PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新艇が加わりました。

M1

ケアンズに新しいゲームボートが加わりました。

「MOANA ?」です。

今までも38フィートのボートで運行していましたが、今月、新艇として、新しく「MOANA ?」として、進水しました。47フィートの大型クルーザーで、内装もかなり豪華です。

キャプテンはダニエル。昨年のリザード島のトーナメントで総合順位5位、1071ポンドの最大魚をしとめたボートです。

フィッシングだけでなく、クルーズ、シュノーケリング、ダイビング等にも使用できます。グレートバリアリーフの海で、誰にも邪魔されることなく、のんびり過ごしてみたい方は、御一報下さい。

 

 

| メソッド:トローリング | 06:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大きなクルーザーですね。カッコイイです!
フロントデックが広いからキャスティングゲームにも良さそうだけど・・・。
オーストラリアのボートはフロントデックに釣り人の立てるのがレギュレーションで禁止だと聞きましたが、本当ですか。

| ジョー | 2006/07/15 11:45 | URL | ≫ EDIT

ジョーさん
 私も、このボートを見たとき、そう思いました。
フロントデッキでキャスティングしてはいけないという決まりはないと思います。でも、ボートキャプテンは、落水とか転倒とかの事故を心配しています。
オーストラリア人って、人がいいので、なんでも「No Worries, mate!」で済ませてしますのですが、こういった事故に関しては、訴訟沙汰になるのを一番心配しているようです。
 それに乗客が入院するような事故が発生した場合、所定の機関に届出をしなければならないので、そこでも、事故に関しての調査が入る場合があります。
 オーストラリア人って、かなりアバウトな人達だと思うのですが、こと、こういった安全基準に関しては、うんざりするほど細かいところまで決まりがあって、それを実行しなければならないオペレーターサイドは、かなり大変です。

| バラマン爺 | 2006/07/17 10:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/42-90428acc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。