2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「釣り百景」、新年2時間スペシャル

ケアンズ、釣り、GT-27122013


毎週、木曜日、夜10時より、BS-TBSで放送中の「釣り百景」。


1月2日放送分は、新春スペシャルとして、2時間の特別番組が組まれます。


今回は、オーストラリアスペシャルとして、ケアンズをベースにしたグレートバリアリーフでのGTキャスティングとジギング、それに、アーリービーチをベースにした淡水バラマンディです。


アングラーは、清木場俊介さんと、村田基さん。


弊社で、コーディネーションを行いました。


オッサンもチョイ役で出演してるかもデス。(オッサンの映ってるパートは、没になってる可能性大ですが)


正月番組に飽きた方は、観ておくんなまし。


番組の詳細は、こちら



| 魚種:GT | 20:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TEAM DAIWA 撮影釣行

ケアンズ、釣り-15122013-4



アーリービーチでバラマンディフィッシングの撮影を終え、ケアンズに戻った翌日から、今度は、TEAM DAIWA の撮影釣行に同行。


最初の2日は、船中1泊2日で、ジギングトローリング。最終日は、GTフィッシングというアレンジ。今年は雨季の雨が11月末頃から降り始め、天候だけが心配でしたが、晴天に恵まれ、無事、撮影終了。


1泊2日の釣行では、殆ど波もなく、べた凪ぎの情況で、予定を変更して、ケアンズ沖、150キロの地点にあるシーマウントで沖停。


ここは、水深1000メートルの海底から、一気に水深40メートルまで駆け上がる海底火山。頂上は、バスケットボールコート程度の広さしかなく、よほど条件が揃わないと、ここで一晩明かすことができない場所。


オッサンも、ここで一晩過ごすのは10年振りくらい。


TEAM DAIWA の面々は、トローリングで竿を振る時間がなかったためか、この日は、深夜近くまで、デッキで釣りを楽しんでました。


その先頭に立って、釣りを楽しんでいたのが村越正海さん。


村越正海さんとの釣行は、これで2度目ですが、ホント、村越さん、釣り好きです。暇さえあれば、ロッドを振ってましたもの。


GTを釣ってるときも、潮止まりでベイトフィッシュが散ってからは、サビキ仕掛けで、小物と戯れてました。GTフィッシングにサビキ仕掛けを持ってくる人なんて、いませんから。


今回撮影した映像は、来年春のフィッシングショーのステージで観られるとのこと。オッサンも、チョイ役で写ってるかも知れません。



ケアンズ、釣り-15122013-3



ケアンズ、釣り-15122013-2



ケアンズ、釣り-15122013-1





| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮影、無事、終了

ケアンズ、釣り、バラマンディ-10122013-2



プロサパインダムでの撮影も無事終了。


アウォンガダムで、バラマンディがあまり釣れなくなってからは、このプロサパインダムが、モンスターバラマンディを最も高確率で狙えるダム湖の代表格になってきた。


アウォンガダムと同じように、ティンバーがそこかしこに点在し、かなりエキサイティングな釣りが楽しめる。


湖自体は、ほぼ円形と言ってよく、入り組んだ入り江も多くないので、そのときのコンディションから、ホットスポットを割り出すのは、そんなに難しくないように思う。


魚の数も多く、お薦めのポイントです。


ポイントが特定できれば、メーター級のバラマンディが、ストラクチャーの中で、こんなカンジでサスペンドしてます。


ケアンズ、釣り、バラマンディ-10122013-1


今回の撮影は「釣り百景」で放送予定です。


11月に撮影したGTフィッシングとセットで、放送予定です。


放送日が決まれば、ご案内します。



| 魚種:バラマンディ | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮影中

ケアンズ、釣り-071220313



昨日、クイーンズランドの中央部、マッカイを経由してアーリービーチに到着。


アーリービーチにやってくるのは20年振りくらい。


今日から、近郊のダム湖でテレビ撮影。


王様、村田基さんと、ガイドのジョニー。


かなりいいシーンが撮影できましたが、なんか微妙?

| 魚種:バラマンディ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現地の住宅事情

ケアンズ、パプアニューギニア、インドネシア、釣り-06122013-1


これは、大酋長の奥方と、その子供たち。


奥方は、我々が釣ってきたバラマンディを昼食用に調理してくれてます。


自宅は、総ヤシの木張。床には樹皮を剥いだものを使用してます。家族10人程度が一緒に生活してますが、ワンルームタイプの簡素な造り。


この村は、全部で3家族が住んでますが、我々の滞在中、川向うから、別の家族が越してきました。


越してきた当日はシートを屋根代わりにした仮住まいでしたが、ヤシの葉を編んで、新築の家に使う屋根や壁を用し、翌日には新居も完成。


高床式の立派なお屋敷でした。


しかし、住宅ローンなんか気にせず、いつでも家が建てられるというのは、幸せなのかもしれません。



ケアンズ、パプアニューギニア、インドネシア、釣り-06122013-3



ケアンズ、パプアニューギニア、インドネシア、釣り-06122013-2



ケアンズ、パプアニューギニア、インドネシア、釣り-06122013-4




| 魚種:バラマンディ | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプ生活(インドネシア釣行)

インドネシア、パプアンバス、釣り-05122013-1



もともと、川の河口の沖合いにある小さな島でキャンプする予定が、潮が大きく引いてしまい、ボートを島に寄せることができす、大酋長の薦めもあって、村の中にテントを設置。


川の河口部で、おまけに周囲はマングローブ林。


蚊やらサンドフライやらの猛攻を覚悟していたが、夜は、殆ど虫も出ず、快適に寝られる。


トイレは、各自、トイレットペーパー持参で、周辺のブッシュの中で。


シャワーはありません。6泊の内、1回は夜のスコールでシャワーをすませ、もう1回は、飲料水をバケツに半分ほど汲んで、それをシャワー代わりに使う。


人間、6日間程度では、シャワーを使えなくても、あまり問題ないらしいということに初めて気付く。


でも、冷たいビールがなきゃ、完全に死んでたな。


もっとも最終日は、氷が全てとけて、温まったビールしか飲めなかったが。



インドネシア、パプアンバス、釣り-05122013-2


| 魚種:バラマンディ | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大酋長

インドネシア、ケアンズ、パプアンバス、釣り-11122013


今回の釣行で、最もお世話になった方。


このエリアの大酋長らしいです。


なんたって、1970年代まで、人食いの記録が残っている部族の大酋長ですから。


釣りの許可を取り付けに、最初に立ち寄ったら、何故か「お前ら、面倒見てやっから、隣にテント、張れ。」と言われ、大木を斧で切り倒し、下草を飼って、速攻で、テント場を作ってくれました。


このエリアに無断で立ち入るインドネシア系の漁師たちを、力ずくで追い出すので、釣り場が、未だに、いいコンディションで保たれているらしいですわ。


ほんと、いい人です。



| 魚種:バラマンディ | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |