2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

マーレーコッドフィッシング 3泊4日 DAY1





ゴールドコースト空港で関空からお越しの紅林さんと落ち合い、一路、内陸部へ。

約4時間のドライブの後、ガイドのドンと自宅で落ち合い、彼のランドクルーザーでフィッシングロッジへ向かう。

ゴールドコースト空港のあるクイーンズランド州と、ロッジのあるニューサウスウエールズ州では1時間の時差があり、実際に釣りを始めたのは午後1時頃。

ガイドのドンは、まだ、ロッジの準備があるらしく、「おまえ、最初、ガイドしてくれよ。」とのこと。そこで、ロッジ前に置いてあるカヌーを使って、目の前のプールで、まずは小手調べ。

キャストを始めて5分程。

対岸に倒木がいくつか絡むエリアがあり、そこを重点的にキャストするよう指示して数投目。

いきなりクランクベイトが引き込まれ、6マルサイズをランディング。

初めて10分程度で、紅林さん、ファーストコッドをゲット。いい滑り出しです。

記念撮影を行い、リリースして、同じ倒木辺りにキャストを再開して数投目。



ドン!



なかなかいい引きで、サイズアップを期待していたのですが、水面に姿を見せたのは10キロクラスの大物。

開始早々、嬉しい展開でした。

早くグリップを口に掛けたかったのですが、そこはタフファイターのコッドのこと、何度も水面に姿を見せるものの、いざ、口元にグリップを差し込もうとすると、テールで水しぶきを上げながら水中へ突っ込んでいきます。

魚とのファイトは紅林さんにまかせ、ストラクチャーのないマッディーな浅瀬にカヌーを誘導しながら、ようやくグリップを掛け、対岸のバンクへ移動。

コッドを確保し、カヌーを接岸したときは、「もう、これで帰ってもいいかな。」っと思ったほどでした。



ところが、カヌーを岸に乗り上げ、ボートを降りて記念撮影をしようと思ったら、紅林さんの方へ向けて置いていた予備のロッドのルアーのフックが、紅林さんのティーシャツに針掛りしているのを発見。

どうやら、ファイトの途中で引っかかってしまったようです。紅林さんがボートから降りられないじゃないですか。

なんか、ビミョ~な展開?

しょうがないので、魚を挟み込んでいるフィッシュグリップの柄の部分を、川底の岩の上から踏みつけ、両手でルアーを外そうと背中に手を掛けた途端、コッドが大暴れ。

「あ、ヤバイッ!」っと思った瞬間、コッドはグリップを咥えたまま、濁った水の中へ。



「デ~ッ!、2万5千円のグリップと10キロコッドが逃げていく~。」



必死でした。

コッドの進行方向だと思われる辺りに両手を突っ込んで、ヌルッとした感触を確かめると、ムンズっと手前に引き戻し、頭が水面に出た瞬間、口の中に親指を突っ込みコッドを確保。

と思ったら、まだルアーが口元に刺さったままなのを発見。

「なんだ、ラインを手繰り寄せればいいだけだったんかァ。」

おかげて、コッドのヤスリのような歯で、親指がズタズタになってしまいました。


マーレーコッド、フィッシング-31032012-1


マーレーコッド、フィッシング-31032012-2


マーレーコッド、フィッシング-31032012-3


結局、この日は、他に1匹を追加し、納竿。

ドンの作ってくれたラムステーキの夕食を平らげ、翌日早朝のトップウォーターゲームに備え、9時頃には就寝でした。






| 魚種:マーレーコッド | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山から下ってきました

ケアンズ、フィッシング-29032012


ニューサウスウエールズの山奥から下ってきました。

山の中には、こんなかわいい女の子もいて、かなり楽しい4日間でした。



しかし、寒すぎ。

ケアンズの気温とは10度違うのは確認済みでしたが、ノーテンキなオッサンは、そんなことにはお構いなしで、ケアンズと全く同じ衣類しか持参せず、毎夜、毛布の下で震えておりました。

なんか、風邪気味です。その上、4時間のドライブでお疲れモードなので、風呂入って、体を温めて寝ますワ。


詳細は、また、明日。

| 魚種:マーレーコッド | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今、クーランガッタです

P3260002_convert_20120326053408.jpg



今、クーランガッタです。

ゴールドコーストから南に30キロ程下った場所です。

しかし、このクーランガッタ、ビーチの雰囲気が最高ですなァ。


これから4日間ほど、電話の圏外に移動になります。

どうなることやら。

| 魚種:マーレーコッド | 06:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの晴れ

ケアンズ、フィッシング-23032012-1



あの集中豪雨のような雨がウソのような、2日続きの晴天のケアンズです。


おかげて、今日は、やること、盛りだくさん。

今週末の昼の便でゴールドコーストに移動し、約1週間、留守にするので、その準備やら、家の片づけやら、けっこう忙しい1日でした。


芝刈り

芝生の肥料撒き

植木の剪定

郵便物の回収

釣行用のタックルの補充や荷物の準備



GO PRO カメラは、昨年のマーリン釣行以来使っていないので、再度、取り説を読み返して使い方を確認、電池も充電し、ようやく準備完了。

補充したタックルは写真のバイブレーション。最初のタックルショップでなんと$25.00。こんなタマにしか使わないルアーに$25.00もかけられません。そこで、別のタックルショップに移動すると、なんと、そこで、同じルアーが$8.00。

即、購入。

現地の天候は悪くなさそうですが、ケアンズと違い、気温が10度近く低くなるようで、その点が心配ですナ。

| 魚種:マーレーコッド | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日も雨

ケアンズ、フィッシング-21032012-2




あ、あ、あ、あ~、長崎ィ~は~、今日もォ~、あッめ(雨)エッだあった~。


「あッめ(雨)エッ」の、この「ッ」が、このフレーズの肝ですナ。これがピンと来るアナタ。アナタは、紛れもなく昭和のお人です。



この4日ほど、ケアンズはバケツをひっくり返したような土砂降りの雨で、市内各所は、増水のため通行止めになってます。

昨日も、昼前に市内に出かけて行ったカミさんから、家を出発してから1時間ほどして「今どこだと思う?」という突然の電話。「え、天国?」と冗談で切り替えしてやろうと思ったものの、そこはぐっとこらえ、スルーして話を聞いてみると、なにやら通行止めの渋滞に巻き込まれたらしく、普段は5分程度で到着するあたりで停滞中とのこと。

後で話を聞くと、普通なら市内まで15分程度の距離が、2時間近くかかったとのことでした。



そんな日は、家に引きこもってるのが一番ですナ。

友人が半強制的に貸してくれたケアンズ近郊のバードウォッチングのDVD。かなり長期間、本棚の隅に放置してあったのを、暇つぶしに鑑賞。

テレビから流れてくる小鳥のさえずりに誘われて、ハナ姐さんも起き出して、食い入るように見入っておりました。結局、ハナ姐さん、30分程のDVD上映時間中、微動だにせずテレビにかぶり付いておりました。


ケアンズ、フィッシング-21032012-4


ケアンズ、フィッシング-21032012-1



雨季の雨は、マングローブの湿地帯での釣りにとっては、大変重要な意味を持っています。

雨季の増水で上流部の氾濫源に広がった川では、雨季明けの太陽光のおかげで、大量に植物プランクトンが発生するようになります。その植物プランクトンを餌にする動物プランクトン、またそれらプランクトンを食べて成長する小魚、そしてさらに・・・・・、といった具合に、雨季の雨は、水中の食物連鎖にとって、大変重要な意味をもっています。

この食物連鎖の頂点に立つのがバラマンディです。

ダーウィン辺りでは、雨季の雨が激しくなればなるほど、その雨季明けのランオフシーズンでは、バラマンディの釣果に恵まれると言われますが、それには、こういった理由があるからです。



おッ、どうやら、フィッシングブログのようなまとめで終えられそうですなァ。



前回から始まった家庭菜園ブログネタを期待している一部読者のために、今日は唐辛子ネタを。


ケアンズ、フィッシング-21032012-3


2個目の唐辛子が色づいてきました。

1個目は、白菜の一夜漬けの薬味として使いましたが、今度は何にしようか、現在、思案中です。

| その他 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は、雨

ケアンズ、フィッシング-16032012



雨にィ~、濡れながァ~らァ~、たたず~む人がいるゥ~。


このフレーズがピンと来る方、アナタは、立派な昭和生まれのオッサンです(オバサンだったら失礼)。


今週の初めから、ようやく、本格的な雨季に突入した感のあるケアンズです。例年より1ヶ月近くも本格的な雨季に入るのが遅れてしまい、雨が降らない分、気温がグングン上昇。100%近い湿気と相まって、連日、うだるような暑さでした。



日本で言えば、春の大潮の時期を向かえ、大潮周りでは潮位差による潮の流れが速くなってしまい、小潮周りで出かけようかと準備を整えていると、決まって雨。おかげで何日もロッドを振らない状態が続いています。

で、これといって予定の立たない日は、ついつい冷蔵庫のビールに手が伸びてしまうという、怠惰な日々を過ごしておりました。

でも、このビールの美味いこと。

栓を開ける前に、ビールを冷蔵庫から冷凍庫へ移し変え、そのとき、グラスも一緒に冷凍庫へ入れて冷やしておきます。そして待つこと20分。一気に喉に流し込む、キンキンに冷えたビールの美味いこと、美味いこと。

今年の夏は、かなりカロリーオーバーになったような。


ケアンズ、フィッシング-16032012-6


おかげで、今年の雨季は、この毛深いハナ姐さんにとっては、気の毒なシーズンでしたが、最近は気温も低くなって、ようやく過ごし易くなったようです。


ケアンズ、フィッシング-16032012-7



ところで、冒頭の写真の花、なんでしょう?

これ、イチゴです。

ビールばかり呑んでいて、非生産的なポジションに甘んじていると、そこから一生這い出せなくなりそうで、以前から、やろう、やろうと言いながら、なかなか腰を上げられなかった、ミニ家庭菜園にチャレンジ。で、完成したのがこれです。


これはバジルとイタリアンパセリ。


ケアンズ、フィッシング-16032012-2


これは、ネギとトウガラシ。


ケアンズ、フィッシング-16032012-3


菜園コーナーは、この3鉢。


ケアンズ、フィッシング-16032012-4


庭の反対側には、花を植えたこの3鉢。


ケアンズ、フィッシング-16032012-5


イタリアンパセリは、生育が遅く、奥方曰く「普通のパセリの方が美味しいわよ。」とのことで、イタリアンパセリはブラシュケッタにして、すでに完食。普通のパセリに植え替えました。

今度、イチゴが生ったら、レポートしますね。



って、これって、いったい、なんなん? 家庭菜園ブログなんかァ?


完全に魚っけのないネタですなァ。今月、25日には、ちょいと遠征の予定なので、それまでは、勘弁しておくんなまし。

| その他 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タックル補充

ケアンズ、フィッシング-06032012


今月末の釣行用にタックルを補充。

久しぶりにタックルショップに出かけましたが、最近、新しいルアーが増えて、なにやら楽しそうな雰囲気でした。

今回は魚種が違うのでグッと我慢しておきましたが、雨季明けのバラマンディーフィッシングでは使ってみたいルアーが増えてました。

ついでに2012年版のケアンズの潮汐表も頂いておきました。

| タックル | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |