PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リザード島 ブラックマーリントーナメント





10月25日~31日まで、参加艇、26艇によって、7日間に渡って繰り広げられた今年のリザード島、ブラックマーリントーナメントですが、結果は、次の通りでした。

1000ポンドオーバー           6
700ポンド以上 1000ポンド未満   19
400ポンド以上  700ポンド未満   12
400ポンド未満              88
合計                    125

昨年は31艇のエントリーで以下の結果ですから、昨年よりは、かなりいい結果と言えます

1000ポンドオーバー           2
700ポンド以上 1000ポンド未満   8
400ポンド以上  700ポンド未満   12
400ポンド未満              49
合計                     71

順位は次の通りでした。
1位 Mauna Kea
2位 Spartacus
3位 Joe Joe
4位 VikingⅡ

優勝した Mauna Kea の釣果は次の通りです。
フックアップタイム       ファイトタイム   推定サイズ(ポンド)
Day 3–11:01h        0:03         150
Day 3–15:03h        0:04         250
Day 3–15:12h        0:07         450
Day 4–16:49h        0:04         250
Day 5–15:48h        0:57         900
Day 5–17:00h        0:05         200
Day 6–15:28h        0:03         100
Day 6–15:51h        0:10         600
Day 6–16:12h        0:05         400
Day 6–17:11h        0:14         850
Day 7–15:22h        0:03         120

このファイトタイム、驚異的です。5日目の950ポンドだけ1時間近くランディングに要してますが、これはたぶん、ラインがテールに絡まったか何か、アクシデントが起こってたはずです。

アングラー、キャプテン、ワイヤーマンが、一人のアングラーのように、かなり計算された動きをしないと、こんなにファイトタイムを短縮するのは至難の業です。

そして、午後の遅い時間のバイトが集中するベストタイムに、確実に、ランディングまで持ち込んで、ポイントをかせいでます。

ちなみに3位に入っている Joe Joe のキャプテンは、GTフィッシングの草分け、バリー・クロス、4位のVikingⅡのキャプテンは、キング・オブ・リザードの異名をとるビル・ビルソンです。

上の動画は、今回のトーナメントの最大魚 1200ポンドマーリンのランディングシーンです、ボートは KEKOA でした。

やはり、1000ポンドを超えるマーリンは、魚の姿をした野獣、130ポンドクラスのヘビータックルトローリングは、まさにハンティングです。

来年は、10月16日~23日の開催です。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 19:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

凄すぎてもう想像もつかないです。

動画だけ見てると、どうやってサイズ測定したのか?
とか、
アングラーじゃなくて、デッキハンドのオッちゃんスゲーって感じです。。。

まさにチームワークの勝負ですね。

| YOSHI | 2009/11/20 00:00 | URL | ≫ EDIT

YOSHIくん

一度、このシーンを実際に体験すると、きっと、病み付きになるよ。

ちなみにサイズの測定は、キャプテンの目測です。でも、50ポンド以上の誤差は、ないはず。

| バラマン爺 | 2009/11/20 11:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/381-194d4f9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT