2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーブレスフック

P5270002.jpg



先日の釣行で魚をフッキングしてくれたルアーのフックです。

すべてバーブレス。

いっときはバーブレスフックが声高に叫ばれて、バーブレスフックを使用する人も増えていたように思いますが、最近、バーブレスフックを使用している人をあまり見かけなくなりました。

なんでですかね?

バーブレスに変えて、もうかれこれ10年以上になります。

変えた当初は、魚をバラスと「バーブレスのせい?」なんて考えてましたが、この頃は、バーブの有無は、殆ど問題視しなくなりました。

釣りに関する思考回路から「バーブ」という文字が消えてしまってます。

バーブが有るのと無いのと較べれば、確かにバラす確立は、ごく僅かながらバーブレスフックの方が高いような気がします。

人の体に刺さったフックを外した経験がある人なら、当然と思うはずです。

ただ、バーブレスとバーブ付きのフックを較べたとき、そう極端にバーブレスフックの方がバラシが多いとは思えません。「バラシの多さをテクニックでカバーしろよ!」なんて言う人も居ますが、バーブレスに変えたから、特別テクニックをどうの、といったような明確な理論もあるわけではありませんしね。

強いて言えば、ラインテンションを緩めない程度のことですが、ラインテンションが緩んでいるようなアングラーは、バーブレスの問題を語る以前のお話です。

普通に釣ってても、「そんな変わらないんじゃない?」というのが、私の正直な感想です。

バーブ付きのフックを使ってて、一番厄介なのは、人にフッキングしてしまったときです。自分を釣ってしまうなら、自業自得で笑い話で済みますが、友達や、同船者を釣ってしまったら、笑い話ではすみません。

まして、刺さりどころが悪かったりすると、・・・・。考えただけでもゾッとします。

今まで、刺さり所が悪くて、ボートキャプテンから連絡を受けて、病院に連れて行ったお客さん、けっこういます。頭の上とか、手首の動脈のすぐ脇とか、目のすぐ下とか。

バーブレスが原因で「魚をバラした。」なんて思ったりするのは、最初の半年くらいです。その後は、バーブレスのことなんて、もう忘れてますって。



ちなみに、写真の一番右のルアーは、これです。

P5300019.jpg

たしかヨーズリ(日本ではDUEL)のルアーだったと思いますが、ラパラのシャドラップに瓜二つのルアーです。これからの時季、ケアンズでのバラマンディーフィッシングでは、一番重宝するサイズのルアーです。

あまり気合を入れて、大きなルアーを持ってきても、空振ってしまうだけですからねェ。

スポンサーサイト

| タックル | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釣りって、ホント、ええなァ。

P5260010.jpg



いやあ、昨日は、久しぶりの釣行ながら、ほんと、楽しい思いができましたわ。

メーターオーバークィーンフィシュも、一流し目の10投目くらいでした。

最初のバイトで、あのGT特有の、テールで水面のルアーを叩きつけるような動作が長かったので、てっきり15キロクラスのGTがかかったのかと思ったのですが、寄せてみるとクイーンフィッシュ

フッキング直後、フックが外れて、一瞬、顔面蒼白になってしまいましたが、そこはそれ、長年の経験ってやつですか、蒼くなりながらもルアーアクションを続けたら、数秒後にまたバイトしてくれて、何回かのジャンプもかわしながら、ランディング。

今シーズン初の、メーターオーバークイーンフィッシュです。

実際にメジャーに当ててみたわけではないのですが、今回使ったルアーの写真と較べれば、そのサイズは、一目瞭然。頭だけで、大人の手のひらの1.5倍程度はありますから。

今回活躍したのは、メイドインチャイナのR2S(RIVER TO SEA)というブランドのポッパー。これって、やはり日本製ルアーのパクリです。

やっぱ、中国のパクリの技術を侮ってはいけませんなァ。なんたってi-phoneや松坂牛も、中国ブランドになってしまうくらいですから。


P5270001.jpg


それ以外に、マングローブジャック2匹、バラマンディー1匹をゲット。

2匹目のマングローブジャックは、40センチ弱のグッドサイズでした。

潮がかなり引いて、ストラクチャーがバンクの上に露に横たわってしまい、あまりいいポイントがなかったので、「冬の冷たい水の中で、潮が引いたシャローバンクの濁りの中で、暖かな太陽の日差しを浴びて、ウツラウツラしているバラマンディーをゲットしちまおうゼ!!」戦法で狙った1匹です。

「グン!」とロッドがしなったときは、グッドサイズのバラマンディーかと思いましたもの。


P5260004.jpg

 
P5260006.jpg
 

P5260008.jpg


それ以外は、グッドサイズのフラットヘッドを1匹。これは船べりリリース。

なんたって、いつもランディング用ツールなんて用意したことがないので、すべてハンドランディングです。マゴチって素手でつかんだら大変なことになっちまいます。手のひらが血だらけになること間違い無しですわ。

6月、日本に帰ったら、最近流行のランディンググリップ、買ってこようかと思ってます。



そして、今回、かなり悔しい思いをしたのがトリプルテール(マツダイ)です。

写真では見たことがあって、友人の話でも、「バラマンディーより引きは強いよ。」と聞いていたので、なんとかランディングして写真に収めたかったんですが、・・・・・・。

バラマンディーを狙ってキャスティングしていると、ルアーを追って、ツ、ツ、ツーーッとストラクチャーから出てくる魚がいました。ルアーを追いきれなくて、ストラクチャーに戻っていくのかと思ったら、その場でユラユラ。サイズは50センチ程度でしょうか。

バラにしては長さが短いし、コッドにしては横幅がないし、鱗が剥げているような模様で、一瞬、「ツチホゼリ」かと思いましたが、こんな汽水域にいるわけないし。

で、よくよく観察してみると、体全体を縁取るような大きな背びれ、尾びれ、尻びれ。ピンと来ました。「トリプルテール(マツダイ)」です。

初めての魚です。

で、2投目。

無視。

3投目。

顔の前にルアーを通したにも関わらず、無視。

おいおい、また無視かよ、なんて思っていたら、ルアーが通り過ぎてから猛然とダッシュして、ルアーをパクリ。

で、フッキング。

ところが、10秒ほどやり取りをした後、フックを伸して、水の中へ消えていきました。

かなりがっかりでした。残念。

トリプルテール(マツダイ)ってこんな魚です。やっぱ、いい引き、してますなァ。




| 魚種:バラマンディ | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず、1本

P5260009-1.jpg

本当は、一昨日、出かけるはずが、なんやかやと仕事が入ってしまい、気が付けば、すでに満月がくっきりと浮かんでおりました。

このまま放置しておけば、また1週間ほど潮を待たなければならない状況になるので、すでに大潮周りに入ってしまっているにもかかわらず、本日、午後、決行。



で、1本。



帰宅して、シャワーを浴びて、渇いた喉にビールを流し込む。

ウメーーーーーッ!!

もうこれ以上、頭、使いたくないので、詳細は明日。

| 魚種:その他 | 21:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ、いいんでない?

QUEEN.jpg

もう6月も目の前。

このところ晴天の続くケアンズです。

で、潮の具合は、・・・・・・(チェック!)。

天候は、・・・・・(チェック!)。

風の具合は、・・・・・(チェック!)。



いいんでない? クイーンフィッシュ



本当は、一昨日の出撃予定が、その前日から風邪気味で喉が痛くなってきて、それでも出かけてしまおうかと、タックルボックスを用意していたら、体がダルくなって、当日の朝には、完璧、風邪の症状。

一昨日、昨日と、大人しく自宅待機。引きこもっておりました。

でも、冬の天候って、変わり易いから、いつまでこの晴天が続くかと心配していたのですが、木曜日辺りまで続きそうです。

とりあえず、明日、様子見で、午後半日、出かけてきますワ。

お昼頃、河口からジワジワと川を攻め上がっていけば、どこかで、水面が割れる気がしてます。ハイ。

| 魚種:その他 | 14:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューカレドニア GT その2

new caledonia1


今年、5月から実施しているニューカレドニアでのGTフィッシングトリップの詳細です。

今シーズンから、島の最北端のホテルをベースに、北部に広がるラグーンでの釣行が始まります。写真で見ると解りづらいのですが、このラグーン、南北150キロ、東西60キロという広大なラグーンで、とても1回の釣行で攻めつくせる場所ではありません。

1つは、本島最北端に最も近いロッジをベースに4日間の日帰り釣行トリップ、もう一つは、4泊5日の船中泊トリップです。

ボートは、今まで使用していたセンターコンソールのボートとフィッシングクルーザーを各1隻使用して、ツアー内容に応じて使い分けています。

この海域では、過去に数々の大物もランディングされ、文字通り、GTアングラーにとっては「天国に一番近い島」になるはずです。

以前は、GTフィッシングと言えば、日本人の専売特許のような釣りでしたが、最近は、ヨーロッパ、アメリカ、アジア地域でもGTをメインに釣行をする人が増え、なかなか予約が取りづらいのが現状です。

「俺も、そろそろ、天国に昇天してみよっかなァ~」なんて思ってるGTアングラーの方、その昇天、お手伝いさせて頂きます。

遊んでっておくんなまし。

下の写真は、今月、昇天したアングラーです。(約1名、天国に一番近い島の住人も含まれてますが)


IMG_0386.jpg


GT2.jpg


IMG_0398.jpg

| 魚種:GT | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューカレドニア GT その1

GT.jpg

ニューカレドニアGTフィッシングガイド、デイビッドとルディーから、今シーズンのツアー案内が、最近の釣果写真とともに、送られてきました。

しかし、この2人、いつもいい釣りしてますなァ。

ほんと、羨ましい。

新しいツアーの詳細は、また2、3日内にアップします。

| 魚種:GT | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2010年 フィッシングトーナメント

14052010.jpg

今シーズンのケアンズ近郊でのフィッシングトーナメントのスケジュール、ホームページにアップしました。

詳細は、弊社ホームページ、「ケアンズのマーリンフィッシング」で確認下さい。

リザード島ブラックマーリントーナメントは10月16日~10月23日までの開催です。

興味のある方は、お問い合わせを。



ちなみに、女性だけのトーナメント、リボーントーナメントは12月5日の開催です。

この You Tube 動画は、昨年のリボントーナメントの様子です。

しかし、オージーのオバサン達、とってもパワフルですなァ。とっても太刀打ちできそうにありませんわ。こんな体格で(失礼)、こんな年齢で(ゴメン)、こんな格好で(許して)、ガンガン、荒れた海に出て行きますもの。
 




 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプアンバス用タックル

image7.jpg



このところ、パプアンバスフィッシングに関するお問い合わせをいくつか頂いています。

すでに7月には、4名の方が現地入りする予定ですし、8月、9月と、それぞれお問い合わせを頂いています。




パプアンバスのタックルって、何がお奨めですか?」




よく聞かれる質問です。

で、その回答ですが、正解は、まだありません。

だって、現地のガイドですら、試行錯誤中ですから。

私も、昨年、ニューギニアに出かけたときに、メインターゲットはバラマンディーだったのですが、万が一、パプアンバスが来ても、「これでなんとかできるかも。」と思いながら持ち込んだタックルで、まさに「秒殺」をくらってしまいました。

グーの音も出ませんでした。

そのタックルは、以下のものでした。

メインライン: 50ポンドPE
リーダー: 80ポンドナイロン
リール: コンクエスト350
ロッド: オーストラリア製のバラマンディー用ロッド、5フィート6インチ

このタックルで、フッキング直後、ほんの数秒で30メートル以上走られて、ストラクチャーにメインラインが触れて、ラインブレイクという結果でした。

コンクエスト350の最大ドラグは、確か6.5キロですが、何の役にも立ちませんでした。

この後、いろいろ情報を集めて、たどり着いたのが、この「RYOGA BAY JIGGING」。

最大ドラグ10キロで、最初に発売された「RYOGA」のオリジナルタイプとサイズが同じで、ピン打ちのキャスティングにも十分使えるサイズです。

実物はまだ見たことはありませんが、ピン打ちのできるベイトリールで、10キロドラグなんていうリールは他にありません。

パプアンバスに関しては、リール以外にも、まだまだ工夫が必要な部分はありますが、リールに関しては、この「RYOGA BAY JIGGING」で問題ないように思います。

問題は、ピン打ちのルアーキャストを終日続けながら、パプアンバスがバイトしたとき、マックスドラグにしたPE5号以上のラインでガチンコ勝負に出られるロッドが必要なことです。

ライトジギングロッドの中で、この条件をクリアーできるものが見つかるような気もします。

でも、みなさんの話を聞いていると、各自、各様で、興味のある話ばかりです。

パプアンバスの魅力って、まだまだタックルが確立されていなくて、少ない情報の中から、自分なりの解答を見つけ出さなければならない辺りにもありそうです。

みんな、行く前から、あれやこれや、けっこう、楽しそうですもん。



そういえば、日本の怪魚ハンターのオッサンも、昨日から現地入りしてるはずですが、釣れてるのかどうか?

| 魚種:パプアンバス | 22:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渓流へ

P5060009.jpg


今朝、起きると、久しぶりの快晴。

今日こそは、釣りに出かけようと思い、デスクワークもそこそこに、お昼頃、出かける。

川の河口に行こうか、渓流に入ろうか、悩みながら、机に向かっていたのだが、その間にも、庭のヤシの木が、風でざわついている音が聞こえてきて、かなり風が強いことが解る。

こんな日に、川の河口に行ってもロクなことがないので、渓流に入ることに決めた。最近、運動らしい運動もしていなかったので、足腰を動かしたいのもあった。

で、1時間ほどのドライブの後、車を駐車場に入れて、ブッシュの中に分け入って、川原へ。

「え、水、多くない?」

それもそのはず。雨季が終わったばかりで、昨日まで、断続的に雨が続いていれば、水量が多いのも当たり前。気にはしていたものの、こんなに水量が多いとは思わなかった。

ま、とりあえず行けるところまで、行ってみることにして、ときどきルアーを投げてみるが、全くの無反応。

いつもなら、「ここで最初の1匹。」というポイントでも沈黙。

そして歩き始めて1時間程したところで、普段なら、川の中を横切って渡河する場所が、水量が多くて渡れるような状況でなく、あえなく断念。

結局、魚の姿を見ることもなく、渓流を2時間ほど歩いて、駐車場へ戻る。




ノーフィッシュでしたが、濃い緑の中で、清流の音を聞きながら歩き回るのは、気持ちのいいものです。

車の窓を全開にして、制限時速いっぱいの100キロでサトウキビ畑の中で車を走らせるのも、気持ちのいい季節になってきました。

これで、雨も上がってくれるといいのですが。



P5060002.jpg

  
P5060005.jpg

  
P5060007.jpg

| 魚種:その他 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「 It's "slime" for big feast 」

P5030031.jpg

3週間続いた雨の後で、「スカッッ!!」っと晴れ渡り、これで完全に雨季が明けたと思っていたのもつかの間、その終日後から、はっきりしない天候が続いているケアンズです。

今日は、ゴールデンウィークの真っ最中で、市内にも、けっこうな日本人観光客の数が見受けられますが、雨模様の天候で、海上は20ノット近い強風。

でも、今まで、ゴールデンウィーク中、好天に恵まれたのは、ほんの数回だったような。

そんなケアンズから、最近、恒例となった、「釣りネタ」以外の「釣りブログ」をお届けします。(こんなことしてると、ブリスベンの好青年から、また皮肉じみたコメントが送られて来そうですが)




It's 'slime' for big feast. - why big rain equals big fish -

釣り師流に訳すと、「 荒食いの原因はスライムだった!! -雨季の大雨が、大きな魚を呼ぶ理由- 」ってとこですか。

先週末のローカル紙、ケアンズポストの中のバラマンディーフィッシングに関する記事のタイトルです。

slime って、あのゼリー状の、べとべとした固形物のような、液体のような、あれのことです。この記事の中では、水中の藻類(植物プランクトン)のことですが、これが、大きな魚を集める原因だということです。

雨季、河川が氾濫し、氾濫原が広がっていきますが、その氾濫原にある木や植物の根に付着する藻類が、減水とともに、ビラボーンの底に沈殿し、スライム状になるのですが、それが、雨季の始まりの雨による増水で流れ出し、藻類を餌とする小魚やエビ類を集める集魚装置の役割を果たすとか。

その藻類を食べにやって来るエビや小魚を求めて魚が集まり、最終的に、オーストラリアの汽水域で、食物連鎖の頂点に立つ大型のバラマンディーを集めるそうです。

ノーザンテリトリーのバラマンディーフィッシングで有名な河川、ダリーリバーやマリーリバー、アリゲーターリバーなどは、上流域から下流域まで標高差が少なく、その背後には広大な氾濫原を抱えていて、餌となるエビや小魚の集魚装置を豊富に抱えていることになります。

それだけ、魚の餌も豊富で、大きく育つと言うことです。

これって、簡単に言えば、大きな川のほうが、大きな魚が釣れるってことですよね。

大きく紙面一面を割いて、デカデカと記事にする内容でもないような気もしますし、気合を入れて読む必要もなかったような。

てっきり、雨が降るとでかいバラマンディーが釣れる科学的根拠みないな記事かと思ったんですけどねェ。



ま、雨の日の時間潰しにはなりましたわ。



でも、コレだけは言えます。川の上流部の氾濫原を農地に転換したりすると、自然の集魚装置がなくなって、魚が減ってしまうということです。

ケアンズ近郊のデイントゥリーリバー、ジョンストンリバー、あるいはタリーリバーなどは、中流部の、もともと氾濫原であったであろう辺りは、牧場かサトウキビ畑ばかりになり、その影響は、当然あっただろうと考えられます。

ニューギニア辺りでは、小さな川でも、メーターオーバーバラマンディーが簡単に釣れる事を考えると、ほんと、もったいない話です。

| 魚種:バラマンディ | 21:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。