PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

6日間の釣行から戻りました。

Pic_000211

今日、6日間船中泊のマーリンフィッシングから戻りました。

結果は、13(チェイス)-11(フックアップ)-9(ランディング) で、最大は950ポンドでした。残念ながら今回も1000ポンドを越すグランダーはしとめることが出来ませんでした。

ここ最近、リリース後の蘇生率を上げるために、サークルフックを使用しているのですが、それが原因で、去年は、900ポンドと1300ポンドを逃がしてしまうという手痛いミスを犯していました。

今回の釣行間際、「BLUE WATER」という雑誌に、キム・アンダーソンがサークルフックについて、いろいろな意見を書いていたので、情報収集と思い、じっくりと読んでみました。

詳細に関しては、また別の機会に報告しますが、Jフックとサークルフック、針の形を変えただけで、釣り方もかなり変えないと、去年のような失敗を犯してしまいます。

Pic_00101

これが、最近良く使われるようになったサークルフックです。

 

 

Banner_03_2 <== 「サークルフックについて知りたい。」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://outdoorsweb.blog42.fc2.com/tb.php/127-345078ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。