2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブラックマーリン、1200ポンド

1200ポンドマーリン

先月28日より船中5泊6日で出かけたマーリンフィッシングでのファイトシーンです。

アングラーは小川様。

6年前より、毎年、グランダー、1000ポンド(453キロ)オーバーのマーリンを追い求めて、この時季、ケアンズにお越しになります。

グランダーがフックアップしたのは、今度が3度目です。

最初の年、2003年は、ラインがテールに絡まり、身動きが取れなくなって、2時間半あまりのロングファイトとなり、最後はシャークバイトに遭って、頭だけしか上がってきませんでした。このときは推定1100ポンド。(詳細はこちら

2度目のグランダーは2006年でした。このときは、2つの餌に同時にバイトして、ライン同士が絡まってしまい、あえなくラインブレイク。このときは推定1300ポンドクラスでした。(詳細はこちら

そして、今回が3度目です。

小川様は、グランダーを仕留めれば、ギャフを打って、検量したいとの意向でした。

そして6年目にして、最大のチャンスがやってきたわけです。

当然、その姿を確認して、1200ポンドサイズだとわかれば、クルーはギャフモードに突入です。

ワイヤーマンは経験豊富なデッキハンドのポーリンが当然受け持つことになるわけですが、「ギャフマンは誰?」という疑問が、当然、私の脳裏に湧いてきました。

キャプテンのスコット、そのとき、慌てず騒がず、「お前、やれ!」と、私に直々のご指名でした。

「え、スコット、俺がやるの? スットコドッコイもいい加減にして。」と軽くギャグでかわそうかとも思ったのですが、顔が真剣だったので、キャビン横のデッキに寝かせてあるギャフに手を伸ばしましたよ、ホント。

「正直なところ、俺でイインカイ?」と思いつつ、チャンスを待ってました。

途中、デッキハンドのポーリーンに「ギャフって、この場合、どこに打つの?」と、正直な疑問を投げかけて見たのですが、「背中ならどこでも!!」という、軽い答え。

そこで、動画の最後のシーンになるわけです。

今、動画で見れば、ギャフを打てるチャンスはいっぱいありましたが、何せ、下手にギャフを打って逃がしてでもしたらと思うと、そう簡単に打てませんって。

結局は、ヘッドシェイクでフックがはずれ、ボート上にランディングすることは出来ませんでした。

後でスコットとギャフを掛ける方法をいろいろ確認しましたが、スコット曰く「一番簡単なのは、ギャフを掛けたら、ロープをさっさとクリート(ロープを固定する船具)に結わえて、キャビンの中に逃げ込むのが一番。グランダーなんて、ギャフを掛けたら、暴れまくって、どうなるか、解らんからな。」なんて言いながら、笑ってました。

この話を、後日、友達のフィッシングガイドに話しをしたら、「俺も、最初にグランダーにギャフを掛けるとき、キャプテンから、とりあえず、ライフジャケットを着てからギャフを打てって言われたよ。後で聞いたら、ギャフのポールが体に当たって怪我されると困るからって言われた。」って言ってました。

最初にそれを言ってくれよ。

 

 

 

ここからは、真剣な話です。はい。

今回のファイトは、今までの記憶の中で、最高のファイトでした。

動画の時刻表示でもわかるように、バイトしてからランディングするまでに僅か22分のファイトです。

この22分の間、マーリンはアングラーサイドに、休む間を殆ど与えてくれませんでした。終始、ファイトし続けました。

これまでのサイズになると、ファイト中、どこかで膠着状態が出来るものですが、このマーリンは、終始、我々を翻弄し続けました。

最後、フックを振り切って水中に消えてゆくまでに、2回、ボート間近まで寄せられましたが、その都度、30キロ近い負荷を掛けたリールから、いとも簡単にラインを100メートル以上、引きずり出しています。

そのマーリンに対して、アングラー、キャプテン、その他のクルーが、じわじわと、しかし確実に間合いを詰めてゆきました。最終的には、ランディングした瞬間のヘッドシェイクでフックが口元から外れてしまい、ギャフを掛けるまでに至りませんでした。

アングラーの小川様には失礼かもしれませんが、私自身としては、それでよかったように感じています。

実は、その魚体がボート間近で翻った際、その背中に、すでに3個のタグが打ち込まれているのを確認しています。 この日までに、このマーリンは、3回、生への執着を見せたことになり、この日で4回目のファイトでした。

また、いつか、この海で、この魚と向き合い、生を閉じることが現実のこととなるような気がしています。

 

 

Banner_03_2 <== 「お前には、ギャフマンは無理だ」、と思った方はクリック、クリック!! (一応、私が最初にクリックしておきました。)

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魚を舐めていたようでございます。

2711081

今朝は、夜も開け切らぬうちから、ベッドの中で、悶々とした時間を過ごしておりました。

別に、よからぬ妄想が闇の中を駆け巡っていたわけではございません。 原因は、昨夜のスコールでございます。

ここ数日来、気温が35度近くにもなり、その上、じっとしているだけで、体の中から汗が沁み出てくるような湿気の多い天候でございました。おまけに昨日は、今年2度目の本格的なスコールでございました。

体にまとわりつくようなべっとりとした夏の空気の中で、釣り人が考えることは一つでございます。

そう、「バラマンディー」でございます。

高温、湿気、スコールと、3拍子です。あの精悍な面構え、シルバーブラックに輝くボディーを思い出さないわけがございません。

朝4時に目覚ましを合わせ、9時過ぎにはベッドにもぐりこんでおりました。

そうして向かえた翌朝、4時。

ところが、昨日の気合は、どこへやら。 目覚ましに手を伸ばし、時間を確認したものの、このまま寝入ってしまおうかと思いながら、再び夢の中へ。

意志薄弱とはこのことです。

夢の中と現実とを行きつもどりつしながら、出かけようか、このまま惰眠をむさぼることにしようか、あいまいな意識の中で30分ほど、悶々としていたわけでございます。

最終的にベッドから出ようと意を決したのは、他ならぬ尿意でございました。この生理現象は、誰にも止めることはできません。 釣り人も人の子。釣りに出かける最終的な決断など、所詮、そんなものでございます。

そして、海岸に立つこと、2時間が経過。

水面にベイトフィッシュが浮き、申し分のない雰囲気だったのでございますが、魚からのコンタクトがまったくございませんでした。

波一つない水平線から登る太陽は、それはそれは美しいものでございましたが、朝早くから日の出を眺めに出かけて来た訳ではございません。

2711082

このまま帰ってしまうのも、なんとなく惜しい気がして、別の場所へ向かったのでございます。

別のポイントに到着し、防波堤のロックバー沿いにキャスティングを初めて、10投目くらいでしたでしょうか。 突然、「ゴンッ!!」という当たりと共に、ラインがロックバーに沿って沖へ移動し始めたかと思うまもなく、バラマンディーが、空中に、その魚体を翻したのでございます。

このポイントでは久しぶりのバラマンディーで、ほんと、嬉しゅうございました。サイズは70(ナナマル)程度でございました。

ほとんど勝ち誇ったような気分になり、何度かやり取りをしながら、魚を手元まで引き寄せたのでございます。

そこで、最後の抵抗かと思わせるような突込みがあったのですが、その直後、予期せぬ出来事が起こったのでございました。

フックアウトです。

こちらは、完全にノックアウト状態でございました。(完全にオヤジギャグってます)

茫然自失というのは、あのことを指して言うのでしょうか。

完全に、獲ったつもりでいたのですが、人生も折り返し地点に至るこの歳になって、初めて、人生の厳しさを思い知らされたような気分でございました。

周りには、どなたもいらっしゃいませんでしたので、この気持ちを訴える術もなく、しばらく、自分の不甲斐なさを詰っておりました。

「F・・K」

原因は30ポンドPEでございます。

このところ、大物ばかりを狙った釣りをして参りましたので、初心を忘れておりました。

至近距離での強引な突っ込みで、簡単にフックを外されてしまいました。

家を出る際に、なぜ20ポンドのナイロンラインのロッドを手にしなかったのかと、後悔すること、頻りでございました。

やはり、慢心していたようでございます。

気を取り直して、魚が消えた辺りにルアーをキャストして、2投目だったでしょうか。 今度は、それより一回り大きな魚が、ルアーをチェイスしてまいりました。

80(ハチマル)程度でしたでしょうか。

トゥイッチを細かくして、ルアーを目の前で遊ばせてやると、魚も、我慢ならなかったのでしょう、「パク」っとルアーを咥え込んだのでございます。

先程の落胆が、あまりにも大きかっただけに、心の中はガッツポーズでございました。

所詮、私のテクニックにかかればこんなものと、先程以上に勝ち誇った気分でした。

といころがでございます。

一瞬、ルアーが口の中に消えたのを見届けたのですが、あろうことか、その80(ハチマル)バラマンディー、水中から上目使いにこちらを見つめながら、ペッとルアーを吐き出したのでございます。

「ガッビーーーン!!」

完全に魚に舐められおりました。

また、同じ過ちを繰り返さないために、最初の70(ナナマル)を逃がしてしまった後、ドラグをかなり緩めに設定しておいたのですが、フックにかすりもせず、ものの見事にペッと吐き出されてしまいました。

わたくし、当分、この仕打ちから立ち直れそうにありません。

後には、何事もなかったように静まり返るグレートバリアリーフへと続く海が広がるばかりでした。

2711083

今日は暇だわ。

 

 

Banner_03_2 <== 「単に下手なだけ!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 06:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒンチンブルック島

P

今日は、バスプロの児玉一樹さんとフィッシングライターの大川さんを空港でお出迎えした後、ヒンチンブルック島へ。

今日から24日まで、3泊4日の釣行です。

このお二人、丁度2年前にもヒンチンブルック島へいらしてます。

そのときは、私もそれまでに経験したことのないバラマンディーの爆釣に出くわし、1時間半の間に3人で確か50匹近いバラマンディーを釣り上げたはずです。(詳細はこちら

今日も、10時頃のスタートで、潮が高くなり、早めに切り上げたのが午後5時頃でしたが、15匹程度は釣り上げたのではないでしょうか。

その内、最大魚は70センチ弱でした。

明日から3日間、どんな釣果になるのか楽しみです。

それにしてもヒンチンブルック島はよく釣れます。車で2時半かかり、移動に時間が取られますが、多少は無理しても、出かける価値のあるバラマンディースポットです。

 

 

Banner_03_2 <== 「行きたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

渓流へ(フライって難しいワ)

P2

今日は、先日のフレッシュウォーターフィッシングのリベンジで、再度、渓流へ。

前回は、あまりにも川沿いに人が多かったので、今日は、あまり人の入らない、かなり上流へ遡ることに。

ただ、昨日、今年初めてのスコールらしいスコールがあって、今日の予報も、午後はスコール。

この時期のスコールって、必ず落雷が伴いますから、かなり要注意です。万が一のことも考えて、スコールのやってくる前に戻って来たいと考え、早めに家を出て、ハイウェイを移動し、山の中へ。

今日はフライメインで考えていたのですが、・・・・。

残念ながら、フライでの釣果はありません。

けっこう、簡単に行けるかと思っていたのですが、トラウト用のニンフ・フライには、まったく無反応でした。

ボウズだけは逃れたかったので、ルアーにチェンジして1匹。

P3

このスーティーグランターって、けっこう難しい魚かも?

というのは、ルアーでの釣果のときもそうですが、最初の1投で、その周辺にいる魚は、ワラワラと、ルアーに寄って来て、その内の1匹がフッキングするというパターンなのです。そして、そのときにフッキングさせないと、2投目、3投目と、キャスティングの数が増す毎に、アタックしてくる魚が少なくなり、4投目くらいでは、誰も相手にしなくなります。

そして、殆どの魚が岩陰に隠れて出てこなくなります。

ルアーにフッキングする魚は、大抵、その群の中でも、大きなサイズの魚ばかりで、小さなサイズの魚は、興味を示しますが、バイトしようとはしません。

これって、ルアーは、ベイトと認識しているわけではなく、たぶん、「よそ者」と思われているような。

するってえと、やはり、フライは、小さなニンフよりも、大きなクラウザーミノータイプが効果的ってえことかァ?

今度、試してみよ。

P4

 

 

Banner_03_2 <== 「フライ、今度はいけますよ!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 10:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「元祖、釣れない君」

Cimg01241

10月26日の記事で紹介した「元祖、釣れない君」のジュンちゃんですが、実は、ケアンズ滞在中、デイントゥリーリバーでバラマンディーを釣り上げてました。

サイズは47センチ。

さすがです。

これで、足掛け6年、ケアンズで、やっと悲願のバラマンディーを手にしたことになります。

うれしそうですなァ~。

ジュンちゃんの名誉の為に付け加えておくと、このバラマンディーを釣り上げた翌日、今度は、ケアンズ湾内での餌さ釣りに参加。

なんと、竿頭だったそうです。

その釣果が、これ

Cimg01251

サバフグです。

流石です。

「元祖、釣れない君」から、頭一つ、抜け出た感じですなァ~。

 

 

Banner_03_2 <== 「ジュンちゃんの気持ち、解るわァ。」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 06:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気持ち、イイ!!

Pb1500921

このところ、ケアンズは、日中の最高気温が32℃程度と、暑い毎日が続いています。

今日は、日中の猛暑の中、少しでも涼しく過ごそうと、川に釣りに出かけました。

2週間前は、500キロのカジキを追いかけていたのが、今日は、20センチにも満たないジャングルパーチやスーティーグランターがお相手です。

昨日の夜、「釣りにでも行きませんか?」と、いつものダイシからメールがあり、午前中、汗を掻き掻き、仕事を片づけ、午後から近くの川へ。

ところが、この暑さ。

土曜日の午後ということもあり、いたるところに水着を着た家族連れの姿が。

案の定、ポイントを2箇所、3時間ほどの釣行でしたが、釣果なし。

本格的に遠出して、人気のない上流まで釣り上ればよかったと後悔をしても、後の祭り。

でも、久しぶりに川の水に浸かって、涼んでいると、ほんと、気持ちいい。

子供の頃の原体験がそう思わせるのか、目に入ってくる緑が気持ちを和ませるのか、はたまた、水の冷たさが心地よいのか、理由は定かではありませんが、ほんと、川に浸かって、歩いていると、気持ちが和みます。

今度の休みは、本格的に渓流釣りにでかけてみようかと思ってます。

 

 

Banner_03_2 <== 「ケアンズ、行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

船間様の釣果

U2

U4

先週、11月4日にヘビータックルトローリングにご参加頂いた船間様グループの釣果です。

タグ&リリースのフラッグ、2旗がアウトリガーに翻ってますが、結果は500ポンドと200ポンド、合計2匹でした。

船間様以外の方は、トローリング初挑戦で、この結果です。

そのときの感想は、

「帰港する直前に連続でかかったので、ラッキーだったと思います。理想は全員で経験をしたかったのですが二本とも10分しない程度であがってしまい、交代するタイミングすらなかったです。」

「一本目は500ポンドぐらいと言っていましたが、たいしてラインが出ていかなく、リリース後に何度か確認しても500ポンドといわれましたがあれは何ポンドだったんでしょうか?」

「 次回は700~800ポンドぐらいは釣り上げたいと思います。」

実際のところ、ケアンズのヘビータックルトローリングで使用するタックルは130ポンドタックルです。日本では普通、80ポンドタックルで、130ポンドタックルを使っているは誰もいません。

ケアンズ近海でカジキのトローリングを行う場合、そのターゲットはあくまでグランダー(1000ポンドオーバーのマーリン)です。500ポンド、200ポンドサイズは、この130ポンドタックルに対しては、さほど負荷のかかるサイズではありません。

判りやすく言えば、メーターオーバーのシーバスをターゲットにしたタックルに、フッコサイズのシーバスが釣れた様なものです。

それに長時間のファイトになれば、リリースが難しくなったり、ラインブレイクで魚を逃がしてしまったり、シャークバイトに遭ったりと、いろんな問題が出てきます。

基本的には、どんなに大きなサイズでも、フッキングしてから30分以内にはリリースしたいところです。

トーナメントで経験を積んだキャプテン、クルーは、常にその辺りを念頭において、アングラーのファイトをサポートします。

そういった点では、130ポンドタックルを使って行うトローリングでは、次回目標の「700~800ポンドぐらい」のサイズからが、面白くなるところです。

 

 

これは余談ですが、今年の10月初旬、リザード島でのトーナメントが始まる前に1600ポンドサイズのマーリンもキャッチされています。

1600ポンドですよ、1600ポンド。キロに換算すれば750キロサイズです。

明らかにワールドレコードで、たぶん正式に認定されれば、過去、人間が釣り上げた「魚」のなかで、最も大きな魚になるはず?

ボートに乗り込んでいたクルーは、全員、ギャフを掛けて持ち帰って、正式に検量するつもりでしたが、アングラーの意向でリリースしたそうです。

この類の話は、ケアンズにはいくらでもあって、俺が逃がしたのも「1600ポンドはあった。」とか、「いやいや、俺のは1800ポンドはあった。」とか、クルーの間で交わされる自慢話は、ワールドレコードクラスが、ぞろぞろ出てきます。

それが、1年の内で、わずか3ヶ月、9月~11月までの釣果になるわけですから、世界中のビルフィッシャーがケアンズに集まってくるのも、無理のない話です。

私の今までの経験から言えば、5日間あれば、900ポンドクラスのマーリンは、かなりの確率で釣り上げることができると思います。

 

U5

U1

U3

 

 

Banner_03_2 <== 「俺も、来年こそは!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BARRA BASH (バラ・バッシュ)

Untitled1

ここまで、綺麗に並んでいると、逆に、壮観ですらあります。

ケアンズの西、テーブルランドにあるティナルーダムでのフィッシングトーナメント、「BARRA BASH」。

先週末に開催されましたが、参加者は1200人あまり。

親子で楽しめる内容になっていて、家族連れで参加したグループもかなりいたようです。基本的に「キャッチ & キル」方式でウエイインされるため、その会場には、写真のように、多くのバラマンディーがぶら下げられます。

毎年、毎年、盛況になってきますが、それに伴って、あまり大きなサイズのバラマンディーも上がらなくなってきているのが現状です。

ま、いいんですけどね。

でも、通年を通してアングラーを呼び込むためにも、もっと魚を大切にした方がいいように思います。

毎年、ティナルーダムには、バラマンディーを放流しているわけですから、サイズの上限を設けて、大きなサイズの魚の数を増やすようにするとか、バグリミット(匹数制限)を設けるとかすれば、もっと、釣果に結びつくと思うのですが。

小さな子供も一緒に参加するわけですから、子供達への啓蒙という観点からも、ある程度の保護策を導入すべきだというのが、ケアンズのフィッシングガイド達の意見です。

ちなみに、今年の最大魚は21.8キロ。

このティナルーダムで釣れたバラマンディーの最大魚は、ワールドレコードとしても認定されている37.8キロです。

 

 

Banner_03_2 <== 「ティナルーダムで、ワールドレコードを狙うぞ!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 04:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームボート 「O’Brien」

Img_0632

トローリングをやっていると、近くをすれ違うボートに目がいってしまいますが、やはり綺麗なボートは、かなり気になります。

今回気になったのは、この2艇。

あまり見かけないボートだと思っていたのですが、クックタウンに入港したとき、その内の1艇が丁度入港していて、近くで眺めてましたが、「O’Brien」のボートでした。

もちろんオーストラリアのブランドです。ケアンズの南、タウンズビルに工場があります。

この「O’Brien」のボート、従来のボートだと、あまり曲線が多くなく、どことなく男性的なイメージのするボートだったのですが、最近は、写真のように曲線を多く使用し、女性的な美しい仕上がりになっています。

サイズは共に47フィートです。

こんなボートをチャーターして、優雅に釣りを楽しみたいものです。

Dsc_0089

 

 

Banner_03_2 <== 「このボート、乗ってみた!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| メソッド:トローリング | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーリンフィッシング、チャーター

Pb0400871

今日は、社員旅行でお越しのお客様3名で、ヘビータックルトローリングのチャーターです。

3名の内、1名の方がセールフィッシュを釣った経験があるということでしたが、他の二人の方は、ヘビータックルトローリングは始めての経験です。

前回の私たちの釣行で苦戦していた頃、このボートのキャプテン、ロブは、ケアンズの東側で600ポンドマーリンをキャッチしたとかで、今日も、同じポイントへ向けて出港していきました。

目標はもちろん「グランダー」とか。

「アングラーが疲れたら交代してもいいですか?」という質問を事前にメールで頂きました。

もちろん交代するのは、何ら問題はありませんが、釣りにも、気迫が必要です。絶対に釣ってやろうという気迫がないと釣れる魚も釣れません。

グランダーでも、リーダーラインを掴んでキャッチするまでは、そんなに体力が必要な訳ではありません。初めての方でも、頑張れば、なんとか魚をボート脇まで引き寄せることが可能ですが、それには、気迫が必要です。

これ、私が、初めてメーターオーバーのバラマンディーをフッキングさせて、そのあまりにも大きなサイズに呑まれてしまい、ものの見事に逃がしてしまったときの教訓です。

気力、資金力、少しの体力。

この中で、やっぱ、最後は気力ですわ。

夕方の吉報を待ってます。

 

 

夕方、キャプテンからの報告では、500ポンド、200ポンド、合計2匹の釣果だったそうです。初めてのトローリングでこの釣果です。

こんなに簡単に釣れていいの?

 

 

Banner_03_2 <== 「ほんと、同感」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Much much better than sex

Pa2800361

昨日、5泊6日の船中泊の釣行から帰ってきました。

狙ったのはもちろんグランダー。1000ポンド(450キロ)を越えるビッグマーリンです。

結果は、・・・・・・。

初日、トローリングを開始して、2時間ほど。

いきなり8キロサイズのカツオのスキッピングベイトにバイトがあり、ファイトすること30分。船べりに寄ってきたのは、推定1200ポンド(550キロ)のビッグマーリンでした。

30キロ近いドラグを100メートル近く、何度も引きずり出すパワーは、凄まじいものがありましが、それにも増してすばらしかったのは、アングラーの小川氏のロッドワークでした。

全く危なげなく、30分という短時間で、このビッグママをボートまで引き寄せるテクニックは、脱帽でした。

モンスターを追い込むキャプテンの操船テクニックもすばらしいものでした。

今回の、この30分の高揚感は、今までで最高のものでした。

同船してくれたホステスのキム嬢も、ファイトを終えた後、震える手のひらを見せながら 「 I understand this is much better than sex。」 と言ってました。

ファイトシーンは、ビデオが準備でき次第、You Tube 動画でアップします。

Pa2900401

 

 

Banner_03_2 <== 「動画、見てみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |