PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

0-0-0 2日間、ノーバイト、ノーフィッシュ

24102009-1.jpg

9時頃、ポートダグラスを出港し、一路、リンデンバンクへ。

ボートキャプテンのティムの話だと、前日、自分の船のすぐ脇で、今年2匹目となるグランダーがフッキングし、タギングされたとのことで、かなり悔しかったらしい。

そんな話を聞けば、その美味しい話を頂こうと思い、だれでも、リンデンバンクへ直行するのは当然のこと。

途中、インリーフでベイトフィッシングを行うが、さして釣れないまま外洋に出る。リンデンバンクに到着する直前から、カツオのスキッピングベイと、小型シャーキーマッカレル(ニジョウサバ)のスイムベイトを流し始める。

1時間、2時間、3時間、・・・・・・。

だんだんボートの数が増えてきたと思っていたが、昼過ぎに数えてみると、なんと14隻。

このところ、思わしい釣果がなかったので、昨日のグランダーの話を聞きつけて、ケアンズをベースにしている殆どのボートが集まってきたことになる。



それにしても、波一つなく、トローリングには向かないが、クルージングにはもってこいのコンディション。

こんな日に、船上で魚を待つ身は、本当につらい。

水面に見え隠れするベイトを目で追っていると、上の目蓋が、自然と下がってきて、いつの間にやらコクリ、コクリ。

波でもあって、揺れるたびにボートのどこかへ体を預けなければならないような時は、眠くもならないのだが、波がなくて、揺れが心地よくなってくると、もうダメ。

もし、バイトでもあれば、ボートのエンジン音が突然、海上に響き渡り、白波を蹴立ててボートが猛スピードで後進し始めるのだが、ほんと、静かなもの。

どのボートも、水面を漂うように、ゆらり、ユラリと走っていく。

水面を騒がせるベイトの群れや、それを追いかける海鳥なんで、どこにも見当たらない。

途中、遠くの方に、ざわつく海面に黒光りする魚の背びれを発見し、その場に船を走らせてみると、バラクーダの群れを追いかけ、遊んでいるイルカ。

夕方近くになり、マーリンが集まってくるリーフ際にボートを寄せ、しばらくベイトを曳いてみるが、全く反応無し。

水が多少緑色に濁り、あまりコンディションがよくなさそうだ。いつもビッグママを運んでくる、北から流れ込んでくる蒼く透明な水じゃない。



結局、この水の濁りが原因か、全くのノーバイトのまま、船上で2日間を過ごす。

2日目の午後、蒼く澄んだ水が確認できるエリアまで、ルアーを曳きながら、速度を上げてボートを走らせてみた。

リーフから20マイル程度沖合いだ。

リーフの脇でのトローリングで、2日間、ノーバイト、ノーフィッシュに終わったので、3日目からは、朝から、このエリアまでボートを走らせてマーリンを狙うことにする。



殆ど定位置に座ったまま、運動らしい運動もせず1日を船上で過ごし、夕方になれば、渇いた喉にビールを流し込む。そして夕食はオージー並みのボリューム。

まるでブロイラー状態である。



24102009-2.jpg
グランダーオーバーをランディングする際のギャフをセッティング。2本使用。


24102009-3.jpg
インリーフでのベイトフィッシュ。釣れたのはカツオ。スキッピングベイトとして使用。


24102009-4.jpg
バラクーダの群れを追い掛け回すイルカ。たぶんじゃれついてるだけのような。


24102009-5.jpg
鏡のような海ってこのこと!? トローリングには全く向かない海況です。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/368-26cff597

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。