2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

渓流へ

ケアンズ、フィッシング-577-3


先日購入したビデオカメラを使ってみたくて、さっそくカメラを持って渓流へ。

このところの晴天で水量も少なく、おまけに今年の雨季で雨が多かったせいか、岸際の岩も抉り取られている場所が多く、去年よりずいぶん歩き易くなったような気がする。

都合4時間ほど、渓流を歩き、ジャングルパーチ、スーティーグランタを8匹程釣り上げる。


ケアンズ、フィッシング-577-1


途中、何気に川岸のゴロタの上を歩いていると、岸際の15センチ程度の深さの場所で、スーティーグランタが30匹程、群れをなしている光景を発見。

産卵だろうと思って、注意深く観察していると、その中に、なにやらうごめく大きな影。

ウナギでした。しかも3匹。

どちらかが産卵していて、もう一方は、その卵を食べていたのだと思うのですが、どっちがどっちなのか、よくわかりませんでした。

水中映像も、もちろん撮って来ました。

用意が出来たら、アップします。


しかし、アブが多いのには参りました。

10分程度でこれですもの。


ケアンズ、フィッシング-577-2



子供の頃、山奥の谷にモリと水中眼鏡を持って、イワナを獲りに出かけたとき、やはり、アブの猛攻を受けていたことを思い出しました。

やっぱ、夏は、川か海っしょ!!
スポンサーサイト

| 魚種:その他 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おもちゃ、買っちまいました

ケアンズ、フィッシング-567


1080pのフルハイビジョン動画の取れるデジタルカメラ。

動画はもちろんのこと、通常の静止画撮影や、設定された秒数毎の定時撮影など、いろんな撮影方法が可能です。

レンズは170度の超広角レンズで、ハウジングは、水深60メートルまでのウォータープルーフ。



この170度の広角レンズを使えば、ゲームボートでマーリンとファイトしているアングラーの後ろから撮影しても、ボートの後部デッキがすべてカバーされます。

4メートル以上ある1000ポンドオーバーのマーリンが水面に横たわっても、デッキ上から、1ショットですから。

今年は、これで、迫力あるファイトシーンをお届けできます。

期待してておくんなまし。

| その他 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

笑顔




ブログともであり、釣友でもある「いわっち」のブログに紹介されていた「環」

この動画は、その「環」のCMです。



なにはともあれ、笑顔が一番です。



その「環」を販売しているサイトはこちら。

三陸に仕事を!プロジェクト

インターネットでの予約販売は、毎月1回、11日だそうです。

以下の店舗でも販売しているようです。

関東地方
・いわて銀河プラザ(東京都中央区銀座)
・SHIPS渋谷店(東京都渋谷区神南)
・SHIPS銀座店(東京都中央区銀座)

関西エリア
・青森・岩手・秋田きた東北発見プラザjengo(ジェンゴ)(大阪市中央区南船場)
・SHIPS京都店(京都府京都市下京区四条通)


オッサンにはミサンガなど、縁のないものですが、とりあえず携帯ストラップ程度には使えそうです。

| その他 | 22:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーミット、ヒンチンブルック島

ケアンズ、フィッシング、ヒンチンブルック島-574-1


ヒンチンブルック島のフィッシングガイド、デイブから、8月の釣果レポートです。

気温が低く、風も強い日が多く、バラマンディは活性が低かったらしいのですが、パーミットには恵まれたようです。

今年、雨季前のハイシーズンも、そろそろ予約が埋まってきています。



ご希望の方は、お早めに御連絡を。


ケアンズ、フィッシング、ヒンチンブルック島-574-2


ケアンズ、フィッシング、ヒンチンブルック島-574-3


ケアンズ、フィッシング、ヒンチンブルック島-574-4

| メソッド:フライフィッシング | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょいとドライブ

ケアンズ、フィッシング-573-4


今日は、11月に予約を頂いているフィッシングツアーの件で、マリーバという田舎町までドライブ。

ちょうど1週間の休暇中で、家で暇を持て余している奥方の「連れてけ!」というたっての希望で、彼女を助手席に乗せて出発。

出発早々、「楽しませろよ!」というリクエストも有り、あれやこれや、プラニングしながらマリーバへ。

このマリーバ、ケアンズから車で1時間、ケアンズの西側に広がる高原、テーブルランドと呼ばれるエリアの玄関口にあたる町です。

最初に立ち寄ったのは Coffee Works。

マリーバは、オーストラリアのアラビカコーヒーの生産量の9割を生産するコーヒーの産地で、この Coffee Works では、地元で取れたコーヒーを楽しむことができるそうで、そのコーヒー使った各種チョコレートも販売しています。(これ、パンフレットの受け売りだす。)


ケアンズ、フィッシング-573-5


この Coffee Works で昼食を済ませた後、ロックワラビーの餌付けで有名なグラナイトゴージへ。

ここは、ケアンズの観光ツアーの定番の一つ、動物探検ツアーで必ず立ち寄るかなりポピュラーなスポットですが、行ったことがないという奥方のリクエストで、餌付けまでしてきました。


ケアンズ、フィッシング-573-3


その後、本来の目的地、マリーバウエットランドの湿原へ。

駐車場から湿原に出る遊歩道の途中で、ブッシュの向こになにやらうごめく大きな影を発見。

しかも3つ。

なんだろうと思いつつ、ゆっくり近づくと、なんとエミュー。

野生のエミュー、初めて見ました。

しかも、かなりでかいし。身長が殆ど同じです。

今までブッシュの中に転がる鶏の卵の10倍以上はある緑色の卵を発見したことはありましたが、親を見るのは初めて。しかも3羽の子連れ。

しかし、愛嬌のない目ですなァ。


ケアンズ、フィッシング-573-2


しばらくエミュー観察をして、目的の湿原へ。

この湿原は付近に生息する野鳥の水場になっていて、湿原の脇には、バードウォッチング用のテラスもあります。宿泊施設もありますが、テント仕様のキャビンで、野鳥のさえずりを聞きながら朝を迎えることのできる、バードウオッチャーにとっては、最高の宿泊施設です。

で、ようやく釣りの話です。(前振りが長すぎ)

こんな山の中の湿原で、何を釣るかというと、サラトガを釣るわけです。

しかし、双眼鏡を首から提げて、いい雰囲気でバードウオッチングを楽しんでいる初老のカップルなんかの目の前で、湿原にボートを浮かべてロッドを振るって言うのは、どうなんでしょう?

ま、そのときは、そのとき、ということで。


ケアンズ、フィッシング-573-1

| 魚種:サラトガ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーリン、ヘビータックルシーズン

ケアンズ、フィッシング-572


9月に入り、いよいよ、ヘビータックルシーズンが始まりました。

各ボートとも、これから始まる2ヶ月間の長期遠征の準備を終えて、リザード島、クックタウン方面に移動を始めました。

まだシーズンインしたばかりですが、12日の大潮前後は、ケアンズの北、リンデンバンク周辺に出船していたボートは、かなりの釣果に恵まれたようです。

そのうちの1船、イオナⅡは3日間の釣行で、1日目、4バイト(900ポンド、800ポンド、400ポンド、100ポンド)、1ランディング(900ポンド、約400キロ)、2日目、1バイト(800ポンド)、3日目、1バイト(500ポンド)、1ランディングと、ハイシーズンと変わらない釣果をあげています。



今年のリザード島トーナメントは、例年より3週間ほど早く、10月1日~8日に開催されます。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 10:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みんなお休み?

ケアンズ、フィッシング-571


今日も、いつものように早起き。(完全にジジイパターンですな)

風もなく、コンディションもよさそうだったので、近所のマリーナへロッドを持って一走り。

満潮の潮止まり前で、ベイトも沸いていて、よさそうな雰囲気だったのですが、いかんせん、マリーナの桟橋から出船するボートの多いこと。

護岸が曳き波に洗われて、釣りどころじゃありません。

今日は、金曜日のはずなのに、なんでこんなにボートが?





マリーナの、ボート牽引車両専用の駐車スペースが満杯で、マリーナに通じる道の両側にまでボート牽引車が駐車してあります。

オーストラリアって、年間の有給休暇が1ヶ月近く取れるのが普通で、日本人のように「オレが職場を長期間離れると会社が回らない。」なんて、気合を入れて仕事をしてる奴なんて、どこにもいません。

それに、病欠も(一般的に)完全消化というのが普通で、1日だけの欠勤なら電話一本でOKです。

「明日、天気がよさそうだし、釣りにでも行こうかな。」なんて思えば、翌日、海の上から、「あ、オレ、今日、病欠だから。」と電話を入れてしまえは済む話です。

週末明けの月曜日に掛かってくる病欠の電話は、その内、70%はズル休みというアンケート調査も、以前テレビで放送してました。



こんな話を聞いて、「人間がダメになる。」と思うか「生活をエンジョイしてる。」と思うか、意見の分かれるところですが、当の本人達は、「オレって、生活をエンジョイしてるぜ!!」と思っているに違いありませんな。


オレもスポイルされそうな?

| その他 | 21:58 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとそこまで

ケアンズ、フィッシング-570


このところ風も強く、雨がちの天候だったのですが、一昨日辺りから天候も回復。

この天候に誘われて、起きぬけに、近所の海岸まで、ロッドを持って朝の散歩。



早く寝て、早く起きる。

完全にジジイのような生活パターンが板についてきました。

しかし、早朝の海岸を散歩するというのは、気持ちのいいモンですなァ。

釣果ですか? 聞かないでおくんなまし。

| 魚種:その他 | 13:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。