PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リールのメンテナンス

REEL.jpg

前回のヒンチンブルック釣行以来、どうも愛用のABUリールが塩噛みしているようで、釣り始めて最初の10分くらいは、キリキリと妙な音がする。

前回、メンテナンスに出して、ドラグワッシャーなど、必要なパーツをすべて交換してもらったのが、確か1年前くらい。

バスフィッシングと違い、ケアンズでは、殆ど汽水域での釣りになるので、やはり、定期的にメンテナンスをしてやらないと、中に入り込んだ海水が原因で、簡単に塩噛みしてしまう。

ABU以外には、シマノのアンタレス、コンクエストなども使っているが、やはりメンテナンスのことを考えると、ついついABUリールに手が出てしまう。

ドラグ性能や飛距離を考えると、アンタレスやコンクエストに分があるのは、誰でも認めるところだが、近所でバラマンディーを狙う場合は、頻繁にメーターオーバーサイズが釣れるわけでもないし、キャスティングの飛距離も、ボートフィッシングの場合は、せいぜい7、8メートルくらいなので、このABUのリールで十分だと考える。

もう、かれこれ、10年以上は使っているが、クオリティーは購入当時のままで、全く問題なし。

内部の構造もシンプルで、1時間半程度あれば、分解掃除して組み立てられる。

これで完了。

REEL2.jpg

こうなってくると、メンテナンス後のテストをしてみたくなるのが釣り師の性ですな。

明日、どこ行こう。






緊急告知!! ニューギニア、調査釣行メンバー募集!!

メンバーに欠員が生じたため、急遽、メンバーを募ります。費用も破格で提供!!

日程: 5月1日~5月4日 もしくは 5月8日~5月11日

費用: A$2,500.00(通常の半額近い料金です)

詳細: 4日間の内、前後1日は移動と半日フィッシング、中日2日間は終日フィッシング。調査釣行ですので、撃沈する可能性あり。それでも「パプアニューギニアのジャングルに挑みたい!!」と言う方、希望。フィッシングロッジ泊。パプアニューギニアの首都ポートモレスビー集合、解散です。ポートモレスビーまでの交通費、ポートモレスビーでの宿泊は含まれません。御希望の方はお手配いたします。

御希望の方は、こちらの弊社「問い合わせフォーム」にて御連絡下さい。

| タックル | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/290-9c9c54f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT