PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヒンチンブルック島

Kazuki_noashi1

前回の児玉一樹プロのヒンチンブルック島釣行の写真が、ガイドのデイブから送られて来ました。

このときの釣行の様子は、確か「シーバスマガジン」に掲載の予定です。(間違ってたらゴメン)

児玉プロは90(キューマル)サイズも掛けたらしいのですが、・・・・・。 あまり詳細は書けませんので、詳しい釣果が気になる方は「シーバスマガジン」を購入下さい。

ちなみに一緒に写っているのはライターの大川さんです。

撮影の合間の一コマ(?)ということで。

ちなみに、私も、初日は、ボートに乗船させて頂いて、スミの方で小さくなりながらキャスティングさせて頂きました。もちろんお二人の了解を頂いた上ですが。

サイズは、確か70(ナナマル)程度だったかと。一昨年、1時間半あまりで30匹以上も釣れてしまった爆釣ポイントでの1匹でした。

水深50センチ。マッディーな広いバンクで、濁りのある水の中に姿を隠しています。ゆっくりトゥイッチしながらバンクの上にルアーを泳がせていると、濁った水の中からス、ス、スーーーッと出てきます。

ビルの大きなスローフローティングのディープダイバー系ルアーで、トゥイッチを細かくして、顔の前でルアーを躍らせてやると、バクッと来ます。

この魚も、ボートの手前、1メートルくらいまで、ルアーに誘われながらフォローしてきた1匹でした。

一昨年の「爆釣」とまでは行きませんでしたが、同じポイントで10匹程度は釣れたのではないでしょうか?

ヒンチンブルック島って、岸際のマングローブの林が厚く、かなり奥までマングローブの根が続いています。従って、一旦潮が満ちてしまうと、魚が、ルアーが届かないようなマングローブの奥まで入ってしまって、なかなか釣果に結びつきません。でも、潮が引いてくると、魚が水際まで出てきますから、かなりの数の釣果が期待できます。

ヒンチンブルック島にお越しの際は、事前に、潮の状況を確認していらして下さい。

もちろん、お問合せ頂ければ、ベストタイドの日程をアレンジいたします。雨季が本格化する1月中旬までは、なんとか行けると思います。

Img_42871

 

  

Banner_03_2 <== 「遊んでないで、仕事しろよ!!」、と思った方はクリック、クリック!! (一応、これも仕事ですって。)

 

 

| 魚種:バラマンディ | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/246-8aa62f93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT