PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒンチンブルック島でフライフィッシング

PB110047-hcb.jpg


木曜から金曜まで、1泊2日でヒンチンブルック島フライフィッシングに出かけてきました。

今回は仕事でなく、まったくの遊び。一緒に出かけたのは、この前、マーリンのトローリングに一緒に出かけた太田君。

彼は、もともとフライマンで、ニュージーランド、コスタリカ、カナダ、アメリカに釣行経験をもち、フライ暦は20年くらい。

かたや、オレ。

本格的にバラマンディーをフライで狙うのは、初めてです。

ルアーフィッシングの場合は、タイトにストラクチャーについているバラマンディーを狙ってブラインドキャストをするわけですが、フライフィッシングの場合も、全く同じ。

ということは、フライをポイントにキャスティングするために、ルアーフィッシングの2倍のキャスティング動作が必要になるわけで、これが、けっこう大変です。

おまけに、なかなかピンにフライが落とせない。1つのポイントに、最低3回くらいはキャスティングが必要です。かなりの重労働でした。おかげで、今日はロッドを持った手の親指の付け根が、かなり痛んでます。

リトリーブも上手くなかったのか、バラマンディーをストラクチャーから誘い出しても、フライには付いてくるものの、フッキングまでには結びつかず、結局、バラマンディーに関しては、ノーフィッシュ。

下手です。

釣れたのは、コッド、ターポン、フラットヘッドのみ。

キャスティングにも慣れて、2日目期待、というところで、出船と同時にかなり激しい雨が降り始め、2日目は開始から2時間でストップフィッシング。



できたらパーミットも狙ってみたかったのですが、潮が悪く、それは断念。

ヒンチンブルックは、これからがパーミットのベストシーズンです。


PB110016-hcb.jpg

PB110019-hcb.jpg

PB110027-hcb.jpg

PB110032-hcb.jpg

| メソッド:フライフィッシング | 18:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕も最近フライで磯のヒラスズキを狙っていますが、まだ一匹も釣れません。フライでバラを頑張って下さい。

| TOSHI | 2010/11/15 10:01 | URL |

TOSHI君、ご無沙汰です。

そうだよね、トシ君は、フライの方が得意だったんだよね。しかし磯のヒラスズキっていうと、向かい風の中にキャストするんだよね。かなり大変そうだけど。

今度、機会があれば、フライで海外釣行なんていってみたいねェ。

| バラマン爺 | 2010/11/16 20:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/481-3ee1588e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT