2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

明日から6日間、船中泊です

128853073256106.jpg


明日から6日間、グレートバリアリーフにマーリンを追って出撃です。

で、一昨日、モービルブロードバンドコネクターを購入。

これで、グレートバリアリーフでも、インターネット接続可能です。その日の釣果を随時、アップデートしていきますので、お楽しみに。

当初の予定は、ケアンズから空路、クックタウンに飛んで、クックタウンから出撃だったのですが、主戦場が例年より早く南に移ってきてるようで、ケアンズからの出航となりました。

たぶん、夜は、ほとんど、インターネットにアクセス可能なエリアに戻ってくると思います。

だんだん便利になる反面、通常の仕事からどんどん逃げられなくなってきているようで、息苦しさも多少感じていますが、これも、お客様の為ですから!! (ほんとかよ!!)

この書き込み、試験的にモービルブロードバンドコネクターでアクセスしてます。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょいと海へ

PA240089.jpg


今日の午後、ちょいと海まで散歩。

このところ、ようやく乾季の爽やかな風が戻ってきました。

海上は10~15ノットの風で、天気予報では、穏やかな海況が続くようです。天気図を見ても、来週木曜日辺りまで、目立った変化も無く、好天が望めそうです。

月曜から6日間の釣行予定ですが、前半は天気も持ちそうナ。


海、いい感じですなァ。


ちなみに、この写真のすぐ右に、白いビキニのボトムだけ着けたトップレスのお姉さんが、優雅に読書してました。

見たい方、写真を左にドラグして、見てください。







見えるわきャァ、ねえだろ!    でも、お姉さん、いい雰囲気でした。

| その他 | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リザードアイランドトーナメント、終了

F1000011.jpg


7日間に渡るトーナメントが終了しました。

結果は、次の通りです。

1位 バイキングⅡ(キャプテン、ビル・ビルソン)

   900ポンド(1日目)
    80ポンド(1日目)
   300ポンド(1日目)
   900ポンド(2日目)
   150ポンド(3日目)
   250ポンド(5日目)
   100ポンド(5日目)


2位 トップショット(キャプテン、ロス・フィンレイソン)

   100ポンド(2日目)
   650ポンド(2日目)
   300ポンド(3日目)
   700ポンド(4日目)
   200ポンド(4日目)
   900ポンド(6日目)


3位 ケコア(キャプテン、ルーク・ファロン)

   100ポンド(2日目)
   650ポンド(2日目)
   300ポンド(3日目)
   700ポンド(4日目)
   200ポンド(4日目)
   900ポンド(6日目)


ビル・ビルソンの優勝は、今度で5度目です。

たぶん、このトーナメントで最も優勝経験が多いはずですが、どんな釣り方をするのか、一回、ボートに乗ってみたいものです。もっとも、魚を逃がしでもしようものなら、どなられそうな雰囲気のオッサンですが。

2位のトップショットは、トーナメント常連の日本人チームの方でした。3名乗船でしたが、アングラーはお一人でしたので、トーナメント期間中、タギングされた6匹のマーリンは、この方がすべて釣ったもので、トーナメントを通じて、チャンピオンアングラーに選ばれてます。しかも、釣った魚のサイズから判断して、もう1匹釣ってれば、優勝でした。

おめでとうございます。

ちなみに、日本人でチャンピオンアングラーになった方は、この方で2人目です。



前半は、25ノット前後の強風でしたが、後半、多少風が落ち、20ノット前後の風でした。ということは、このまましばらく穏やかな海になって、1週間後くらいから、また時化始めるということ?

なんか、11月1日からの釣行は、荒れた海で過ごす1週間になりそうです。

楽しみだゼ!!  

| 魚種:マーリン(カジキ) | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいおい、またかよ~

PA210086.jpg


今日、なんと3ヶ月ぶりくらいに、「ちょっとそこまで」風でなく、かなり気合を入れて、ランチ持参で釣りに出かけてきました。

万が一、メータークラスのバラマンディーが掛かってもいいように、6月、アカメを釣りに出かけたときに購入したフィッシュグリップに、ダクロンラインで手首に通す紐を取り付け、この前、何の気なしに立ち寄った釣具屋で購入したボディー内に水の入った、今まで見たこともない「Sebile」とかいうブランドのルアーをタックルボックスに入れ、準備万端でベッドへ。

仕事でGTやマーリンを釣りに出てはいるものの、そこはそれ、やはり仕事です。私自身がロッドを振っていたわけでもなく、完全にアシスタントの立場ですから、心の中の「モヤモヤ」は、ますます膨らむばかり。

それに、7月中旬に引越しをして以来、休みの度ごとに、カミさんから用事を仰せつかり、やっと、開放されたのが、今日、そう、今日だったんですワ。


で、何ゆえ、ロッドを振っているはずのこの時間帯に、ブログを更新しているかというと、

雨!!

雨ですよ、雨!!

10月の中旬に雨で釣りが出来ないなんて、聞いたことありませんワ。

夜のうちに降り始めた雨ですが、明日は止むだろうと、根拠の無い希望的観測だけで、釣り道具を総て揃え、朝、6時に起きるために、10時にはベッドイン。

まるで、小学校の頃の遠足前夜です。

が、しかし、朝、起きても雨。

その現実を到底受け入れがたく、雨が降っているにもかかわらず、このまま上げってくれたら、「なんとか釣りは出来るもんねェ~」という、またまた、全く根拠の無い希望的観測だけで、出発!!

で、車を運転して40分ほど。

釣行先の川の上流にかかる橋を通過。

「水は、かなり増えて、濁りも多少あるが、なんとか・・・・。」

で、2つ目の橋を通過。泥にごり。

「さっきの川と、この川の濁りを足して、2つに割るとどうなんだ?」

と、思いつつも、ここまで来てしまっては、行くところまで行かないと、途中で止めてしまっては、何事もよくありません。で、強引に車を進めて、河口へ。



いやァ、雨の中、朝早くのドライブもいいもんですなァ。



やっぱ、雨の日は、こいつと昼寝をするのが、一番です。


PA120067.jpg



11月1日から1週間、船中泊のマーリンフィッシングで出船予定で、来週は、その準備もしなきゃいけないし、なんだか当分、バラマンディーはおあずけですわ。



| 魚種:バラマンディ | 16:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リザードアイランドトーナメント、2日目

PA280036.jpg


トーナメント2日目が終了して、「 KING of LIZARD 」の異名を持つビル・ビルソンがキャプテンを勤めるバイキングⅡがトップです。

それに続いてケコア、カリプソと常連が上位を占めています。

ビル・ビルソンは、確か、過去2回か、3回ほど優勝経験があるはずですが、このところ、上位から遠ざかっていて、久しぶりの上位のように思います。

参加26艇で、1日目13匹、2日目12匹のマーリンがキャッチされています。最大魚は900ポンド(約400キロ)。

2日間で25匹のマーリンがキャッチされているわけですが、その殆どは、リボンリーフ No.10 での釣果です。この、僅か10キロに満たないリーフのすぐ外側に、これだけのマーリンが泳いでいるわけです。

世界中で、グランダーマーリン(450キロ以上のマーリン)に最も近い場所と言われ、世界中からアングラーが集まってくる所以です。

ちなみに、今年のトーナメントのエントリーチームは、オーストラリア、ニュージーランド、日本、中国、アメリカ、イギリス、ロシア、カナダ、スウェーデンとなっています。

中国からのエントリーは初めてのような?


riborn reef No.10

| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リザードアイランドトーナメント、スタート

ORG_Black-Marlin.jpg


今日からリザードアイランドトーナメントがスタートです。

今日は、トーナメントのエントリー艇ではありませんが、ケアンズベースの日帰りトローロングで、今年3匹目となるグランダー(10000ポンド、450キロ以上)も上がってます。

他の2匹のグランダーは、トーナメントの主戦場となるリボンリーフ、ナンバー10での釣果です。

また、詳細がわかりましたら、レポートします。



しかし、ケアンズは今日も雨。

今年は、乾季が無く、雨季のまま、その次のシーズンの雨季に突入しそうな気配です。釣り、行けてません。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NOMAD 3泊4日 ショートトリップ

DSC_01071.jpg


グレートバリアリーフの更に沖合いに浮かぶコーラルシーへのマザーボートトリップを実施しているNOMAD。

今まで、7日間パターンのトリップのみの運行でしたが、来年の3月、5日間のショートトリップをいくつか組んでいます。すでに満席のトリップもありますが、以下の日程のトリップは、まだ空席があります。

場所は、グレートバリアリーフの外縁部。ウイットサンデー諸島のハミルトン島から水上飛行機でのアクセスになります。

ケアンズからハミルトン島までは、毎日、ロスタイム無く国際線から乗り継げるようなスケジュールで定期便も運行されていますので、日本からのアクセスも簡単です。

詳細は、次の通り。


日程: 3月26日~3月30日  4泊5日

料金: A$3,400.00

その他費用: 水上飛行機運賃 A$975.00~A$1,350.00 (フィッシングエリアにより異なります)

暇だし、行ってみようかな?、なんて思ってるそこの「あなた」、連絡くださいませ。
 

IMG_6888.jpg
 
IMG_7306.jpg



しかし、最近、こんな「お知らせ」ばかりで、とんと竿を振ってませんなァ。

釣りに出かけようと思うと、雨が降ってたり、カミさんから庭いぢりの厳命が下ったりで、思うように時間が使えません。

この前なんか、1日、市内のナーセリー(園芸店)をチェックして周り、その翌日から2日間、スコップとシャベル片手に、玄関先に大きなガーデンベッドを造らされました。

ここ2日間、体中が筋肉痛ですわ。

そろそろ、ロッドを振って、筋肉をほぐさないと、体中の筋肉が、「ゴキゴキ」です。

| 魚種:GT | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッカイ発、GTフィッシング

PA010058.jpg


先日、1泊2日で、マッカイという街まで出かけて来ました。

マッカイは、ケアンズから車で海岸線を南下すること、約10時間。この辺りの主要都市の例に漏れず、石炭の積出港として栄えている街です。(今回は、もちろん車でなく飛行機で移動ですが)

実は、このマッカイをベースに4泊5日のスケジュールで、GTフィッシングのリクエストを頂き、その最終調整のため出かけていました。



グレートバリアリーフは全長約2,600キロにも渡る広大なサンゴ礁です。オーストラリア大陸からグレートバリアリーフにアクセスする場合、ケアンズ近郊からアクセスすれば、60キロ程度。ボートでの移動距離は90分程度ですみます。

ところが、それ以外の場所になると、オーストラリア大陸からグレートバリアリーフまでは200キロ近く離れてしまう場所ばかり。特に、このマッカイ近郊のグレートバリアリーフの南端部では、移動距離約200キロ以上、時間にして5、6時間の移動となります。

それだけの移動距離の上に、リーフの外延部の内側にも釣りに適した場所が無数にあるため、リーフの外延部までアクセスするボートは殆ど無く、GTフィッシングとなると、このエリアまでアクセスしているボートは、あのNOMADだけです。

しかし、NOMADの場合、日程が最低7日間で、料金もかなり割高です。

で、このエリアに、なるべく最短で、しかもリーズナブルな料金でアクセスできるようなGTフィッシングツアーを設定しました。

全行程5日間。

初日、最終日は、それぞれ半日の釣りになりますが、中3日間は、終日釣りに充てられます。6日間、7日間のツアーを設定すれば、文字通り、誰もルアーを投げたことのないようなエリアで、GTフィッシングが楽しめます。


mackay.jpg


上の地図で、マッカイから北東の方角がリーフへの最短距離となります。この方向に進んでも、リーフに到着してから、その外延部に抜けるまでに、100キロ近い移動が必要です。ただ、日数が許せば、リーフ沿いに南下して、文字通り、グレートバリアリーフの最南端までアクセスできます。

グレートバリアリーフの南端部のすぐ南側に広がるフレーザー島では、7年ほど前に60キロオーバーのGTもランディングされていて、かなり期待のできるポイントです。


PA010053.jpg


使用するボートは、これ。

キャプテンは、このエリアでフィッシングツアーのオペレーションを15年近く続けているベテランです。以前、日系企業に務めていたこともあって、かなり日本びいきです。

ツアーの詳細は、近日、ホームページにアップします。

| 魚種:GT | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューカレドニア GT

DSCF1775.jpg


ニューカレドニアGTフィッシング、相変わらず好調のようです。

先週末、2泊3日の釣行時、50キロオーバーを2匹ランディングとか。

なかなか人気で予約が取りづらいのですが、ディスカウントトリップ情報、現時点の空席状況、次の通りです。


●ディスカウントトリップ情報

2011年7月15日~9月25日 船中泊トリップ、ロッジ泊トリップ 10%オフ


●船中泊トリップ(4泊5日、3泊4日)空席情報

2011年4月1日~9月25日

2011年10月20日~11月12日

2011年12月5日~22日


●ロッジ泊トリップ(4泊5日、3泊4日)空席情報

2011年1月10日~2月5日

2011年4月1日~9月25日

2011年10月20日~11月12日

2011年12月5日~12月22日


ご希望の方、お早めに御連絡下さい。
 
 
 

| 魚種:GT | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月に雨なんて、ありえ~ん!!

PA020063.jpg


10月だというのに、雨季のような雨です。

ケアンズに住んで17年。こんなこと、初めてです。

「10月は、雨の心配なんて無用ですよ。」というのが、お客さんとの会話の中の常套句ですが、今年に限っては、そんなこと、言ってられません。

冬も、雨がちの天候で、クイーンズランド州の海岸部は、軒並み、記録破りの降水量でした。曇天のため、水温も下がらず、通常なら、22度程度まで下がるのが、今年は、せいぜい24度止まりでした。

ここで、例年のように、雨が降らず、一気に夏に突入すると、気温がうなぎのぼりになることは確実ですが、ここで、少し、足踏み状態です。

海も30ノット近い強風で、セントラルクイーンズランドのマッカイをベースに、5日間のGTフィッシングのチャーターを組んでいたのですが、キャンセルせざるを得ませんでした。



水温が低くならなかった分、バラマンディーは釣果に恵まれているようですが、海のほうは、どういう結果になるのか、いまのところ予想がつきません。

「吉」と出るといいのですが。


PA020062.jpg

| その他 | 20:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |