PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リールのメンテナンス

17072009.jpg

一昨日、バラマンディーを釣ったときに、どうもカルカッタのドラグの滑りが良くなかったので、今日は、リールメンテナンス

朝、起きたときに、そのまま釣りに出かけてしまおうかとも考えたのですが、今日は、ショーデイで祝日。河口には、親子連れのボートが多いだろうし、おまけに寒い。

今朝の最低気温は12度です。長年、熱帯で暮らしていると、○○○○も縮み上がってしまうくらいの寒さですわ。

釣りに出かける気分も一気に萎えて、素直に、コンピューター相手に仕事です。

仕事も一段落して、日差しも強くなったお昼過ぎ、庭のポーチの陽だまりにテーブルとイスを引っ張り出して、のんびりリールメンテナンスです。

最後にメンテナンスしてから、あまり日が経ってないようにも思っていたのですが、あけてみると、そんに悪いコンディションでもなく、それでもドラグを閉めてラインを引き出すと、ズ、ズ、ズズ、ズって感じで、あまりスムーズじゃありません。

たぶんドラグワッシャーの磨耗が原因かと。

今度、釣具屋で買ってこないと。

このカルカッタ、初期のモデルの100XTです。

ラインは20ポンドのファイアーラインに、リーダーは40ポンド。2月にサラトガを釣りに出かけたときにラインを8ポンドのナイロンラインからこの20ポンドラインに巻き変えたままです。

冬の間の小物釣りに丁度いいと思いそのまま使ってますが、それでもバラマンディーを釣るとなると、ドラグはいっぱいまで閉めこみます。

それでもマングローブジャックにストラクチャーまで持って入られて、しばらく魚と綱引きする有様。

ドラグワッシャーが早くダメになるのも、無理ありません。

| タックル | 16:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/324-e6aa2b71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。