もいいけど、レプリカもかっこいいですね。

気になるお値段は剥製よりも上でしょうか?

2011/06/18 (Sat) 17:46 | EDIT | REPLY |   
バラマン爺  

じゅんちゃん
大聖堂なんて、ヨーロッパじゃあるまいし。
まだ、ヨーロッパ?

2011/06/20 (Mon) 10:55 | EDIT | REPLY |   
バラマン爺  

YOSHIくん
値段ってどうなんだろう?
剥製をオーダーしたことがないから、比較できないけど、レプリカも結構いい値段するよ。
でも、家に飾るなら、剥製よりレプリカの方がよくない? 剥製って、やっぱりまだ「生もの」的な感じがするから、レプリカの方が、抵抗なく飾れるように思うけど。

2011/06/20 (Mon) 10:59 | EDIT | REPLY |   
YOSHI  

僕もいまだに剥製無いです。

どっちかといえば僕もレプリカ派です。

でも、、、結局は写真派な僕・・・

値段次第ではいつかレプリカ一つくらいは欲しいですけどね。

2011/06/20 (Mon) 14:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。