2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニューカレドニア、GTフィッシング

Gt66kg1

これ、昨年の3月にニューカレドニアで釣れた66キロのGTです。

以前、ニューカレドニアのGTフィッシングが日本で注目された頃は、とりあえず大型のGTは釣れてましたが、散発な釣果で、いまいち、脚光を浴びませんでした。

ところが、この66キロのGT以来、オーストラリアでは、ニューカレドニアのGTフィッシングが注目を浴びるようになって来ました。

現在、現地でGTフィッシングのガイドを行っているデイビッドとルディーのフランス人兄弟が、ポイント開拓を精力的に行った結果だと思いますが、かなりの高確率で大物が釣れるようになってきました。

オーストラリアから飛行機で僅か3時間の距離ですから、当然オージーのGTアングラーが多く、昨年辺りから、こちらの釣り雑誌でも紹介されるようにようになりました。

最近は、ヨーロッパ人の間でGTフィッシングが盛んになってきているようですが、ニューギニアはもともとフランス領だったこともあって、フランス人も多く訪れているようです。

今回、釣りビジョンからの取材手配依頼があり、弊社で手配させて頂きましたが、その様子は、近々、釣りビジョンで放送される予定です。

ニューカレドニアは20ポンドオーバーのボーンフィッシュが釣れる場所としても、オーストラリアのフライフィッシャーマンの間では、注目を浴びています。

興味のある方は、お問合せ下さい。

Monstergt11

Lelongthomas_0231

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:GT | 10:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディー用ルアー KILLA LURE 「FLATZ RAT2」

P92100631

このルアー、KILLA LURE というメーカーの 「FLATZ RAT2」 というルアーです。

サイズはビルの長さを入れれば9センチ程度。本体だけだと7.5センチ程度です。

やる気のないバラマンディーフィッシングには絶大なる威力を発揮します。

ストラクチャーのすぐ脇にルアーをキャスティングして、トゥイッチ、トゥイッチ。

たった1回のプレゼンテーションで、簡単に諦めてはいけません。

1回目、2回目、3回目。どんどんキャスティングしていきます。それも、これでもか!っというくらい、水面に叩きつけるように強力なキャストをお見舞いします。

そうすると、ストラクチャーの中から、いかにもやる気のなさそうなバラマンディーが、ス、ス~ッと出てきます。

そこで、トゥイッチ、トゥイッチ。

バラマンディーがス、ス~。

これを2回くらい繰り返すと、やる気のないバラマンディーは、ス、ス~ッと再び、ストラクチャーに戻ってゆきます。こんなやる気のないバラマンディーは、色も黒くて、今さっきまで寝てました、みたいな様子で、ほんとやる気が感じられません。

それでもめげずにルアーをキャストします。

このルアー 「フタッツラッツ」 、強めにトゥイッチすると、ククッと目的の深度まで簡単に潜ってくれます。そこでポーズ。そうすると、腰をフリフリ、極々ゆっくりと浮かび始めます。

ストラクチャーから5センチ程度浮いたのを確かめて、またトゥイッチ。

ククッ、ストップ、フリフリ、ククッ、ストップ、フリフリ。

この繰り返しです。

この「フリフリ」の浮力加減が絶妙です。極々小さな浮力でゆっくり浮くのですが、それでもしっかり腰を振ってくれます。

まるで、黒いビキニの似合う色黒の、プロポーション抜群の女の子が、思わせぶりに腰を振りながら前を通り過ぎてゆくような。(これって、完全に個人的な趣味です。ハイ。)

この繰り返しで、ストラクチャーのすぐ脇でねちっこくルアーをアクションさせてやれば、いかにやる気のないバラマンディーでもストラクチャーの影から鼻先を出して、ルアーに興味を示し始めます。

でも、ルアーを追いかけてきません。

それでもルアーをキャスティングしていると、

ククッ、ストップ、フリフリ、ククッ、ストップ、フリフリ、・・・・・バクッ!!

となるわけです。

バラマンディーフィッシングはストーカーのようなねちっこさが必要ですが、このフラッツラッツは、ネチネチアクションには持って来いのルアーです。

ケアンズのたいていの釣具屋で売ってます。値段も12ドル程度とかなりリーズナブルです。

先日のヒンチンブルックでは、3匹程度釣り上げましたが、フックアウトは10匹くらい。このフックアウトの多さは、ルアーのせいではなく、ロッドが原因だったと分析してますからご安心を。

 

 

Banner_03_2 <== 「このルアー、使ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 08:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒンチンブルック島、バラマンディー

21

昨日、ヒンチンブルック島へバラマンディーフィッシングに出かけてきました。

昨年の11月以来のヒンチンブルック釣行ですから、9ヶ月振りということになります。

潮は、昼前が満潮で、バラフィッシングにはあまりよくない潮だったのですが、いつも一緒に出かけるダイシがどうしても、というので、この日に決行。

あまりよくない潮とはいいながら、終わってみればバラマンディーを10匹ほど。

それにも増して下手なのは、バラシも10匹程度。

まだまだ修行が足りません。

それにしても、ほんと、期待を裏切らないヒンチンブルック島です。

詳細は、ホームページの釣行レポート「バラマン爺のちょっと一振り」でご覧いただけます。

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューギニアのパプアンバス、バラマンディ

12_sept_08_0201

またまた、ニューギニアからの釣果報告です。

パプアンバス、32ポンド。

バラマンディ、48ポンド。

実は、この釣行の2週間ほど前、この写真に写っているガイドのジェイソンから 「席が空いてるから遊びに来ない。招待するよ。」なんて夢のようなメールが届いて、大喜び。

喜び勇んで支度をしていた矢先、「ゴメン。席が埋まってしまったのよ。」なんていう悪魔のメール。

「お前、ええ加減にせ~よ!!」

ほんと、こっちは、パプアンバスやバラマンディの大物用に、いろんな策を練って、新しいルアーなんかも購入して、それに手を加え、秘密兵器の準備も万端っていうときだったんだぞ!!

おまけに、その後で、こんな楽しそうな写真も送ってきて。

12_sept_08_0801

悔しいので、写真の顔、入れ替えておきました。

覚えてろよ、ジェイソン!!

ま、世の中、そうそう美味しい話はころがってませんっていう見本みたいな話ですわ。

Image

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

あ、そうそう、来年6月、徒党を組んで乗り込む予定です。ご希望の方はご一報を!!

 

 

| 魚種:パプアンバス | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゲームフィッシングボート

P2

今日、知り合いのゲームボートのキャプテンから電話があって、小型のゲームボートもオペレーションをするから見に来ないかと誘われて、ケアンズのマリーナへ。

そのボートがこれ。

「パイレーツ」というブランドのボート。

36フィートのボートで、キャビンにベッドもあって、船中泊での遠出にも使えそうです。

私がケアンズに来た当時は、36フィートくらいのゲームボートばかりで、チャーター代金も1500ドル程度でしたし、ましてシェアチャーター(乗り合い)なんかだと、確か250ドル程度で乗れたように記憶しています。

おまけに、当時は、1ドル70円程度でしたから、かなりの割安感があったはずです。

今ではボートのサイズも最低でも42フィート、中には50フィート、60フィートというサイズのボートもあって、チャーター料金もそれなりです。

どのキャプテンも、お客さんが減ったと嘆いてますが、それもそのはず、こんな大きなボートを個人でチャーターできるアングラーなんて、そうそういません。

それでも、ケアンズの南、タウンズビルやイニスフェイルでのトーナメントを終えて、来月4日から始まるリザード島でのトーナメントに出艇するための最後の準備でしょうか、普段はゴールドコーストやポートスティーブンスンをベースにしている見慣れないボートも多く、各ボート、クルーが整備に追われてました。

いよいよ、本格的なマーリンシーズンの始まりです。

P1

 

P3

 

P4

 

P6

 

P5

 

P7

 

 

Banner_03_2 <== 「1000ポンドマーリン、釣ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヘビータックルロッド

P91100051

今日は、お客様からお預かりしているヘビータックルロッドの点検です。

今年も5泊6日の船中泊でビッグマーリンを追いかけますが、今日、その手配もようやく終えて、お預かりしているロッドの点検を行いました。

ヘビータックルロッド、4本。

ヘビータックルロッドですから、もちろん130ポンドラインクラスです。ロッドホルダーにセットして大人がぶら下がっても大丈夫ななずです。

これに20~25キロドラグの負荷を掛けて、グランダークラスを相手にすると、かなりしなりますし、そのしなりで、徐々に魚を浮かび上がらせることができます。

これは、ビスケインのロッドです。

このビスケインのロッド1本で、私が購入したフライロッドが4本くらい買えますわ。

P91100061

 

 

Banner_03_2 <== 「1000ポンドマーリン、釣ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 08:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フライロッド

P90700031

ようやく、待ち焦がれていたフライロッドが届きました。

今までも、レンタルロッドやもらいもののロッドでフライフィッシングにチャレンジしてきましたが、今回、本格的にフライフィッシングにのめり込もうかと思ってます。

きっかけは、パプアニューギニアで釣った127センチのバラマンディー。

10年以上も、メーターオーバーのバラマンディーを追いかけてきて、ようやくそれを手にして、「次はどこに行こうか?」といろいろ考えました。

その中で、あれも釣りたい、ここにも行きたいと、いろいろと考えていたのですが、それを全部かなえるには、(たぶん?)人生の半分以上を生きてきたオッサンにとっては、あまりにも時間的な余裕がなさすぎることに、ハタと、思い至った訳です。

「えーッ!、もうこれだけ!」っていう心境でした。

貧乏人のオッサン(俺のこと?)は、ここで、宝くじでも当てて、残りの人生を、釣り三昧で過ごそうかとも思ったのですが、自分の人生で、そうそうラッキーな経験をしたこともなく、ロッドを振れなくなるようなお爺ちゃんになってから宝くじに当たっても、あまり意味がないような気もして。

そして、その答がフライフィッシングでした。

何か、新しいことを初めてみたいという気持ちと、サイズ一辺倒の釣りでなく、そのプロセスをもっと楽しみたいと思ったのが、その理由です。

「悠々として急げ」という開高健の言葉があります。

この言葉の意味が、オッサンになって、少し理解できたように思います。

これから、ちょっと、別の角度から、魚と戯れてみます。

 

 

Banner_03_2 <== 「俺もオッサン、この気持ち、わかるわ~。」、と思ったオッサンはクリック、クリック!!

 

 

| メソッド:フライフィッシング | 08:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーミット 103センチ

Dscf06781

パーミット。

フライフィッシャーマン垂涎のターゲットです。

今年の冬、ケアンズ近郊のマルグレーブリバーの河口で釣れたものです。

サイズは、なんと103センチ。

餌さ釣りでの釣果ですが、ランディングに40分かかったとか。

餌さ釣りですから、ラインはたぶん20ポンド前後です。

パーミットって潮がぶつかるリーフの突端なんかに100匹単位で群れている光景をよく目にしますが、通常は60センチ程度で、1メートルを越える魚体は見たことがありません。

ヒンチンブルック島、ケアンズから北のファーノースクィーンズランドエリアでは、パーミットは冬の魚です。

今年はシーズンも終わりますが、来年、このモンスターパーミット、狙ってみます?

 

 

Banner_03_2 <== 「これ、釣ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 06:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

申し訳ありません

Image

8月29日のページで、9月のニューギニアへのフィッシングツアーの公募をご案内差し上げましたが、昨日、現地から連絡があり、今回のツアーの公募は中止することになりました。

すでにお問合せ頂いた方には、個別に、お詫びのメールを差し上げております。

御検討中の方は、申し訳ありませんが、上記の件、ご了承下さい。

来年6月には、再度、募集ツアーを催行する予定でおりますので、ご興味のある方はご連絡下さい。

 

管理者 

 

| その他 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |