2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パプアンバス

パプアンバス、ケアンズ、釣り-30092015-1



今回の釣行でランディングされたパプアンバスの最大魚がこれ。


28ポンド(13キロ)。


アングラーは、世界中を又にかけて魚を追いかけているS氏。 現地、最終日での釣果でした。(ちなみに、ガイド役はオッサン(俺の事)です。)


そして、この日の夜、深夜2時頃、早朝の出発に備えて全てをパッキングして寝込んでいた我々のキャンプ小屋の外が、何やら騒がしくなり、目を覚ましてみると、なんと、この巨体が検量計に。



パプアンバス、ケアンズ、釣り-30092015-2



38ポンド(17キロ)。


正に、モンスター。


魚の隣で、誇らしげに胸を張りまくりなオジサンは、我々のキャンプ資材を積んで運んできてくれたボートのキャプテン。


荷物の運搬だけを請け負って参加しているので、我々の滞在中は、ほとんどやることがなく、夜な夜な、自分のボートで釣りに出かけてましたが、前日の夜も、いいサイズのパプアンバスを釣ってました。(この時は、全員が寝入った最中の出来事で、携帯で撮った写真しか見てませんが、これも確実に30ポンド以上はあるかと思われる巨体でした。)


この日、オジサン、持って帰るキャンプ資材をボートに積んでしまっていたので、キャンプ地の目の前のビーチで、生餌を使っての餌釣りでした。こんな片田舎の事、釣竿なんてシャレたものは当然なく、ハンドラインです。


2回ほど、魚を掛けたらしいのですが、格闘の末、逃げられてしまい、3度目のフッキングで、見事ランディング。


この現物を見せられれば、アングラーとして、黙ってみている訳には行きません。


6人のメンバーの内、4人(当然、オッサン(俺の事)も含まれます。)が、パッキングしていた道具を組み直し、目の前のビーチへ直行。


最後のチャンスに賭けました。


小1時間ほどルアーを投げましたが、何の反応もなく、一人欠け、二人欠けして、最後に残ったのはオッサン(俺の事)のみ。


どうせ、この日は、ボートで5時間以上の長旅なので、「移動中、寝てればいいだけだもんね。」と、最後まで粘ってみましたが、何の反応もなく、未練タラタラで納竿。


実際のところ、今回は、オッサン(俺の事)、初日だけは釣りをやらせてもらいましたが、初日に、お客さんをさしおいて、そこそこの釣果を上げてしまっていたので、2日目以降は、もっぱらガイド役。自分の釣りができなかったので、最後まで粘りましたが、静かなものでした。


この後、1時間ほど仮眠して、5時半には現地を出発。


予想より風が強くなった荒海に、小舟を進ませたのでした。




スポンサーサイト

| 魚種:パプアンバス | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バリに到着

インドネシア、釣り、ケアンズ-26092015-1



6日間のジャングルでのキャンプ生活を終えて、今日の昼過ぎ、無事、全員、バリに帰還しました。


クタビーチでの打ち上げで、再会を誓って、各メンバー、それぞれの便で帰路に。


返り討ちにあった人、納得のいく釣果が得られた人、アングラーそれぞれですが、やっぱり、怪物君、一筋縄では行きませんなァ。


釣行レポートは、ケアンズに戻ってから、アップします。



インドネシア、釣り、ケアンズ-26092015-2


| 魚種:パプアンバス | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無事、帰還

インドネシア、釣り、ケアンズ-25092015-1



荒天の中、5時間の船旅を終え、ようやく、街まで戻ってきました。


リクエストに応えて、今夜は、マングローブクラブで祝杯。


お疲れ様でした。



インドネシア、釣り、ケアンズ-25092015-2



| 魚種:パプアンバス | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日から、6日間のキャンプ生活です

インドネシア、釣り、パプアンバス、ケアンズ-18092015



16日の夜、ケアンズを出て、ブリスベン、バリを経由して、ようやく、パプアニューギニアとの国境近くの町へ到着。


今日は、6日間のキャンプ生活のための買い出しをして、明日の早朝、いよいよ現地へ出発です。



| 魚種:パプアンバス | 01:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タックル、準備中

インドネシア、釣り、パプアンバス-10092015-1



怪物君退治用のタックルを準備。


リョーガベイジギング、コンクエストに、80ポンドラインをマキマキ。


スプリットリング、ソリッドリング、シングルフック各種


ルアーも、いくつか補充。


・OWNER ST-66 1/0 トレブルフック
・MUSTAD SINGLE FOOK 5/0 シングルフック
・OWNER SOLID RING #5 150lb ソリッドリング
・OWNER スプリットリング 70lb
・OWNER スプリットリング 60lb



流石に、5回目の遠征だと、手慣れたもんです。



インドネシア、釣り、パプアンバス-10092015-2



インドネシア、釣り、パプアンバス-10092015-3




| 魚種:パプアンバス | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出発まで、あと、10日

出発まで、あと、10日。


ウエストパプアへは、一昨年、昨年に引き続き、今年で3回目。


今回で5回目の釣行です。


今年は、更に奥地へ船を進める予定です。


何が出てくることやら。


今から、楽しみダス。



インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-2




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-1




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-3




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-4




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-5




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-6




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-7




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-8




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-9




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-10




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-11




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-12




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-13




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-14




インドネシア、釣り、ケアンズ-07092015-15




| 魚種:パプアンバス | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ストラクチャーでなく、潮で釣れ」 by オッサン(俺のこと)

ケアンズ、釣り-03092015


今回、2日間、ジョンストンリバーとデイントゥリーリバーで、秋田の白熊さんをガイドしてくれたテリー・ホールマンですが、やはり、ケアンズで「ベストガイド」と言われるだけはありますなァ。


初日が、ジョンストンリバーで9匹、2日目がデイントゥリーリバーで8匹、2日間で合計17匹のバラマンディでした。


勿論、それ以外にも、GT、ターポン、フラットヘッド(コチ)、スーティーグランタ等、全部合わせれば30匹以上はランディングしてます。


ケアンズでのバラマンディの日帰り釣行だと、3匹程度のバラマンディで御の字ですが、それがこの釣果です。


今回、潮周りが良かったのも、勿論、その一因ですが、やはり、長年の経験でしょうか。


2日目、デイントゥリーリバーでは、午後3時頃までノーフィッシュ。


上流部で、ようやく2匹のバラマンディをランディングしたらしいのですが、そのバイトの様子を見て、「この場所は駄目だ。」と言って、さっさと河口域まで移動し、そこから6匹のバラマンディをランディングしたらしいです。


いつも思うんですが、「いいガイド」というのは、「ストラクチャーでなく潮で釣ってる」と思いますが、やはり、その判断ができるようになるまでには、長年の経験が必要かと思います。


以前、テリー・ホールマンと、冬場に、1日で16匹のバラマンディをランディングしたことがありましたが、ベストタイドの時に、狙っていたのは、そういった場所でした。


流石です。






| 魚種:バラマンディ | 10:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テリーのオッサン、流石です

ケアンズ、釣り-01092015-5



秋田の白熊さん、渓流に引き続いて、テリーのオッサンと2日間のルアーフィッシング。


初日、ジョンストンリバーで9匹、2日目はデイントゥリーリバーで8匹、2日間で合計17匹のバラマンディでした。


ナナマル越えも数匹含まれ、冬のタフコンディションなどどこ吹く風、2日間のルアーフィッシングを満喫でした。


しかし、テリーのオッサンのガイド振り、流石ですなァ。


ケアンズバラマンディフィッシングのベストガイドと言われるだけのことはあります。


他とは段違いの釣果。



ケアンズ、釣り-01092015-4



ケアンズ、釣り-01092015-6



ケアンズ、釣り-01092015-3



ケアンズ、釣り-01092015-2



ケアンズ、釣り-01092015-1


| 魚種:バラマンディ | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。