PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GT

Pic_00231_2

このところの猛暑で、体がデレーッとしてきたので、体の芯からシャキッとしたいと思い、久しぶりにダイビングに出かけた。

当日は、波も殆どなく、絶好のGT日和?、じゃなくてダイビング日和。

最初のダイビングをスタートして、大きな根の周囲を泳ぎ始めると、根のトップに群れていたウメイロの周りに、20キロ程のGTがのんびり泳いでいるのを見つける。

デジカメを水中に持参していたので、写真を撮ってやろうと思ってゆっくり近づいて撮ったのが、上の写真。もっと近づいてやろうと思って、息を止め、超スローな泳ぎで寄っていくと、何気にGTも反転して、こちらに寄ってくる。

GTとの距離が2メートル程度のところで再度パチリ。

Pic_00241

水中で魚を見ていて不思議に思うのは、食べる側と、食べられる側の共存というのか、彼らは、食べる側の魚が捕食モードにスイッチオンになっていない限り、近くで捕食者が悠然と泳いでいても、殆ど感心を示さない。

ところが、捕食モードにスイッチが入って、動きが俊敏になると、追われる側も、群が凝縮し、我先に逃げ始める。

バラマンディーでも、ストラクチャーの中で、お昼寝モードの時は、その近くで、ベイトフィッシュが同じようにゆっくりサスペンドしていたりする。

魚の水中写真を撮るときでも、ダイバーが、撮りたいモードでいっぱいっぱいのときは、被写体の魚はすぐに逃げてしまうが、鼻歌でも歌いながら、余所見をして、何気に近づいて、ゆっくりとカメラを構えてやると、殆ど逃げない。

よく、釣る気満々でいると、殺気がラインを伝わって、魚に感じ取られる、なんて冗談を口にするが、けっこう当ってるような気もする。

以前、リザード島の近くでダイビングをしていたとき、大きなヨスジフエダイの群の写真を撮っていて、ファインダーを覗いていたら、突然、群が大きく2つに分かれたので、何が起こったのかと思ってファインダーから目を外したら、50キロはあるだろうと思われるGTが2匹、悠然と群に割って入って、突然、ヨスジフエダイを追い始めた。

GTとの距離は4メートルくらい。

このときは、こっちがガブッとやられるかと思った。

| 魚種:GT | 09:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

奇麗な写真ですね。水中での写真に興味あります。
でも、ダイビングをまだしたことがないのでマズはそこからです。

| YOSHI | 2007/12/11 13:27 | URL | ≫ EDIT

水のきれいそうなとこですね。
どこですか?
ところで、潜りながらルアーを曳くっていうのはどうでしょうね。
GTに引っぱられると、かなりのスピードが出て楽しそう。

| ひげおやじ | 2007/12/11 20:33 | URL | ≫ EDIT

ヨシさん、ひげおやじさん
この写真は、ケアンズ沖、サクソンリーフで撮ったものです。例年だと、サンゴの産卵以降、水が濁り始めるのですが、このときは、まだ透明度が20メートル程もあり、綺麗でしたよ。
ひげおやじさん
水中でルアーを曳くと、たぶんかなり楽しいことになるような気がしますが。
今度、やってみますわ。
ヨシさん
水中写真は、もうデジカメの世界ですから、難しくないですよ。誰でも簡単に撮れます。魚に近づけるかどうかがキモですね。水中写真は、「どれだけ魚に寄れるかやってみよう!! ゲーム」です。

| バラマン爺 | 2007/12/14 18:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/135-e81d907c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT