PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

訂正:淡水バラマンディーについて

Dpp_2341

上の写真は、メスのバラマンディーのお腹の中の卵です。

これ、アウォンガダムで釣れたバラマンディーです。ブリスベンの釣友、ヨシ君が送ってきてくれたものです。(このときのフィッシングの様子は、ヨシ君のブログ、「 Foever young 」で確認できます。)

ダムで釣れたバラマンディーに卵???????

実は、今まで、ダムのバラマンディーが産卵しないのは、バラマンディーが性転換できないからだと思ってました。

ケアンズに来た当時、ティナルーダムのバラマンディーフィッシングの話をローカルのフィッシングガイド聞いたときに、そう教わりました。

バラマンディーは、もともとオスとして生まれ、60センチ前後でメスに性転換をし始めます。80センチ以上のサイズは、ほぼ100%メスになっています。この性転換が淡水域では行われないと聞いていたのですが。

アウォンガダムでフィッシングガイドをしているジョニーに確認したり、自分で調べたりしましたが、やはり、ダムに棲息するバラマンディーでも性転換はする、というのが真実のようです。

産卵時期になると、ダムに棲息するバラマンディーでも、メスは、こうやって、お腹に卵を抱えます。

通常、バラマンディーは川の河口域で産卵を行いますが、河口域で産卵をする理由は、彼らの卵が浮遊卵だからです。ブラックバスのように産卵床をつくって、そこに卵を産み付けるようなことはしません。

産卵後、卵は、水中に漂い始めるだけですが、この卵が漂う為に、塩水による浮力が必要になるということです。もし、淡水中で産卵すれば、卵は底に沈んでしまって、死んでしまいます。

そうすると、ダムに棲息するバラマンディーのメスのお腹の中で成長した卵巣はどうなるの?、ということですが、それは、産卵時期が過ぎると、卵巣の中の卵は、体内に栄養分として吸収されて、消滅してしまいます。

バラマンディーの産卵時期は、雨季に当たりますが、雨季の増水で、増水した水と一緒にバラマンディーがダムを乗り越えることが出来れば、そのバラマンディーは川の河口を目指し、そこで産卵することができます。

レクリエーション用にバラマンディーをダムに放流しているのは、ロックハンプトンやバンダバーグ辺りの中部クィーンズランドのダムが多いのですが、いずれも、もともとその下流域にバラマンディーが棲息する川のダムに限られ、もし、バラマンディーがダムから川に泳ぎ出ることがあっても、その生態系を崩すことがないように配慮しています。

ヨシ君、写真、ありがとうございました。

Dpp_2351

| 魚種:バラマンディ | 07:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

写真役に立ってよかったです。
いや~、巨バラっすねぇ~。
バラのこと勉強になりました、ありがとうございました。
Awoongaには夢がありますね。
世界記録が出るのも時間の問題?

| YOSHI | 2008/05/23 23:09 | URL | ≫ EDIT

ヨシ君
写真、ありがとうございました。
でも、メーターオーバーのバラマンディーしか釣ったことがなかったなんて、ほんと、羨ましい話だよね。
今度、一緒に、メーターオーバー、狙えるといいけど?

| バラマン爺 | 2008/05/26 19:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/179-0c1b16bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT