2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ゴールデンウィーク、ウエイパ、ヒンチンブルック

ケアンズ、釣り-28022014-1




今年のゴールデンウィーク、釣行計画を立てそびれてしまったそこのア・ナ・タ!


今からでも、間に合います。


ケアンズの北、ライトタックルへブンと言われるウエイパ。


ケアンズから車で僅か2時間半のバラマンディパラダイス、ヒンチンブルック島。


いづれも、今からでも手配可能です。




今年、オーストラリア北部の雨季は、ケアンズを始め、軒並み、平年以上の降雨量。ダーウィンにいたっては、過去の観測史上、2番目の降雨量とか。


雨季の雨が多いと、その年の雨季明けのシーズン、バラマンディの釣果に恵まれるというのは、オージーアングラーの常識です。




この常識、確認してみる必要アリですよん。



ケアンズ、釣り-28022014-2

| 魚種:バラマンディ | 20:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DAIWA プロモーションムービー





今年、各地で開催されるフィッシングショーの DAIWA ブースで上映されるプロモーションビデオが、ようやくアップされました。


後半、ソルトウォーターの部分は、弊社で、釣行をアレンジさせて頂きました。



この映像、ビデオカメラでなく、デジタル一眼カメラで撮影されたものです。もちろんプロの撮影、編集ですが、このカメラマンの方は、こういった商業ムービーを、すべてデジタル一眼カメラで撮影されているそうです。


フォーカスのブレ具合が、却って臨場感があって、かなりクールな仕上がりですなァ。

| 魚種:GT | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロングA、ゴールドボマー

ケアンズ、釣り-19022014-1



長年使い続けていたゴールドボマー。


バラマンディフィッシングの基本中の基本ルアーですが、あまりにもベタすぎて、あまり使っていなかったのですが、一昨年のアラクンへの釣行で、改めて、その実力を認識。


その釣行直後の姿が、上の写真。


まだ、ゴールドカラーが 1/3 程度残ってます。



で、昨年末のウエスタンパプアへの釣行で、ご覧の通り、テールのエイト環がボディーから抜け落ち、遂に殉職。まさに「ホワイトボマー」状態ですが、このカラーでも、何の問題もなく釣れます。


やっぱ、動きが肝要のようです。


もちろん、オリジナルのフックでは、バラマンディのパワーにかないませんから、オーナーの ST-66 に交換済み。


このフックと組み合わせると、デッドスローフローティングとなり、アピール力が格段に向上します。


今回、近くのタックルショップで3個で25ドルと、破格のセールプライスに、思わずバイト。


交換用のフックも買っちまいました。



ケアンズ、釣り-19022014-2

| 魚種:バラマンディ | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SHIMANO TV  「釣り百景」

ケアンズ、釣り、GT-27122013



正月2日に放送された、弊社でコーディネーションを行った「釣り百景」、正月特別編ですが、2時間の番組を1時間に再編集したものが SHIMANO TV にアップされてます。


http://tv.shimano.co.jp/movie/tv/tsurihyakei_014/


時間のある方は、視聴して下さいな。


何故か、オッサンの出演パートはカットされてるみたいです。




なんで?




| 魚種:GT | 17:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウエスタンパプア、釣行スケジュール、決定

ケアンズ、釣り-05022014-1


今年度、ウエスタンパプアへのパプアンバスバラマンディ釣行の日程、決定しました。


詳細、次の通りです。


9月13日 日本発 ジャカルタ着  ジャカルタ泊 ホテル泊
9月14日 ジャカルタ発  ウエスタンパプア着 ホテル泊
9月15日 ウエスタンパプア発 現地着 午後よりフィッシング
9月16日 終日フィッシング
9月17日 終日フィッシング
9月18日 終日フィッシング
9月19日 終日フィッシング
9月20日 終日フィッシング
9月21日 現地発 ウエスタンパプア経由 ジャカルタ着 国際線へ
9月22日 日本着


パプアンバスバラマンディ、ともに20キロオーバーがターゲット。今回の釣行は、過去に実勢のある海岸部エリアと、殆どアングラーが立ち入ったことのない上流部の湿地帯がメインフィールドとなります。


ツアーの詳細は、弊社ホームページの以下のページで確認頂けます。

インドネシア、ウエストパプア


詳しい情報が必要な方は、メールにてお問い合わせ下さい。


ケアンズ、釣り-05022014-2

| 魚種:パプアンバス | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |