2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行

ケアンズ、釣り-30042013


今回、4泊5日、実釣3日間というスケジュールでマーレーコッドを狙った訳ですが、「釣る」事に関しては、「さほど難しくない」という印象でした。

事前に、ある程度の情報収集をしておけば、かなりの確率で「マーレーコッド」に辿りつけるはずです。これは、日本に住むアングラー然りです。

ただ、そこに辿りつくまでに一番ネックになるのが、私有地の存在です。

川が牧場の中を流れていて、その牧場の中に入り込めればいいのですが、牧場の中に入る許可を取り付けるのは、特別なコネでもない限り、まず、無理だと考えた方がいいでしょう。

そのため、自ずとポイントが限られてきます。

ただ、その限られたポイントに辿りつくための情報は、いろんなところから入手できます。

ある程度の街には、釣具屋がありますし、付近の観光スポットを紹介してくれるインフォメーションセンターもあります。あるいは給油のために立ち寄るガソリンスタンドや、田舎の小さなスーパーでもかまいません。釣りに関するインフォメーションを集めることは、さほど難しくないように感じました。それに、田舎の人の例に漏れず、みなさん、かなり好意的でした。



今回のように、ガイドを利用せず、自分たちの手でポイントを探して釣り歩く場合と、ガイドの案内で釣りをする場合とでは、当然のことながら、格段に釣果に差が出ます。

今回、実釣3日間の釣行で、釣れた魚は、イエローベリーが4匹、コッドが4匹でした。3日間の内、初日は、かなりギャンブルと思われるポイントを選んでしまって、1日棒に振る結果になってしまいました。その上、車両のトラブルで、あと半日も無駄に費やしてしまい、まともに釣りができたのは1日半でした。

通常、ガイドの案内で釣りをする場合、3日あれば、コッドだけで20匹以上の釣果が得られるのが普通ですから、それに較べればかなりの貧果です。

ガイド付きで釣りをする場合、ただ釣りのことだけに専念して準備をすればいいのですが、自分達の手で、釣行を組み立てようとする場合、釣り場の選定から始まって、そこにたどり着くまでのルートの選定や、入漁券の購入、宿泊や車の手配などなど、やるべきことが沢山出てきます。

それを煩わしいと考えるか、反対に楽しんでしまうかは、人それぞれですが、楽しんでしまえる人は、ガイドなしで釣行を組み立ててみるのもいいかもしれません。

その準備の中で、これだけははずせない、「マーレーコッド釣行のキモ」をいくつか上げておきます。

・4輪駆動車は必須

・深夜、早朝の運転は、動物に注意(特にカンガルー、牛)

・ポイントの選定は、欲張らず、1極に集中する

・現地滞在は、最低4日間、可能なら5日間

・雨天時、河川の増水には、細心の注意を払うこと


上記の項目をクリアーしておけば、まず、大丈夫かと思います。


ま、治安のいいオーストラリアのことですから、あまり、あれやこれや心配せず、とりあえず、チャレンジしてみてはどうですか?


こんなことを書くと、仕事がなくなってしまうので、最後に一言。

確実に釣果を上げて、大物を確保したい場合は、他の人が入り込めない私有地に限ります。但し、一般の旅行者が、何のつても無く、私有地に入り込むのはまず無理。私有地に入り込めるコネクションは、地元に住むローカルガイドにはかないません。満足のいく釣果を上げたければ、ローカルガイドが必須です。

ローカルガイドが必要な方は、弊社まで、ご連絡を。




いやあ、しかし、今回も数々のトラブルに見舞われ、今でもトラブルに煩わされてますが(?)、久しぶりに楽しい釣行でした。

そうだろ? ジュンちゃん?



ケアンズ、釣り-30042013-2


スポンサーサイト

| 魚種:マーレーコッド | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行 4日目

ケアンズ、釣り-17042013-1


今釣行初のマーレーコッドを手にした翌日、辺りが明るくなり始めた頃に起床。(寒すぎて、寝ていられなかったというのもあるが)

初コッドを手にしたジュンちゃん、余裕をかまして、「朝食を摂ってから出かけますかァ。」なんて言いながらコーヒー用のお湯を沸かす。

それまで、1バイトしかなかったオッサン(オレのこと)は、この早朝のベストタイムを逃したら、ほんとにホゲそうだったので、そんなジュンちゃんを無視して出発。

後から追いかけてきたジュンちゃんと合流して、川沿いを釣り下り始める。

30分ほど何の反応もなかったが、いい感じの倒木がいくつか沈んでいるプールを発見。最初の数投で、まずオッサン(オレのこと)のルアーに何度がバイトがあるが乗らず、そうこうしていると、ジュンちゃんが2匹目をゲット。


ケアンズ、釣り-17042013-2


なんか、写真係りに徹してしまっているオッサン(オレのこと)にも、やっと、待望の1発。


ケアンズ、釣り-17042013-3


50センチ弱ですか? 


ケアンズ、釣り-17042013-4


顔のサイズとルアーのサイズが、ほぼ、同じ?



その直後に、ジュンちゃん、今度はナナマルサイズを追加。

このポイントを後にして、暫く釣り下るが、何の反応もなく、日も高くなってきたので、キャンピングカーへ戻る。



ここで、腹ごしらえをし、昼食用のサンドイッチを用意。キャンプ地を後に、地図を頼りに車で移動しながら、めぼしい場所を釣り歩く。

実際のところ、川に掛かる橋を目印に、いくつかの場所をチェックしていったが、川の流れが小さくて、釣りにならなそうな場所だったり、橋桁のたもとまで、牧場のフェンスが迫っていて、全く川に下りられる余地がなかったり、先客がすでにキャンプしながら釣りをしていたり、この日の半分は、無駄に時間を費やしてしまった。

一箇所、全く地図に乗っていない場所で、大きなプールにアクセスできる場所があり、そこを丹念に責めてみるが、全く反応がなし。



そのポイントでの出来事。


今回、現地のタックルショップで購入し、すべてのコッドをフッキングした大切なトップウォータールアーを、深みのストラクチャーに引っ掛けてしまったジュンちゃん。

半分諦めかけていたのを、オッサン(オレのこと)の勧めもあって、入水して回収することに。

イヤァ、ジュンチちゃん、ニッポン男児です。

着ていたものを潔く脱ぎ、パンツ1枚になって、なぜかケアンズから持参したフード付きのウエットスーツを着込んで、水中へ。(用意良すぎ!)


ケアンズ、釣り-17042013-5


ケアンズ、釣り-17042013-6


見事に、回収してきました。

イヤァ、いいもの、見せてもらいました。

「フェイスブックなんかに、写真、載せないでくださいね。」なんて言うので、その日の晩、早速、フェイスブックにアップしてみたら、ジュンちゃんのフェイスブックに写真をタグ付けしたのもあって、「いいね」ボタンを押してくれた人、過去最高の数字でした。


ケアンズ、釣り-17042013-7


で、この日、日没近くまで粘ってみるが、結局、早朝の一時だけ楽しい思いをしただけで、他では全くいい所がなく、あえなく、昨日と同じキャンプ地へ。


翌日、13時発のケアンズ行きの便に乗る予定で、早朝5時(クイーンズランド時間で4時)に出発して、6時間のドライブを経て、ブリスベン空港へ。

| 魚種:マーレーコッド | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行 3日目

ケアンズ、釣り-15042013-2



初日の釣果が芳しくない上に、キャンピングカーの水道ポンプが作動せず、水が使えないことが判明。しかたなく山を下り、水の使える街のキャラバンパークで1泊、別の川へ移動することに決定。

翌日、まだ暗いうちにキャラバンパークを出発し、車で移動すること2時間。付近の釣り場の情報を入手すべく、ある街のタックルショップへ。

そこでいくつかポイントを教えてもらい、ポイントへ向かおうとしたところ、・・・・・。


トラブル発生。


アホなオッサン(オレのこと)、ディーゼルエンジンにガソリンを給油してしまい、それとは気付かず、100キロ以上も走り、エンジンが動かなくなった。(1回目の給油は、ちゃんとディーゼルを給油したのに。)

修理工場で事情を説明したら、最悪3000ドルは出費が必要だと脅かされたが、日頃の行いがよかったのか、最悪の事態は免れた。出費も200ドル程度で済んでホッとした。



ケアンズ、釣り-15042013-5


2時間ほど足止めをくらった後、戦線復帰。


午後2時頃から教えられたポイントをくまなくチェックしたが、やはり芳しくない。

ポイントをチェックして気付いたのは、とにかくフィッシングプレッシャーが高いとこと。行くポイント、行くポイント、人の足跡だらけで、ある場所では先客が釣りをしながらキャンプをしていたりと、かなりポイントが限られている。

今まで、ガイドと出かけた私有地の奥にある、一般の人が誰も近づけないようなポイントとは雲泥の差。

教えられたポイントは、決して「良く釣れる」ポイントでなく、「とりあえず、私有地を通らなくても川にアクセスできるポイント。」と考えた方がいいのかも、と思いながら、ポイントをチェックしていく。


そして、ついに、手ごたえを発見。この日、最後に向かったポイントのすぐ脇の川の欄干にコッドの頭部を発見。


ケアンズ、釣り-15042013-3


ケアンズ、釣り-15042013-4


なんか、行けそうです。

早速、川伝いに車を走らせ、魚の居そうな大きなプールからキャスティングを開始。しかし、川伝いに歩いてみると、やはりここも、草むらの中に人が歩いてできた踏み跡がくっきり。おまけにキャンプファイヤーの跡もあるし。

しかし、2時間ほど粘った日没直後、諦めかけた頃に、ようやくジュンちゃんにファーストバイト。コッド特有の水しぶきを上げて魚がアタックしてきたが、無残にもフッキングせず。

気を取り直してキャスティングを続けていると、そのポイントから10メートル程離れたところで、ジュンチャンのルアーにフッキング。

ようやく待望の1匹をジュンちゃんがゲット。


ケアンズ、釣り-15042013-1


釣れない君、見せますなァ


日も落ちて、かなり寒くなってきたので、この日はここで寝ることにして、翌早朝、その下流側を攻めることにしてベッドイン。

| 魚種:マーレーコッド | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行 2日目

ケアンズ、釣り-14042013-1



そもそも、今回の事の発端は、この雑誌記事。


「あ、そう。ここに行けば釣れるんだ。」という単純な発想から。

それに、いつもガイドにお世話になるばかりでは面白くないので、久しぶりに、自分で全てを組み立てる釣行を楽しみたかったのもある。

そして、オッサン(オレのこと)の口車と、この写真とに、まんまと騙されて一緒に出かけることになったのが、下の写真の「釣れない君」ことジュンちゃん。「釣れない君」のジュンちゃんが同行してくれれば、百人?力です。


ケアンズ、釣り-14042013-5


判っているのは、川の名前と、キャンプ場のだいたいの場所だけ。


暗くなってから到着したので、周囲の状況が殆ど判らなかったものの、キャンプ場の下の方で、川の流れる音が確かにしていたので、とりあえずビールを喉に流し込み、キャンピングカーのベッドにもぐり込む。


しかしその晩、かなり冷え込み、寒さであまり寝付けないまま、朝を迎える。(後で聞いたら、気温が8度だったらしい。そりゃ、寒いわ。)


あまり寝付けないまま朝を迎え、コーヒーで暖を取り、さっそく川に下りてみた。


ケアンズ、釣り-14042013-3


いいじゃないですかァ。ガンガン釣れそうな雰囲気です。


で、朝の5時頃から日没間際まで、足と車を駆使してこの川の流域をくまなく釣り倒しました。

この日の釣果は、ジュンチちゃんのイエローベリーが5匹。コッドの釣果なし。

この日、コッドを見かけたのは、わずか2回。その内の1匹は、完全に10キロオーバーでした。小さな滝壺の流れ出し付近でゆっくりとルアーにアプローチしてきましたが、ルアーの直前で、反転して、深みに消えていきました。

なんか、爆釣のはずか、・・・・。


ケアンズ、釣り-14042013-2


ケアンズ、釣り-14042013-4

| 魚種:マーレーコッド | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行 1日目

ケアンズ、釣り-12042013-1


ケアンズの自宅を出たのが早朝の4時半。

市内で同行者のジュンちゃんをピックアップしケアンズ空港へ。6時発のジェットスターに予定通り搭乗し、ブリスベン空港に降り立ったのが8時頃。タクシーで空港近くのキャンピングカー会社へ移動したものの、手続きに時間を取られてしまい、レンタカー会社を出発したのが11時頃。

夕方、明るいうちに到着の予定だったが、だいぶ時間をロスしてしまった。

おまけに、クイーンズランド州からニューサウスウエールズ州へ移動するのに、1時間の時差があることをすっかり忘れていて、現地に着くのが、予定より大幅に遅れてしまいそうな予感。

ケアンズではマーレーコッド用のルアーが手に入らないので、車で移動中、適当な街の釣具屋で購入する予定だったのが、夕方5時までに、めぼしい街に着けそうになく、ルアーを購入できそうにない。

しょうがないので、1時間ほど寄り道になるが、マーレーコッドのフィッシングガイド、ドンちゃんの自宅へ押しかけることにした。ドンちゃんはルアービルダーで、ドンちゃんの作ったルアーは、よく釣れるのは、過去の釣行で実証済み。

今回、事前に彼のスケジュールを確認していて、ハンティングのガイドで出かけてるかもしれないが、とりあえず電話。

すぐに電話に出てくれて事情を説明すると、やはりハンティングのお客さんとロッジに滞在中で自宅にはいないとのこと。ただ、自宅近くのパブでドンちゃんメイドのルアーを売っているというので、そのパブまで直行し、パブの壁にディスプレイしてあったドンちゃんルアーをすべて買い占めた。


ケアンズ、釣り-12042013-2


合計6個、入手。

夜の山道は、カンガルーが飛び出してくるので、スピードもあげられないし、走ったことのないダートロードで事故りでもしたら大変なので、最後の1時間は、時速40キロの安全運転。

ようやく、夜の11時頃、予定していたキャンプ場に到着。

都合11時間、走行距離800キロのロングドライブからようやく解放される。


ケアンズ、釣り-12042013-3


食事は、途中のガソリンスタンドで適当に済ませていたので、とりあえずビールでカンパイして、そのままベッドイン。

しかし、寒い。



明日から釣れるのかァ?



| 魚種:マーレーコッド | 20:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

It's Murray Cod cuntry

ケアンズ、釣り-05042013-2



ケアンズから空路2時間半、ブリスベンへ。

そこから陸路700キロ、時間にして10時間。ようやく現地へ到着。

ここは、マーレーコッド(Murray Cod)カントリー。



しかし、寒い。

日中は20度以上になるが、深夜、早朝だと、10度を切る気温。

これで、釣れるのかァ?


ケアンズ、釣り-05042013-1

| 魚種:マーレーコッド | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。