2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まったりな午後

27-08-10_1653.jpg

昨日辺りから天候が崩れてしまい、時折雨模様のケアンズでした。

今日は、雨が降るほどには崩れませんでしたが、多少、肌寒く、曇りがちな天候。

このところ、明日は出かけようかと思っていると、決まって当日、天候が崩れてしまい、引きこもりというパターンばかり。

思えば、以前は、どんなに雨が降ろうが、そんなことも気にせず、車を走らせたものですが、最近は、そこまで元気がなくなりました。

「いかんなァ~。」と思いながら、気がつけば、近所のビーチにあるパブで、ビール飲んでるし。



「だって、ビール、美味いんだもん。」

「 Worst fishing day is much better than best working day 」ってオージー達は言ってますが、「 Drinking beer is better than worst fishing day 」ってとこですか。

| その他 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプアンバス動画



7月、パプアニューギニアに出かけた青柳氏一行のパプアンバス釣行のひとコマです。

このパプアンバス、サイズは16キロ。

これ以外に同じサイズのパプアンバスが、もう1匹、釣れたようです。

現地の様子が詳しく知りたい方は、青柳氏の Youtube で、他にもいくつか映像がアップされてますので、そちらで確認下さい。

ちなみに、ガイドのジェイソンは、「20キロのパプアンバスを釣るまでは、ガイド業、続けるから」と豪語しておりました。当面の目標とか。

20キロのパプアンバスって、どんな引きをするのやら?

| 魚種:パプアンバス | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝の一振り

P8200002.jpg

今朝、6時起床。

満潮の潮が動き始める辺りで、マリーナ脇の石積みでキャスティング開始。

以前だと、車で20分くらい掛かっていたのが、今度の引っ越し先からは車で5分。あっという間に到着。家の周辺にある木のざわつき具合から、多少波があるかともしれないと思っていたが、着いてみると、夏の凪ぎの様な海。

やっぱ、実際に来てみないとわかりません。

しかし、まだ8月というのに、日差しは強く、凪ぎの具合も真夏の海のようで、ひょっとしたらバラマンディーをゲットできるかも、と淡い期待をよせては見たものの、結局、ノーバイト。

おまけに、ルアーを海底の岩に引っ掛けてしまし、それを回収しようとして膝まで水に浸かったところにジェットスキーが出現。ツルツルすべる岩の上に両足を乗せていたので、とっさに動くこともできず、その引き波をまともにくらい、下半身ずぶ濡れ。

ルアーも外れそうに無く、やむなくラインをカット。

最悪。



使っていたのは、ラパラの新製品、フローティングのエックスラップ。

アカメ用にケアンズで購入したもので、高知で使う機会が無く、今回、初めて使用するが、バラマンディーにはもってこいのアクション。

フローティングとはいうものの、サスペンドに極めて近い状態で、ポーズをすると、超スローで浮き上がります。

で、このルアーをロスト。



8時くらいまでネバリ、結局ノーバイト。

最後に気休めにポッパーを投げてみるが、反応なし。

そのとき、ふと、10メートル程離れた場所で、ロストしたはずのエックスラップ発見。

で、今日の唯一の釣果がこれです。


P8200003.jpg


かなり嬉しい釣果でした。ルアーをロストしてから1時間も粘った甲斐がありました。粘り勝ちですな。




帰路、道の脇にあった新しくできた CATTANA WETLAND という公園をチェック。

池があるというので、釣りができるかと思って公園を歩いてきました。リリーパッドが浮かび、なにやら楽しそうな雰囲気でしたが、遊歩道の途中に、この看板を発見。

「釣り禁止」

ちなみにテラピアは外来魚なので、捕まえたら再放流しないで、という告知板もありました。

バラマンディーやトーマンを放流すると、かなり楽しそうな場所になると思うんですが、無理ですか?


P8200005.jpg


P8200004.jpg

| 魚種:バラマンディ | 19:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨ですか

P8190002.jpg

昨日の夜、翌日、釣りに出かけようと、高知で購入してアカメ用にチューンたルアーを元に戻そうと、久しぶりにタックルボックスを引っ張り出す。

二つともシーバス用のルアーで、パッケージの裏書だけで購入したもので、シャローミノーのフックを交換して、スローシンキング程度にチューンしたもの。

フックの入っているケースから元のフックを探し出し、いったん取り付けては見るものの、やはりバラマンディーやクィーンフィッシュをイメージすると、元のフックが心もとなく、太い針を付け直す。

そして翌朝。



6時に目覚ましをセットして、いつもの通り、目覚ましがなる前に、意識が目を覚ます。

釣りに出かけるときは、たいていこうなのだが、歳のせいという気もしないでもない。

で、外から聞こえてくるいやな音。

雨だ。

乾季というのに、かなり本格的に降っているような音がする。

ベッドの中、完全に覚醒しないままの意識の中で、今日の行動をプラニングするが、眠気の方が勝ってしまい、結局、「寝ちまえ!」という答えにたどり着き、そのまま、また夢の中へ。

完全に目が覚めたときは、すでに8時。

それでも雨。



雨のせいか、気温はかなり高く、お昼前には雨も上がってしまい、どうやら風も止んできそうなので、明日の朝、近くのマリーナにでも出かけてきます。

| 魚種:バラマンディ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘビータックルリール、御帰還

P8150020.jpg

昨年の11月、メインテナンスに出しておいたヘビータックルリール(130ポンドクラス)が帰ってきました。

御帰還まで、半年以上です。

お客様からの預かり物なので、メインテナンスに出している間、何か起こったら大変ですから、その間、確認すること2回。

毎年、マーリンシーズンの10月か11月しか使いませんから、「急がないから」とは伝えておいたものの、半年以上も預けておくと、さすがに心配になります。



今年も、来月からヘビータックルシーズンに突入です。予約もいくつか頂いていますが、最初は9月の下旬。丁度、9月最後の大潮周りですから、期待できそうな。

今年の冬は雨が多かったものの、その分、気温が下がらず、水温も高いまま、ここまで来ています。10年ほど前、こんな暖かな冬の後のシーズンでは、かなりマーリンの釣果がよかったように記憶しています。

今年も、いい釣果が得られればいいんですが。



今まで、雨がちの天候で、暖かなケアンズでしたが、ここに来て、朝夕、グッと冷え込むようになってきました。風もかなり落ちてきて、たぶん、川にでれば、クィーンフィッシュやGTが高確率でゲットできるはずです。

火曜か水曜辺り、久しぶりにロッド、振ってこようかと思ってます。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |