FC2ブログ

初めてのバラ

昨日、リピーターのお客様、長屋様とバラマンディーフィッシングに出かけました。長屋様は、5年前、マーリンを釣りにいらして依頼のお客様です。最初の釣行では、カジキこそ釣れなかったものの、50キロクラスのイエローフィンをしとめ、その後も、20キロクラスのGTを釣ったりと、かなりいい思いをされています。

実は、長屋様は、針灸院を経営されていて、殆ど視力がないのですが、それでも無類の釣り好きで、バラマンディーに関しては、昨年に続き2度目でした。

バラフィッシングに関しては、特にルアーフィッシングの場合、キャスティングの精度がかなり重要ですから、長屋様にとってはかなりハンデの大きい釣りとなります。

この日も、ルアーと餌さ釣り、両方でバラを狙う予定で出船。

スタート直後は満潮の潮止まりだったので、主にオープンエリアでルアーキャスティングと餌さ釣りの両方を試しました。キャスティングの方向と距離を口頭で指示しならが、キャスティングしていきましたが、メッキクラスのGTのチェイスがあったもののフッキングには至らず。その後も、ポイントを変えながら、餌さ釣りとキャスティングを繰り返します。満ち始めのプライムタイムに勝負が出来るよう、潮が引き切るまえに小エビと投網で獲って、生簀に入れておきます。

満ち始めのプライムタイムは、バラが潜んでいそうなストラクチャーをピックアップしながら、小エビをストラクチャー近くに入れて、当りを待ちます。

ポイントを変えながら移動して、ベストタイドと思われる辺りで、バラマンディーがバイト。バラのファイトの様子を長屋様に伝えながら、身体をサポートして、無事、ランディングすることが出来ました。

長屋様にとっては値千金のバラマンディーでした。

それ以外にもGTやテッポウウオも釣れて、予想していたコンディションよりはずっといい釣果でした。

ケアンズでバラマンディーフィッシングをご希望の方は、以下のサイトで詳細を確認できます。

バラマンディーのルアー/フライフィッシング、1日/半日コース

P1010004

P1010005

P1010007

P1010008

  

        

バラマン爺(じい)
Posted byバラマン爺(じい)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply