2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リールのメンテナンス

REEL.jpg

前回のヒンチンブルック釣行以来、どうも愛用のABUリールが塩噛みしているようで、釣り始めて最初の10分くらいは、キリキリと妙な音がする。

前回、メンテナンスに出して、ドラグワッシャーなど、必要なパーツをすべて交換してもらったのが、確か1年前くらい。

バスフィッシングと違い、ケアンズでは、殆ど汽水域での釣りになるので、やはり、定期的にメンテナンスをしてやらないと、中に入り込んだ海水が原因で、簡単に塩噛みしてしまう。

ABU以外には、シマノのアンタレス、コンクエストなども使っているが、やはりメンテナンスのことを考えると、ついついABUリールに手が出てしまう。

ドラグ性能や飛距離を考えると、アンタレスやコンクエストに分があるのは、誰でも認めるところだが、近所でバラマンディーを狙う場合は、頻繁にメーターオーバーサイズが釣れるわけでもないし、キャスティングの飛距離も、ボートフィッシングの場合は、せいぜい7、8メートルくらいなので、このABUのリールで十分だと考える。

もう、かれこれ、10年以上は使っているが、クオリティーは購入当時のままで、全く問題なし。

内部の構造もシンプルで、1時間半程度あれば、分解掃除して組み立てられる。

これで完了。

REEL2.jpg

こうなってくると、メンテナンス後のテストをしてみたくなるのが釣り師の性ですな。

明日、どこ行こう。






緊急告知!! ニューギニア、調査釣行メンバー募集!!

メンバーに欠員が生じたため、急遽、メンバーを募ります。費用も破格で提供!!

日程: 5月1日~5月4日 もしくは 5月8日~5月11日

費用: A$2,500.00(通常の半額近い料金です)

詳細: 4日間の内、前後1日は移動と半日フィッシング、中日2日間は終日フィッシング。調査釣行ですので、撃沈する可能性あり。それでも「パプアニューギニアのジャングルに挑みたい!!」と言う方、希望。フィッシングロッジ泊。パプアニューギニアの首都ポートモレスビー集合、解散です。ポートモレスビーまでの交通費、ポートモレスビーでの宿泊は含まれません。御希望の方はお手配いたします。

御希望の方は、こちらの弊社「問い合わせフォーム」にて御連絡下さい。
スポンサーサイト

| タックル | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撃沈、再び




7時半の満潮から後、潮が動き始めた頃合を見計らってスタートできるよう、朝6時にダイシと落ち合う。(日帰り釣行で6時集合となった時点で、かなり気合入れてます。)

途中、ガソリンスタンドに寄ってランチを調達。ふと、周囲の木を見上げると、かなりざわついてます。予報では風は20ノット以上。

風がかなりきつそうで、この時点で、少し萎え気味でした。

そして、7時過ぎにボートを下ろし、河口へ。

ところが、河口付近へ出てみると、風も収まって、写真のようなベタ凪ぎの水面。

「これ、行けるかも?」っと、心密かに期待するものがありました。

そして、マルグレーブリバーとラッセルリバーの合流部から、ラッセルリバーを奥の方へ進みましたが、進むに従って、濁りが強くなっているような。

「こんなに濁ってて、釣れる?」と、かなり不安になってきたものの、ここまで来てしまった以上、引き返す訳にも行かず、とりあえず気合を入れなおし、川の中からスタート。

そこから河口へ釣り下ること2時間。

ノーバイトですわ。

「こりゃ、方針変更か?」、と思い、ダイシと協議の結果、途中を省略して、満潮で潮が澄んでいることを期待して、一気に河口まで下ることに。

そして、最初の数投でGT。

P4230012.jpg

3キロサイズです。

目標のサイズの5分の1以下ですが、ま、釣れないよりはましです。

萎えていた気持ちに、かすかな明かりがさしてきましたが、干潮に近づくにしたがって、濁りがきつくなってくるような?。

この濁りの中で青物を追いかけても釣果は知れてます。

とりあえずGT、クイーンフィッシュには見切りをつけて、バラマンディー狙いに変更です。

そうして3時間。

メーターオーバーのバラ・・・・・・・・・・クーダのチェイスがあったものの、ルアーを壊されたくないので、パス。

結局、ノーバイト。

ここで諦めきれない2人。

上げて来た潮に乗って、何か入ってくることを期待しながら、再度、川の河口へ。

そこで立て続けにGTを3匹追加。

4.jpg

行けるか?、と思っては見たものの、それ以上のバイトもなく撤退。

これでダイシとオレ、前回のヒンチンブルックに続き 撃沈 です。

最近、撃沈っていうフレーズ、あまり抵抗感がなくなったような。


ちなみにダイシはこの2日後、彼女と一緒にまたマルグレーブリバーに出かけ、餌釣り。


そして再び 撃沈!!

ダイシ、3タコです。

| 魚種:GT | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェットスター、航空券、格安セール

image1.gif

成田とケアンズを結ぶ唯一の直行便を運行するジェットスターが、再度、格安航空券の販売を行います。

料金は、成田・ケアンズ往復で、なんと 2万円 !!

燃料サーチャージは5,000円、その他、空港利用税が別途になりますが、3万円以下で購入できそうです。

購入期間は、本日より27日(月曜)12時まで、フライト期間は5月11日~7月14日までです。

詳細は、ジェットスターのサイトで確認下さい。

| その他 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一応、これと、これを釣る予定ですが、・・・・

NOV23_04.jpg
Q2.jpg

先々週、ヒンチンブルック島で撃沈してしまったダイシ。かなりの欲求不満らしく、しつこく電話をしてくる。

今日も「暇ですか?」と電話があり、「午後からなら、たぶん出られるかも。」と生返事をしたものの、どうしても仕事が片付かず、おまけにカミさんから、猫の看病を頼まれて、今日も出撃できず。

そうこうしていると夕方、また電話があり「明日も休みなんですけど。」とのこと。

そうくれば、明日の仕事も今日片づけて、出撃するしかないでしょ。

狙うのは当然、GTとクイーンフィッシュ。

風も20ノットの強風で、河口は時化てるだろうし、潮もあまり芳しくありませんが、その分、風の穏やかな朝の内、7時には出船して、潮の引き始めにGTとクィーンフィッシュを掛けたいと思ってます。

バラマンディーの潮としては申し分ないので、釣り初め3時間程度でGTとクイーンフィッシュを始末して、その後、バラマンディーを始末する予定でいます。

はい、あくまで「予定」です。

| 魚種:GT | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釣りビジョン 「THE FISHERMAN」

top.jpg

「釣りビジョン」より「THE FISHERMAN」のニューカレドニアロケのDVDが送られてきました。

昨年9月に弊社で手配した釣行でした。

アングラーはもちろん鈴木文雄さん。

鈴木さんとは、2002年4月、ダーウィンの北にあるメルビル島へバラマンディーフィッシングの撮影で出かけたときに御一緒させて頂いたのが最初です。それ以降、2003年にケアンズ沖で、2004年にはフレーザー島で、GTフィッシングに同行させて頂きました。

御一緒させて頂いて、いつも感じるのは、氏の巨大魚に対する執念です。

人生の中の多くの時間を巨大魚を釣るために費やし、ロッド、ルアー、ライン、その他のタックルを自身の手で創り、そして自分自身の肉体さえも、そこに向けて行く様は、ある種、ストイックでさえあります。

同じボートに乗船していても、ある種、近づき難いような違和感を覚えることがありました。

でも、今回のニューカレドニアでの氏の様子を見ていると、アレ、と思わせるような内容でした。

今まで私が知っている氏の顔から「厳しさ」がなくなって、釣り人本来の「楽しさ」が見えてくるような顔つきでした。

「巨大魚」の呪縛から解き放たれたような、柔和な顔でした。

釣行後の現地からの連絡でで、35キロクラスが最大魚と聞かされていたので、帰国後、氏と電話で話をしたときに、あまり芳しくない報告でも聞かされるのかと思ってましたが、ほんとうに楽しめた釣行だったと言われて、少し拍子抜けしたのですが、このDVDを観て、なるほどと、思えました。

アングラーとして、円熟期を迎えられたのかも知れません。

今度、御一緒するときは、一緒に釣りを楽しめそうな気がします。

(こんなこと書いているのがバレると、叱られそうですが。)



緊急告知!! ニューギニア、調査釣行メンバー募集!!

メンバーに欠員が生じたため、急遽、メンバーを募ります。費用も破格で提供!!

日程: 5月1日~5月4日 もしくは 5月8日~5月11日

費用: A$2,500.00(通常の半額近い料金です)

詳細: 4日間の内、前後1日は移動と半日フィッシング、中日2日間は終日フィッシング。調査釣行ですので、撃沈する可能性あり。それでも「パプアニューギニアのジャングルに挑みたい!!」と言う方、希望。フィッシングロッジ泊。パプアニューギニアの首都ポートモレスビー集合、解散です。ポートモレスビーまでの交通費、ポートモレスビーでの宿泊は含まれません。御希望の方はお手配いたします。

御希望の方は、こちらの弊社「問い合わせフォーム」にて御連絡下さい。

| 魚種:GT | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒンチンブルック バラマンディー

P4170005.jpg

今回のお客様は滝川様御夫妻

御主人は10年ほど前、ダーウィンへ2度の釣行経験があり、今回は、久しぶりのバラマンディー

奥様は、スピニングタックルを手にとって「これってどうやるんでしたっけ?」という質問が出るほどのかなりの凄腕?です。

が、しか~し、

最初にバラマンディーをフッキングしたのは奥様。

開始早々、数投目の出来事でした。

「え、あ、あ、うそ?、え・・・・×÷□@&*<・・・・」と言っている間に、70センチバラがジャンプし、ルアーが綺麗に弧を描いて飛んでいきました。



ま、当然の結果です。



そこから、俄然、気合が入った御主人、続けざまに50、60サイズをランディング。

その後、ポイントを移動し、ルアーをシャローミノーからサスペンドに交換した奥様。(私が交換させて頂きました。)

水中に沈んで見えなくなってしまったルアーを見て、「魚がルアーに噛み付いたの、どうやって判るんですか?」という質問。



ま、当然の質問です。



そこで、「大丈夫。竿がグングン引かれますから、簡単に釣れたのが判りますよ。」と私が答えた直後、今度は奥様に60バラマンディー

さっきの言葉通り、竿がグングン引かれて、かなりラインを引きずり出されたので、かなりのサイズかと思ったのですが、いかんせん、フッキングした後のことは、全く教えてませんでした。

「ポンピング」なんて教えてる暇もないし、ラインも30ポンドPEだったので、「ハイ、どんどん巻いて、どんどんネ。」とアドバイスして、無事ランディング。

それがこれ。

P4170006.jpg

魚が釣れると、「早くリリースしてあげて。」とか「早く、ルアーを取ってあげて。」というリアクションが常の奥様でしたが、このときは、笑顔でポーズ。



ま、当然のリアクションでしょ。



この岸壁直下のロックポイント、好きです。ここで、御主人と奥様が、仲良く1匹づつランディング。

P4170007.jpg

その後、バラマンディーの当たりはすっかり遠のいて、マングローブジャック、GT、バラクーダに遊んでいただきました。

最初に釣れたバラクーダを見たとき、「あ、これだ、私が想像してたの。」という奥様のお言葉。

なんのことやら尋ねると、今回釣りに来た「バラマンディー」は、奥様の頭の中では「バラクーダ」の姿をしていたそうで、御主人のファーストバラマンディーを目にしたときも「このバラマンディー、かなり太くない?」というリアクションでした。



ま、同じ「バラ」ですから。



P4170008.jpg


P4170004.jpg

このときの潮は、丁度、正午が干潮だったのですが、午後の満潮との潮位差が60センチ程度しかなく、午後、苦戦するかも、と思ってましたが、その通りの結果でした。

今日、2日目は、釣れたのでしょうか?

でっかいバラクーダが釣れてることを祈るばかりです、?。

| 魚種:バラマンディ | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディー 5-3-3

P4170006.jpg

5-3-3

今日のヒンチンブルック島。バラマンディーの釣果です。

5-ストライク、3-フックアップ、3-ランディング。

その他、マングローブジャック、コッド、GT、バラクーダなど。水に濁りがあって、いまいち、本調子じゃありません。

今日は、ヒンチンブルックの南側、ルシンダから出船。お客様はそのまま居残りで、明日は、北側、カードウェルから出船です。

風も次第に治まってくるようで、明日の釣果が楽しみです。

今日の釣果の詳細は、また明日。

しかし、往復500キロのドライブは疲れるわ。

| 魚種:バラマンディ | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また、ヒンチンブルック

P4120016.jpg

明日、またヒンチンブルックに出撃です。

明日から1泊2日の釣行に御参加の方をヒンチンブルックまでお連れする予定なのですが、雨も多少はおさまったものの、コンディションは完全に回復したとは言い切れず、かなり不安のある釣行となりそうです。

前回は、満潮からのスタートだったので、ディープダイバー系からのスタートでした。

初めにチョイスしたのは、下の写真のラパラのバラマグナム。カラーは、真ん中のブルー系からです。満潮で水もかなりクリアーだったので、ここからスタートしたのですが、その後、カラーを変え、サイズを小さく小さくしていき、最後には、上の写真のキラールアーのフラッツラッツ。

後半は、小さなルアーで、ストラクチャーをねちっこく攻めまくる、まるで冬場のような釣りでした。

ほんとタフコンディションでしたわ。

やっと釣りらしいアクションがあったのは、干潮時、深さ30センチ程度の広いバンクの上で、逃げ惑う小エビの周囲にキャストしたポッパーに反応したマングローブジャックだけでした。

P4120015.jpg
P4120017.jpg
P4100011.jpg
 

   
 
緊急告知!! ニューギニア、調査釣行メンバー募集!!

メンバーに欠員が生じたため、急遽、メンバーを募ります。費用も破格で提供!!

日程: 5月1日~5月4日 もしくは 5月8日~5月11日

費用: A$2,500.00(通常の半額近い料金です)

詳細: 4日間の内、前後1日は移動と半日フィッシング、中日2日間は終日フィッシング。調査釣行ですので、撃沈する可能性あり。それでも「パプアニューギニアのジャングルに挑みたい!!」と言う方、希望。フィッシングロッジ泊。パプアニューギニアの首都ポートモレスビー集合、解散です。ポートモレスビーまでの交通費、ポートモレスビーでの宿泊は含まれません。御希望の方はお手配いたします。

御希望の方は、こちらの弊社「問い合わせフォーム」にて御連絡下さい。

| 魚種:バラマンディ | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

緊急告知!! 調査釣行メンバー募集!!

25-3-08 149

Inika 045

巨大パプアンバス、巨大バラマンディーが狙えるパプアニューギニアで、調査釣行メンバー急募!!

メンバーに欠員が生じたため、急遽、メンバーを募ります。

費用も破格で提供!!

日程: 5月1日~5月4日 もしくは 5月8日~5月11日

費用: A$2,500.00(通常の半額近い料金です)

詳細: 4日間の内、前後1日は移動と半日フィッシング、中日2日間は終日フィッシング。調査釣行ですので、撃沈する可能性もあり。それでも「パプアニューギニアのジャングルに挑みたい!!」と言う方、希望。フィッシングロッジ泊。パプアニューギニアの首都ポートモレスビー集合、解散です。ポートモレスビーまでの交通費、ポートモレスビーでの宿泊は含まれません。御希望の方はお手配いたします。

御希望の方は、こちらの弊社「問い合わせフォーム」にて御連絡下さい。

| 魚種:パプアンバス | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヨシコちゃん登場

P4100014.jpg

今回のヒンチンブルックでルアーデビューを飾ることになったヨシコちゃん。

虫除け、日焼け止めのための完全防備を施して登場です。

今まで、瀬戸内でお父さんとの餌つり釣り経験はあるものの、ルアーフィッシングは初めてとのこと。

前日、いろいろとレクチャーを受けたそうで、「リール、どっち使う?」って聞いたら、元気に「スピニングボイト、使います。」といってスピニングリールに手を伸ばしてました。

かなり、いけそうです!?

そして、ボートの支度をしている合間に、ボートランプの脇で、「ちょっと練習で~す。」なんていいながら、2投目で釣り上げたメッキ。

P4100007.jpg

ますます、行けそうです。

このままビギナーズラックで、この日一番の大物までかっさらわれるかと心配しましたが、バラクーダ1匹を追加して終了でした。

ま、私たちも撃沈したわけですから、無理のない結果です。

たぶん、普通のコンディションなら、確実に数匹は釣り上げられるキャスティングのテクニックは、十分あったと思うのですが。



Blogtour



Indextournomad


数々の大物を仕留めてきたあのコーラルシートリップにバジェットコースが登場。今回のコースはGTフィッシングがメインのコースとなります。円高でかなり割安。コースの詳細は、「コーラルシーロングトリップ」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程): 6月5日~11日  6月12日~18日
詳細 : マッカイ(クィーンズランド州東岸、中部)発着、6泊7日



Indextourpng_2


40ポンド(20キロオーバー)のモンスターバラマンディー。淡水魚最強のパワーファイター、パプアンバス。
パプアニューギニアでしか味わえないい醍醐味です。ベストタイドの2トリップをチョイス。コースの詳細は、「ポートモレスビー、バラマンディーとパプアンバス」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程) : 6月28日~7月2日  8月23日~8月27日
詳細 : 4泊5日、到着日、最終日は半日フィッシング、中日3日間の終日フィッシング、ロッジ泊



Indextourmarlin_2


グレートバリアリーフのベストシーズン。トローリングで1000ポンドマーリンを、キャスティングでGTを狙います。マーリンの活性が上がらない午前中は、インリーフでGTメインのキャスティング、午後は、アウターリーフでマーリンを狙います。 メインスポットはケアンズ北部のリボンリーフ周辺。
ツアー日程(現地日程) : 10月28日~31日
詳細 : 船中3泊4日、クックタウン、もしくはリザード島発着



Indextourweipa


ケアンズのあるクィーンズランド州の中でも、最も大物バラマンディーの実績のあるウエイパ。バラマンディー以外にツナ、GT、スレッドフィンサーモンなど、多くの魚種が期待できます。ケアンズ経由でのアクセスになります。コースの詳細は、「ウエイパ、ホテル泊、デイトリップ」のページで確認下さい。

ツアー日程(ケアンズ発着) : 9月19日~22日
詳細 : 3泊4日、ホテル泊、到着日半日、その後3日間の終日フィッシング



Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリックしても申し込めません!! 申し込み、お問合せはこちらから。

| 魚種:バラマンディ | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撃沈

P4100005.jpg

今回のヒンチンブルック、撃沈です。

3日前から降り始めた雨が、そのまま当日まで持ち越し。

しかも、ケアンズを出発した早朝4時は、土砂降りの雨。

前日、電話で現地の様子を確認すると、「明日は多少回復するみたい。」というガイドの話だったのですが、移動途中、携帯にメールが入り、「レーダーで見ると、雨雲が切れる様子もないし、風も25ノットだけど、来る?」という内容。

2時間も走って、ヒンチンブルック島まであと30分の距離だったので、引き返すわけにもいかず、そのまま決行。

到着したころは、いったん雨も上がって、きれいな朝焼けのヒンチンブルックでしたが、朝焼けは、いけません。

また、すぐ雨です。

開始早々、70バラマンディーをボート寸前まで寄せてきてフックアウト。これ、いけるかも?、と思ったのですが、後が続きません。

結局、それ以外にバラマンディーが姿を見せたのは、1回きり。

完敗ですわ。

来週、金曜日にもヒンチンブルックに来る予定なのですが、どうなることやら。

| 魚種:バラマンディ | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竿、売り切れ?

P4090017.jpg

明日のヒンチンブルックに備えて、ロッドを調達に出かけたのですが、

な、な、なんと、売り切れですわ。

2月の下旬、モンヂュランダムにサザンサラトガを釣りに出かけた際、水中のティンバーにルアーを引っ掛けたので、それを外そうと、いつものようにルアーロッドの先端まで巻き寄せて、ロッドごとブルブルと振ったら、

ポキ!!?

今までも、お客さんのこういう光景は幾度となく見ていて、「日本製のロッドは細くて弱いねェ」と、オーストラリアンメイドのロッドの丈夫さには確たる確信を持っていたのですが、それが、いとも簡単にポキ、ですよ。

けっこう気に入ったロッドで、ニューギニアの巨大バラマンディーもこのロッドで釣り上げていたので、同じものを購入しようと思い、出かけたのですが、売り切れでした。

がっかりです。

若干柔らか目のロッドはあるのですが、あまり柔らかいと、バラマンディーの場合、最初の突っ込みで、簡単にストラクチャーに突っ込まれてしまって、何度も悔しい目を見たので、とりあえず買っとこうと思っていたのですが。

ま、弘法は筆を選ばず、と言いますから、なんとかテクニックでカバーしてきますわ。

で、とりあえず購入したのが、このローカルメイドのルアー

2個をチョイスしてレジに持っていったら、3個買えば、3個で24ドルよ、ってオバチャンに言われ、思わずもう一個買ってしまいました。

釣具屋の思う壺だな。

| 魚種:バラマンディ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なんか、変な予感が?

01/04/2009

このところ、3週間ばかり続いていた晴天が、今日から雨に変わりました。

気温も連日30度以上あったのに、今日は28度程度です。

今まで暑かったせいか、28度でも、Tシャツ、短パンでは、なにやら肌寒さまで感じています。

風も20ノットくらい吹いてます。

今日から天候が変わりましたから、今度、ヒンチンブルックに出かける金曜日は、かろうじて天候が回復し始める頃だと思います。

なんか、釣る前からくじけてしまいそうな天候ですわ。

釣れんのかぁ?

| 魚種:バラマンディ | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本製ルアー



今週の金曜日、ヒンチンブルックへ出撃です。

この動画は、ダーウィンの東、アーネムランドというエリアにあるフィッシングロッジに出かけた時のものです。今回、こんなのが釣れればいいのですが。

この天候、このコンディションですから、多少、期待してます。



今日は、ダイシと近所の釣具屋へルアーを物色に。

しかし、最近、日本製のルアーの多いこと。

ダイワ、シマノを筆頭に、マリア、ヨーズリ、ティムコ、ラッキークラフト、スミス、カルティバ、エバーグリーン、エコギアなどなど。

でも、価格は25ドル~30ドル。こんな価格で、オージーが買うのかどうか、はなはだ疑問ですが、かなり長期間ディスプレイしてあるところを見ると、品物が動いているのかも知れません。

ワームでもパッケージの裏に日本語の説明書きのあるバークレイの製品なんかも売っていて、ほんと、オージーのアングラーの日本製神話は、ついに確立された感があります。

私なんか、「ココゾ!」というときのルアーは、殆どオーストラリアメイドなんですけどねェ。それに加えて、最近は日本語の説明書きのある、日本では販売してないメイドインチャイナも加わってます。



Blogtour



Indextournomad


数々の大物を仕留めてきたあのコーラルシートリップにバジェットコースが登場。今回のコースはGTフィッシングがメインのコースとなります。円高でかなり割安。コースの詳細は、「コーラルシーロングトリップ」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程): 6月5日~11日  6月12日~18日
詳細 : マッカイ(クィーンズランド州東岸、中部)発着、6泊7日



Indextourpng_2


40ポンド(20キロオーバー)のモンスターバラマンディー。淡水魚最強のパワーファイター、パプアンバス。
パプアニューギニアでしか味わえないい醍醐味です。ベストタイドの2トリップをチョイス。コースの詳細は、「ポートモレスビー、バラマンディーとパプアンバス」のページでご確認下さい。

ツアー日程(現地日程) : 6月28日~7月2日  8月23日~8月27日
詳細 : 4泊5日、到着日、最終日は半日フィッシング、中日3日間の終日フィッシング、ロッジ泊



Indextourmarlin_2


グレートバリアリーフのベストシーズン。トローリングで1000ポンドマーリンを、キャスティングでGTを狙います。マーリンの活性が上がらない午前中は、インリーフでGTメインのキャスティング、午後は、アウターリーフでマーリンを狙います。 メインスポットはケアンズ北部のリボンリーフ周辺。
ツアー日程(現地日程) : 10月28日~31日
詳細 : 船中3泊4日、クックタウン、もしくはリザード島発着



Indextourweipa


ケアンズのあるクィーンズランド州の中でも、最も大物バラマンディーの実績のあるウエイパ。バラマンディー以外にツナ、GT、スレッドフィンサーモンなど、多くの魚種が期待できます。ケアンズ経由でのアクセスになります。コースの詳細は、「ウエイパ、ホテル泊、デイトリップ」のページで確認下さい。

ツアー日程(ケアンズ発着) : 9月19日~22日
詳細 : 3泊4日、ホテル泊、到着日半日、その後3日間の終日フィッシング



Banner_03_2 <== 「おれも行ってみたい!!」、と思ってる方、ここをクリックしても申し込めません!! 申し込み、お問合せはこちらから。

| 魚種:バラマンディ | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原因はこいつですわ

P3250002.jpg

出撃前夜、「いざ出撃!!」っと思って支度をしていると、突然、猫の雄たけびが。

????

雄たけびを上げたかと思ったら、突然、床に突っ伏して、ゼイゼイやり始めた。

もともと喘息気味の猫なので、あまりたいしたこともないだろうと思っていたら、カミさん曰く「明日、病院に連れてってやってね!!」

「えッ?」



カミさんと猫には逆らえません。出撃を諦めて、獣医のところにつれてってやりましたよ。

お昼くらいには本人(本猫?)、庭でトカゲを追って駆けずり回ってました。 

「なんで?」



そろそろ、本当に、あのロッドが「グン、グン」ってしなる感覚を味わっておかないと、そろそろ、こっちが床に突っ伏しそうなので、ダイシに連絡して、来週金曜日、ヒンチンブルックに出撃することにしました。

「な、いい子だから、今度の木曜は、ゼイゼイやらないでくれよ。」

| 魚種:バラマンディ | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日、出撃!!

P4010003.jpg

明日の朝、これを持って出撃です。

何を狙うかって?

もちろん、メーターオーバーのバラマンディーです。

明日、きれいな日の出写真の掲載があったら、読み飛ばして下さい。

| 魚種:バラマンディ | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。