PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

水槽実験

29072009-1.jpg

先日購入したルアーのフックを太軸のものに交換し、水槽実験です。

下から2つめ、ビルを水面に出して、ほぼ垂直立ちしているのは、「DAIWA ショアラインシャイナー 16cm」です。

ディープダイバーミノーのくせに垂直立ちはいけません。ボディーが薄すぎて、フックの重量に耐えられません。


完全に没です。25ドル、無駄にしてしまいました。


「RAPALA X-RAP MAGNUM 16cm」は完全に水中に没してますが、水平位置は保てるようで、海水に入れれば、丁度サスペンド程度の浮力となり、かなり深みを攻めるのには、使えるかもしれません。

意外だったのが、「RAPALA X-RAP 15cm」です。水面に浮いてるホワイトのルアーですが、これってかなりの浮力があります。しかもダートアクションはお手の物ですから、けっこう行けるかもしれません。

ちなみに、上から3つめのルアーは「BARRA CLASSIC」で、昨年、45ポンドバラを釣ったものと同じものですが、これくらい浮力があれば、どんなストラクチャーでも使えます。

しかもビルがかなり大きく、最初に強いジャークを繰り返せば、2メートル程度は潜らせることが可能です。

ビルのアップは、こんな感じです。

29072009-2.jpg

浮力が十分にあって、ビルが大きくしっかりと潜ってくれるルアーが、ストラクチャーの近くをアクションさせなければならないバラマンディーパプアンバスには、必要です。

それでも、大型のパプアンバスのアタックに遭えば、この通りです。

04062009-1.jpg

まだ、一抹の不安が。

| 魚種:バラマンディ | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/331-c3be553d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。