2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

SEABASS MAGAZINE 3月号 今月26日発売です

ケアンズ、釣り-29012013



昨年、バスプロ、児玉一樹さんと出かけたアラクンへの釣行記、今月発売の SEABASS MAGAZINE に掲載されてます。

オッサンの雄姿を見たい方、是非、購入下さい。

(そんなやつ、いないか?)



オーストラリアに住んで、いままでバラマンディーフィッシングに出かけた場所では、最高のスポットです。数も釣れるし、サイズもデカイ。

11月に出かけたときは、4日間の実釣日数で、1人、100匹以上はランディングしています。

この夢のようなバラマンディへブンへの釣行を、ゴールデンウィーク開けの、ランオフシーズンに開催予定です。

ランオフシーズンといえば、メーターオーバーバラマンディーが最も高確率で狙えるシーズン。


詳細が決まったら、また、告知します。

マザーボート宿泊で、定員6名です。夢の世界へ行ってみたい方、連絡下さい。

| 魚種:バラマンディ | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

本格的に雨季に突入

wz_satsyn_aus_480x360.jpg



先週末以来、ケアンズもようやく本格的な雨季に突入したようで、かなりの雨。


おまけに、ヨーク半島の西側にサイクロンが発生し、気圧の谷がケアンズ付近まで南下。サイクロンは、低気圧になったが、この気圧の谷に沿って移動し、現在、ケアンズの近くまで移動。

ちょっとした、プチ台風のような天候です。

南に通じる幹線道路も、水没して通行不能になっているようで、これが続くと、スーパーから品物が徐々になくなっていきます。


このプチサイクロンのような状況は、あまり長くは続かないと思いますが、これから2ヶ月、雨季の雨が続くと思うと、ちょっいと憂鬱。

| その他 | 10:14 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グレートバリアリーフでダイビング

[広告] VPS




先日、久しぶりにグレートバリアリーフでダイビング。

アングラーとして目が行くのは、やはりフィッシングのターゲット。今回は、GTとパーミットを発見。

GTは、ベイトフィッシュのタカサゴやウメイロの群れるリーフの潮辺りのいい場所で、ベイトフィッシュの周りをうろついています。この水面に誰かがルアーをキャストして、GTがどういう順序でルアーにアプローチしていくか、見てみたいものですが。

パーミットは、普段、こういった潮通しのいいリーフ周りで、小さな群れを作って遊泳しています。これで70センチ程度でしょうか。


[広告] VPS

| 魚種:その他 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Elephant can eat peanuts (ゾウもピーナッツを食べる?)

ケアンズ、釣り-16012013-2



リピーターのお客様、小笠原様の釣行です。

今回は、テリー・ホールマンのガイド指名で、3日間の釣行でした。

空港へ到着してすぐ、テリーがボートを牽引して空港まで出迎え、そこからすぐに現地へと向かう予定でした。

すぐにテリーも空港へ現れ、荷物を積み込み、「さぁ、出発!!」というところで、テリーのオッサンのポカミス発生。一時はどうなることかと思いましたが、何とか無事に3日間の釣行を終えることができました。

このときは、秋の大潮の1回目。干満の差が3メートル近い状況で、かなりの苦戦が予想されましたが、さすが、テリーのオッサン、縦横無尽にポイントを選び、川を遡り、通常通り、いやいやそれ以上の釣果をもたらしてくれました。


1日目、ジョンストンリバー
バラマンディ1尾とその他、スーティグランター、シルバーグランター、マングローブジャックを交えて13、14尾。

2日目、タリーリバー
潮が最も良い時間を中心に遅くまで粘って、バラ4尾、トレバリー1尾ほかグランター系他ジャングルパーチ、マングローブジャックで20尾以上、それ以上はカウントせず。(ちみにこの時、テリーのオッサン、夜の9時頃の帰宅だったそうです。)

3日目、リバプールリバー
バラマンディ2匹のほか計15、16尾。


テリーのオッサン、いつもお客様を飽きさせない釣りを心掛けてくれますが、前回、アラクンへ出かけた際に、こんなこ名言を吐いておりました。

Elephant can eat peanuts (ゾウもピーナッツを食べる)

「どんなでかい魚でも、小さなルアーにバイトする」という意味だと思いますが、テリーと一緒に釣りをすれば、この意味を実感できると思います。


ちなみに、オッサン(俺のこと)は、Elephant can eat peanuts よりも、やっぱ、これです。

Big bait, big fish. (男は、サイズで勝負しろ!?)


ケアンズ、釣り-16012013-3


ケアンズ、釣り-16012013-4


ケアンズ、釣り-16012013-1

| 魚種:バラマンディ | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行、2013年、最初のお客様

オーストラリア、マーレーコッド-10012013-7



2013年、最初のお客様は、。マーレーコッド釣行にご参加のS様でした。


年末から単身、ゴールドコースト入りし、マーレーコッド釣行がスタートする1月2日まで、途中の街に宿泊。何の予備知識もないまま、オーストラリアンバスを狙って開拓釣行。

みごと、オーストラリアンバスをゲット。

現地では、数日来の雨のため、川が増水し、場所を近郊のダムに変更して、ゴールデンパーチをゲット。その後、2日間は、コンディションの悪い中、川での釣行となり、都合、17匹のマーレーコッドをゲット。

さすが、海外釣行経験の豊富なベテランアングラーです。

以下、佐藤様よりのメールです。





永原様


ただ今帰国しました。

大満足の釣りが出来ました。

前半はCasinoに滞在し、街中を流れる川でオーストラリアンバスを釣りました(38cm & 48cm)。

後半はエマビルで、まさに桃源郷を案内してもらっているかの錯覚を覚えるほどでした。

天気はずっと快晴、数日前の雨で川の濁りは残っていましたが、何とか釣りはできました。結果、憧れのマーレーコッドが合計17匹も釣れました。最大は63cm。ピンダリ湖でゴールデンパーチ(3匹)も釣り、NSW州のグランドスラム達成です(?)。

写真を送ります。

今回はいろいろとアレンジしていただき、本当にありがとうございました。

ドンさんは本当に素晴らしいガイドでした。








オーストラリア、マーレーコッド-10012013-1


オーストラリア、マーレーコッド-10012013-2


オーストラリア、マーレーコッド-10012013-3


オーストラリア、マーレーコッド-10012013-6


オーストラリア、マーレーコッド-10012013-4


オーストラリア、マーレーコッド-10012013-5

| 魚種:マーレーコッド | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然ですが、メンバー募集!!

パプアニューギニア、釣り-09012013-1



This is a real Adventure!!!


インドネシアと国境を接するパプアニューギニア西部山岳部への調査釣行を実施します。


募集定員は3名。

今まで、白人と接したことのない部族の住むエリアで、アングラーが足を踏み入れたことのない、まさにフィッシングの未開エリアです。

すでに昨年12月、第1回目の調査釣行を実施しており、いくつかのポイントは、すでに開拓済み。このときの参加メンバーは4名。5日間の実釣日の内、10~25ポンドクラスのパプアンバスを1日で80匹以上ランディングした日もあったそうです。

もちろん、100~120ポンドのリーダーをブレイクして逃げていった大物(?)も。



詳細は、次の通り。

●日程 3月2日~3月8日(ポートモレスビー発着)

●料金 A$4,500.00(予定)

●スケジュール

 3月2日 国内線にてポートモレスビー発(10時頃)
      現地到着後、半日フィッシング

 3月3日~7日 終日フィッシング

 3月8日 国内線にて現地発(昼頃)
      ポートモレスビー着(夕方)


「3月、予定ないし、行ってみようかなァ」なんてお思いの、そう、そこのあなた、詳細は、メールにてお問い合わせ下さいな。

メールアドレスはこちらです。info@fishing-outdoors.net

 
パプアニューギニア、釣り-09012013-7


パプアニューギニア、釣り-09012013-6


パプアニューギニア、釣り-09012013-5


パプアニューギニア、釣り-09012013-4


パプアニューギニア、釣り-09012013-2


パプアニューギニア、釣り-09012013-3

| 魚種:パプアンバス | 22:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アウォンガ、バラマンディ

ケアンズ、釣り-09012013



2012年、最後のお客様は、この方K様でした。


両手で抱えているのは94センチのバラマンディ


12月28日から現地、グラッドストン入りし、翌日から3日間、アウォンガダムと、グラッドストンの湾口でのフィッシング。

滞在中は、太平洋上を南下するサイクロンの影響か、強風のコンディションでしたが、中日、30日にこのバラマンディをゲット。

94センチのソルトウォーターバラマンディでした。



2012年、最後を飾るにふさわしい巨体でした。


ツアーの詳細は「アウォンガダム、バラマンディフィッシング」のページで確認してください。

| 魚種:バラマンディ | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年、初釣り

ケアンズ、釣り-04012013-1


昨日、新年、初釣りに行って参りました。


マルグレーブリバーのボートランプを出発したのが、9時半頃。最初の2時間くらいは、雨も降らず、水のコンディションも思っていた程悪くなく、これなら釣果も期待できるかと思っていた矢先、激しい降雨に見舞われる。

ここから断続的に降り続き、ずぶぬれになりながらも、午後4時の納竿まで粘りましたが、釣果は、このマングローブジャック1匹。

同行のジュンちゃんは、メッキを掛けるも、あえなくフックオフ。

ボートランプの手前のポイントまで悪あがきを試みるも、結局ノーフィッシュ。


2013年も、「釣れない君」のニックネームは付いて回りそうです。


ケアンズ、釣り-04012013-2

| 魚種:バラマンディ | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

賀正

ケアンズ、釣り-01012013


賀正


今年も、宜しくいお願いします。


今年も、いい魚が釣れますように。

| その他 | 12:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |