2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

サラトガ





片道10時間のドライブを終えて、2泊3日のスケジュールを終え、ケアンズに戻ってきました。


現地での1日だけの日帰り釣行でしたが、無地、サラトガをゲット。


過去に3度程、サラトガフィッシングに出かけてますが、今までのサラトガフィッシンングのとは大きく違った釣りでした。


一言で言えば、「繊細」。


バンクに添って、水面に浮くサラトガを見つけ、トップで攻める、視覚的にかなりエキサイティングな釣りでした。日中、サラトガが水面に浮く状況は、今までのサラトガのポイントでは夢のような話で、やはり、それだけ、人のプレッシャーが少ないということです。


しかも、ポイントは、個人の私有地の中で、一般のアングラーは、中に入ることができません。


今回は、予想に反して、産卵シーズンが、いつもより1ヶ月程度早かったようで、見つけたサラトガの内、半分以上は、口内飼育に忙しいパパさんサラトガで、ルアーには、目もくれませんでした。


それでも、妖艶なビッグママは、ちゃんと、確保しておきましたけどね。


この映像は、口内保育中のサラトガの映像です。





| 魚種:サラトガ | 11:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッカイへ

IMG_0189.jpg



これから、マッカイまで750キロ、9時間のドライブ。


遠いワ。








| 魚種:サラトガ | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サラトガ

23102016 - ケアンズ、釣り、サラトガ - 1



23102016 - ケアンズ、釣り、サラトガ - 2



サラトガ


オーストラリアにはサザンサラトガとノーザンサラトガの2種類が棲息。


上の写真は、ヨーク半島、アラクンで釣れたサラトガ、ノーザンサラトガ。下の写真は、ブリスベンの北、ボルンバダムで釣れたサラトガ、サザンサラトガ。


よく見ると、色の違いがはっきり。


オレンジ色の斑紋が、鱗の真ん中あたりにランダムに並ぶのが、サザンサラトガ。鱗の縁に、オレンジ色のラインができるのがノーザンサラトガ。


アクアリストの間では、サザンサラトガはスポッテッドバラムンディ、ノーザンサラトガはノーザンバラムンディという名前の方が、ポピュラーらしい。


8月に、パプアンバス釣行でニューギニアのポートモレスビーに1泊した際、現地ガイドのジェイソンの招きで、食事会に招待され、そこで偶然、このサザンサラトガの釣りをアレンジしてくれる人物に出会う。


いよいよ、明後日から、その人物の案内で、このサザンサラトガを釣りに出かけてきます。


噂によると、今までのサザンサラトガのポイントより、サイズが一回りデカイらしい。


楽しみ。




| 魚種:サラトガ | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーリン

ケアンズ、釣り、マーリン - 08102016



今年も、リザード島、ブラックマーリントーナメント、10月8日からスタートです。


これから2ヶ月間、本格的なブラックマーリンシーズン。


シーズン中、まだ、空席のあるボートも、いくつかあるようです。グランダーマーリン(1000ポンドクラス)にチャレンジしたい方、連絡待ってます。


| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーティーグランタ

ケアンズ、釣り 07102016 - 1



2年前のインドネシアへのパプアンバス釣行以来、キャンプ生活が、かなり楽しいものだということを発見し、今回、地元、ケアンズで、初めてキャンプフィッシングにチャレンジ。


場所は、人里離れたブッシュの奥。


現地の状況は、釣り雑誌や国立公園のホームページで、ある程度把握してましたが、想像以上にハードなところでした。


「行はヨイヨイ、帰りはコワイ。」


崖の上から川まで下るルートは、道がないと聞いて、ルートを探すのに手間取りましたが、やはり、「バカ」はオッサン(自分の事)だけではないようで、ちゃんと、踏み固めたルートを発見。


崖の上から川まで下るのに約45分。


帰りも楽勝かと思っていたのが、400メートルの直登に2時間半も掛かってしまう。


肝心の釣りの方はといえば、40センチを超えるスーティーグランタや、なんと、こんな山奥の渓流で、70センチは超えるバラマンディがチェイスして来たり、かなり楽しめました。


また来年、少し、時期を早くして、涼しい時季に、再度、チャレンジしようかと思ってます。



ケアンズ、釣り 07102016 - 2



ケアンズ、釣り 07102016 - 3



ケアンズ、釣り 07102016 - 5



ケアンズ、釣り 07102016 - 4



ケアンズ、釣り 07102016 - 6



ケアンズ、釣り 07102016 - 7



ケアンズ、釣り 07102016 - 8



ケアンズ、釣り 07102016 - 9



ケアンズ、釣り 07102016 - 10



ケアンズ、釣り 07102016 - 12



ケアンズ、釣り 07102016 - 13



ケアンズ、釣り 07102016 - 14



ケアンズ、釣り 07102016 - 11




| 魚種:その他 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷底から、無事帰還

ケアンズ、釣り 05102016



谷底から、無事帰還。



標高差400メートルの直登は、ホント、2度と、谷底から這い出せないんじゃないかと思うほど、きつかったっす。



体力の衰えを、改めて、実感。



何はともあれ、無事に帰ってこれたことに感謝。



| 魚種:その他 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプフィッシング

ケアンズ、釣り 03102016



明日から、1泊2日で、キャンプフィッシング。


ここに出かけます。


前情報によると、ハイウェイから60キロ、ダートロードを2時間半掛けて山の反対側まで移動、そこから道のない急斜面を徒歩で駆け下り、ようやく釣り場に着くらしい。


本当は、1週間前に出かける予定が、オッサン(俺の事)、ギックリ腰に見舞われてしまい、あえなく、1週間の日延べ。膝痛をかかえながら、おまけにギックリ腰のハンデをお見舞いされ、無事に帰ってこれるか、チョー心配なんですけど?


無事に帰ってこられれば、2日後、ブログにアップします。


もし、2日後のアップがなければ、オッサン(俺の事)、谷底から這い出てこれなかったと思って下さい。


(マジ、心配。)


| 魚種:その他 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディ @ ウエストパプア、インドネシア





ウエストパプア、パプアンバス釣行。



この場所は、同じポイントで、パプアンバスとバラマンディを同時に狙えます。



このときのバラマンディーはアベレージが90センチ。



パワーファイトで獲るパプアンバスに対して、いなしながら獲るバラマンディ。当然、どっちか、早く見極めて、ファイトの仕方を考えないと、魚を逃がしてしまう結果に。そこが、また、面白いところですが。



来年、2017年、8月か9月、ツアーを催行予定です。興味のある方は連絡ください。




| 魚種:バラマンディ | 20:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプアンバス @ ウエストパプア、インドネシア





昨年のインドネシア領、ウエストパプアへのパプアンバス釣行。



アングラーのS氏より動画を頂いたので、いくつかアップします。来年、また予定してます。ご希望の方は、連絡下さい。



| 魚種:パプアンバス | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |