PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポートモレスビー観光

0921

今まで、パプアニューギニアには、5回ほど出かけていますがが、ポートモレスビーには泊まったことがありませんでした。

初めてニューギニアに出かけるとき、オージーの友人が、「ポートモレスビーは危険だから、市内には入らないほうがいい。」と言われたからです。

もっとも、今までは、ポートモレスビーから国内線に乗り換えて地方の町まで出かけていたので、スケジュール的に無理というのもあったのですが。

今回も、両親がニューギニアでコーヒー農園を経営していて、最近、ケアンズに越してきたという最近知り合った友人に、ポートモレスビーの様子を尋ねたら、「あんな危ないとことろ、行ったことがない。」という答。

今回は、ポートモレスビーから先の国内線の出発が早朝で、ケアンズからの便では間に合わないので、前日にポートモレスビーイン。おまけに夕方着の便が満席だったので、ケアンズ発の早朝便で、9時前にはポートモレスビーに到着。

ホテルに1日、缶詰になっているのも、なんかなァ、と思い、ホテルのコンシェルジュのおじさんに、「安全なタクシー運転手」をリクエストして市内観光へ。

そこで現れたのが、写真のジミーちゃん。

どことなく吉本のジミーちゃんに似てません?

本当の名前はYOP。気の優しい、一児の女の子のパパでした。

価格交渉も成立し、レナビーチ、民芸品マーケット、博物館、ニューギニア大学、植物園、フィシュマーケットと周ってきました。

英語が通じているようで、どこか噛みあわない車内での会話でしたが、それなりに楽しい市内観光でした。

あまり物騒だという印象は受けませんでしたし、民芸品マーケットでは、意外と、日本の観光客が多いのにビックリ。

マーケット内で携帯片手に大きな声で日本語でしゃべっていたのは、あの千石先生だったような。

詳細は、こちらで確認下さい。

パプアニューギニア パプアンバス、バラマンディー

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみようやないか!」と思った方はクリック、クリック!!

| 魚種:パプアンバス | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/188-1f0b769f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。