2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

よく降ります

P1260074.jpg

しかし、よく降ります。

雨。

1月に、ドット雨が降って、今年の雨季は、さぞかし雨が多いだろうと思っていたら、2月になって、さほど強い降りもなく、このまま雨季が明けてしまうのかと思ってました。

ところが、3月の中旬辺りから、また雨が降り始め、ここまで、ほぼ毎日、雨が降り続いています。

近くの小川はこんな状態。泥濁りです。



ケアンズ近郊の川って、雨が降ると、すぐにこういった泥濁りになるのが普通です。原因は、サトウキビ畑に代表される農地開発と、宅地開発だと思っています。

ケアンズでは、御存知の通り、観光業が主な産業ですが、それ以外の主要産業は農業です。

当然、グレートバリアリーフの自然保護というのは声高に叫ばれますが、この土地開発にからむ泥水による海洋汚染の話は全く耳にしません。



ここ数年、特に昨シーズン、冬場に群れで川に入ってくるクィーンフィッシュが少なくなってきたのは、この泥水が原因だと思っています。

以前は、川の底でサスペンドしているクイーンフィッシュの群れがはっきりとボート上から確認できましたが、ここ数年は、冬のクリアーな水はどこへやら、昨シーズンでは、満潮でも濁りが取れず、ボートの上から川の底が確認できるようなクリアーな水に、一度も当たりませんでした。

海岸沿いのハイウェイの海側に住んでいるワラビーも、海岸沿いの宅地開発のおかげで、ハイウエイより山側に移動も出来ず、だんだん住む場所を追われて、最近では、ハイウエイの脇の草むらで、集団で生活している光景を目にします。


やっぱ、人、増えすぎなような。
スポンサーサイト

| その他 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェットスター、航空券半額セール!!

image.gif

オーストラリアと日本を結ぶカンタス航空のLCC(ローコストキャリアー)、ジェットスターが、またまた航空券の格安セールです。

2名で申し込むと1名分が無料になるらしい。

申込期間は3月25日~3月31日まで。

適用期間は、ゴールデンウィークや夏休みの繁忙期を除いた4月14日~9月31日まで。

料金は \72,600~ となってます。

この機会に、オーストラリアに大物を釣りに来ておくんなまし。

詳細は、ジェットスターの日本語ページで確認下さい。

実は、私も、この前、ケアンズ発、関空行きの往復航空券を格安セールで購入したばかりですわ。料金は $400.00 程度でした。日本円で \35,000- 程度です。

無茶安ですなァ。

一昨日は、オークランドをベースに就航しているパシフィックブルーというバージンエアーのLCCが、ケアンズ・オークランド間に、週2便ですが、直行便を就航させたばかりです。これでニュージーランドも、グッと近くなりました。

とりあえず、日本に帰って、高知に遠征して「アカメ」釣り。その後は、ニュージーランドでトラウト?、なんて考えてます。

| その他 | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイクロン「ウルイ」

IDQ650011.gif

サイクロン「ウルイ ULUI」がオーストラリア大陸に接近中です。

1週間前、遠くバヌアツ辺りをうろつき始めた頃は、925ヘクトパスカルで、超大型台風といわれ、カテゴリー5でした。今まで、カテゴリー5なんていう台風、聞いたことがなかったような。

ちなにみ、このカテゴリー5ですが、オーストラリアでは、台風の強さをカテゴリー1、2、3、4、5と、5段階で表示します。カテゴリー5だと、風速200メートル以上の暴風雨です。

当初の予報では、オーストラリア東海岸を上陸することなく南下していくという予報でしたが、それが南下しないまま西進。明日当たり上陸とうことです。

かなり心配してましたが、今では、カテゴリー2まで勢いも衰え、しかも、ケアンズから1000キロ以上も離れたマッカイ辺りに上陸という予報で、まずは、一安心です。

カテゴリー5やカテゴリー4辺りで移動していた頃は、オーストラリアでもかなりの影響があり、荒波の中で行われたライフセービングの大会で死亡事故が起きたり、ケアンズでも大型クルーズ船が運休したりしてましたが、ここにきて勢力も弱まり、接近しているというのに、あまり大きな影響はないようです。

今年は、1月にドット雨が降って以来、2月、3月と例年になく雨が少なかったような印象です。

このまま行けば、例年より早く、3月末には雨季が明けてしまうような気配です。

そろそろ、釣りにで出かけないと、腕が鈍りまくりですわ。

| その他 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ノーザンテリトリー、「RUN OFF」シーズンスタート

021.jpg

オーストラリア北部、ダーウィンのあるノーザンテリトリーで、いよいよバラマンディの「RUN OFF」シーズンがスタートしました。

雨季の雨のピークも過ぎて、氾濫原に広がっていた水も、水位の低下とともに、本流へ押し戻されてきます。それに従つれて、ベイトフィッシュとなる小魚も、本流へ戻ってきます。

上流から下流へ、支流から、支流へ、・・・そして本流へ。河の水が押し戻されて、流れが太くなる度ごとに、ベイトフィッシュの数も増えてきて、バラマンディーの格好の餌場となります。

メーターオーバーのバラマンディを狙うには、この時季のノーザンテリトリーが最もお勧めです。

写真は、ダーウィン在住のバラマンディーガイド、カーツが送ってきてくれた「RUN OFF」バラマンディです。

この「RUN OFF」シーズン、5月上旬までがシーズンです。

メーターオーバーバラマンディを狙ってみたい方、御連絡を。

| 魚種:バラマンディ | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カジキのオカッパリ?



なにげにネットサーフィンを楽しんでいたら、楽しそうなサイトを発見。

カジキのオカッパリです。

シドニー近郊で、オカッパリからカジキが釣れるのは、オーストラリアでは有名な話です。

ジャービスベイという場所ですが、ポイントは断崖直下のテラスで、全装備を背負って、かなり急な崖を下りていななければならないようで、ポイントに到着するまでが、一苦労です。

餌はサバのライブベイトを使います。

餌をその場で釣って、子供用のビニール製のプールに生かして置いておくのが普通で、そんな装備も必要になってきます。

たいていは、その場所でキャンプしながら釣るらしく、キャンプ用具一式と釣具を装備すると、かなりのボリュームになります。

そのいでたちが、これ。

boat barcrusher adams boat 099

ターゲットは、100キロオーバーのマーリンです。日本の磯釣り師とは、やはりスケールが違います。

毎年、ケアンズにやってくるマーリンフィッシングのデッキハンドの中の一人に、「俺のオヤジは、ジャービスベイで、今までに一番大きなマーリンを釣った男だ!!」と自慢気に話していた奴がいました。

彼は、今、西オーストラリアで漁師をしていて、漁のシーズンの終わりに、ケアンズにデッキハンドとして出稼ぎにやってくるのですが、そいつの息子の名前は「マーリン」。

これ、ホントの話です。

coreys new pictueres 098

| 魚種:マーリン(カジキ) | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。