2014年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ルアー購入

ケアンズ、釣り-31072014-2


今、ライトタックルキャスティングで、メインで使っているスピニングロッドは、購入してから、もう、かれこれ、15年以上たつ。

冬の小型のバラマンディを釣るような、7、8センチの小型のルアーから、大型のバラマンディやクイーンフィッシュを狙った50グラム程度のルアーまで、ブッシュキャストから遠投まで、まさしくどんなシチュエーションにでも対応できる万能ロッドだ。

長さは、5フィート10インチ。

このロッドを買い替えようと思い、ケアンズのほとんどの釣具屋を回ってみたが、なかなかいいのが見つからない。細すぎたり、長すぎたり、なかなかこういったファーストテーパーで、しかもショートのスピニングロッドがない。

で、殆ど立ち寄ったことのない小さな釣具屋。

思った通り、探しているロッドは見つからなかったが、マリアの DEEP SNARE というルアーに思わずバイト。9月のウエストパプア用のルアーに加えておきました。

最近、パプアンバスかモンスターバラマンディしか眼中にないので、購入するルアーは、全部15センチ前後の大型ばかり。

やっぱ、「ビッグベイト、ビッグフィッシュ!!」でしょ。


ケアンズ、釣り-31072014-1

| タックル | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月、インドネシア、ウエストパプア釣行

ケアンズ、釣り-16072014


9月、パプアンバスとモンスターバラマンディをターゲットにインドネシア、ウエストパプア(パプアニューギニアとの国境近く)へ出かけます。


あと1名、参加可能です。


夏休み、ワイルドに1週間を過ごしたい方、連絡ください。


スケジュールは以下の通り。


9月13日 成田発 12:00
      ジャカルタ着 17:30
      ジャカルタ発 22:00

9月14日 ウエストパプア着 06:30 着後フリー、ホテル泊

9月15日 早朝 ウエストパプア発 昼 現地着 午後 フィッシング

9月16日 終日フィッシング

9月17日 終日フィッシング

9月18日 終日フィッシング

9月19日 終日フィッシング

9月20日 終日フィッシング

9月21日 早朝 現地発 ウエストパプア着
      ウエストパプア発 14:40
      ジャカルタ着 18:40
      ジャカルタ発 23:30

9月22日 成田着 09:00


連絡、お待ちしてます。



| 魚種:パプアンバス | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空振り

ケアンズ、釣り-12072014



再度、メーターオーバークイーンフィッシュを狙って出船。


最高のコンディション。


平日というのに、ボートランプは、ボートを牽引したトレーラーで溢れかえってます。(オージーって、いつ、仕事してんだァ?)


潮、天候、申し分なしで、爆釣間違いなし!!


と、思って出船したのに、お魚さん、居ません。


客を乗っけた釣り船も「魚、居る?」と聞いてくる始末で、静かなもんでした。


予定を変更して、昼過ぎにはさっさと帰ってきました。


魚の気持ち、よう判らん。

| 魚種:その他 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューロッド、購入

ケアンズ、釣り-06072014-1



前回の釣行で折ってしまったロッドの代替品を探すべく、市内のタックルショップをチェック。


ブランスフォード、アースキンズ、タックルアンドベイト、いろいろ釣具屋をチェックするが、なかなか手ごろなロッドがなく、何気に立ち寄ったBCFで、折ってしまったロッドと同じものを発見。


かなり気に入ったロッドだったので迷わず購入。  $149.00ナリ。


オーストラリアでは、$300.00も払えば高級ロッドの部類に入るので、中位機種というところか。


これは、アングラーにもよるだろうが、以前6フィートロッドを購入して、その長さを持て余したことがあり、以来、バラマンディキャスティングには6フィート以下と決めている。


これは5フィート10インチ。


ヘビーロッドとなっているが、自分としてはライトロッドのつもり。これで冬のバラマンディ用に使う7、8センチサイズの小型ルアーがギリギリ投げられる程度。


これ以上ライトなロッドだと、7マル以上のバラマンディの場合、最初の突っ込みでブッシュに入りこまれてアウト。従って、気合を入れて大物を狙う時は、これよりもヘビーなロッドを使うことになる。


以前出かけたアラクン、ウエストパプアでは、全く出番なしで、やはり冬場の小物狙いといったところ。



ケアンズ、釣り-06072014-2

| タックル | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アクシデント、その2

ケアンズ、釣り-02072014-1


3匹目のクイーンフィッシュを釣ってる最中にベイトロッドが殉職。

食いが立ったタイミングを逃したくなかったので、予備で持ってきたスピニングリールを手にとり早速キャスティング再開。

ところが、リールのハンドルが「ガクガク」じゃないですかァ。

どうしたのかと思ってハンドルのベースを見てみると、ベースの金属製のストッパーが折れているのを発見。

しょうがないので、ベイトロッドをスピニングタックルに取り付けて使おうかとも思ったが、ダブルハンドルの片側のみ使えば、なんとか行けそうだったので、そのまま続行。

ガクガクのハンドルなので、かなり手こずりましたが、何とか、メーターオーバークイーンフィッシュを2匹追加。

昼過ぎには、潮も止まり、沈黙。


やっぱ、この潮は、クイーンフィッシュの活性がはっきりしてます。


午後、遅く、潮が走り始めるまで粘ってみたものの、めぼしい当たりもなく、午後4時頃、納竿。


久しぶりに楽しませて頂きました。


ちなみに、この逝ってしまったリール、15年前くらいに購入したバイオマスターでした。殆ど、手入れらしい手入れもせず、ただ、使った後、真水で流す程度でしたが、15年間、現役で頑張ってくれました。


新しいリースは、すでに4月の帰国時に購入済みだったので、そのリールと交換しておきました。


サイズはシマノの3000番です。インレットで、バラマンディやクイーンフィッシュを狙うには、一番手ごろなサイズです。ライトタックルの中でも、ヘビー気味のロッドを用意しておけば、3000番リールでも20キロ程度の魚であれば、なんとかファイトできますから。

それ以上だと、オーバースペックで、面白さに欠けますから。


ケアンズ、釣り-02072014-2

| 魚種:その他 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |