2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の釣果

Dscf05441

今日の釣果はこれ。

89センチ、8キロ弱のフィンガーマーク。

アングラーは土井様。

朝の内は、満潮の潮どまりで、あまり釣果もなく、お昼前から潮が動き始めるて釣れてくるだろうと思っていたのが大きな間違い。

魚探には、魚の影が写っているものの、バイトがあっても食いが浅く、フックアウトばかりで、あやうくボウズと鳴るところでした。

私の釣果ですか?

はっきり申し上げて、「ボウズ」です。

でも、上手い人と釣りをすると、多くのことが判ってきて、ほんと、勉強になります。

やっぱり、私のような下手なアングラーは、最初から大物を狙おうなんて考えないで、なるべくライトタックルで、いろんなロッドアクションを駆使して、ジグを操作しやすいようにした方がいいように感じました。

いやー、ほんと、ジギングって難しいわ。

今日は、ほんと、勉強させて頂きました。

土井さん、ありがとうございました。

また、あさって、土井さんと出撃です。

あ、そうそう。

今日は、魚の活性はかなり低かったのですが、クジラの活性はかなり高く、あっちこっちでジャンプしてました。

Dscf05401

 

 

Banner_03_2 <== 「ケアンズでジグってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

スポンサーサイト

| 魚種:その他 | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジギング

Dscf05381

明日、8月31日と9月2日、お客様に同行してジギングに出かけてきます。

前回、ジギングを本格的にやろうと思ったのは、去年の11月。

カジキのトップシーズンに、カジキのトローリングスポットのど真ん中で、トローリングをいったん中止して、本格的にジギングをやって大物を仕留めようとタックルを用意したのですが、いかんせん、時間がなくて、それを実行できませんでした。

それ以来?

タックルをしまっている棚の奥のほうからジグを探し出して、手ごろなサイズのジグが少ないことを発見。

急遽、釣具屋で補充。

フライ、ルアー、ジギングって、イメージの釣りだと思うのですが、そのイメージを最も必要とするのがジギングです。何せ、1メートルくらいしか上下できないロッドで、100メートル先の20センチ程度のサイズのジグを動かすわけですから、想像力を豊かにして、水中をイメージしないとなかなか釣れないと思うのです。

あまり想像力が豊かでない私のようなアングラーは、そりゃー、苦労します。

だって、ロッドを動かしても、イメージの中では、水中のジグは静止したままなんですから。

ま、とりあえず、明日は食材確保のつもりで頑張ってきます。

明日は丁度満月だし、1週間近く吹いていた強風で海が時化た後、穏やかになった最初の日ですから、釣果はある程度確保できると思ってます。

目標はコーラルトラウトかレッドエンペラー。

 

 

Banner_03_2 <== 「釣れるわけ、ねーだろ!」、と思っている方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然ですが

33

Img_966821_2

えー、突然ですが、パプアンバスとバラマンディーを釣りにパプアニューギニアに出かけます。

狙うサイズは、もちろん、写真のサイズ。

パプアンバス 30ポンド(15キロ)オーバー

バラマンディー 50ポンド(25キロ)オーバー

一緒に行ける方、公募します。

日程は次の通り。

12日 ポートモレスビー発
15日 ポートモレスビー着

「夏休み、取れなかったし。」、とか、「会社辞めて暇だし。」、とか、「お金、余ってるし。」とか、理由はなんでも結構です。

連絡下さい。

連絡先は、このページの右上、メール送信へ、連絡下さい。

 

 

Banner_03_2 <== 「お、行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:パプアンバス | 03:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パプアニューギニア、ウルルン釣行記

P81201311

今月初め、パプアニューギニアにパプアンバス、バラマンディーを狙って釣行された中野様より写真が届きました。

手配中、いろいろとご希望をお聞きしている間に、気がつけば現地の村人宅にホームステイ。

こちらも、「大丈夫かあ?」なんて、少し心配してましたが、結構、楽しんでいらしたようです。

パプアンバスはラインブレイクばかりでものに出来なかったようですが、なんとかバラマンディーは確保。

写真を拝見する限りでは、なんか、楽しそうな雰囲気です。

この釣行の詳細は、中野様のホームページで確認できます。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~TakeCafe/

 

P81201151

 

P81100711

 

 

私事ですが、何故か、9月にまたニューギニアに出かけることになりそうで、なにやら楽しいことになってきました。

オーストラリアは、いよいよ、本格的なフィッシングシーズンに突入だし、なんか、いい感じです。

 

 

Banner_03_2 <== 「お、行ってみたい!!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:パプアンバス | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の釣果

Dscf05152

いや~、参りました。

メーターオーバークィーンフィッシュ?

それって、何?って感じでした。

川の上のほうから順に河口まで攻めて行ったのですが、メッキすら掛かりませんでした。

おまけに満潮前に川の河口まで辿りついたら、波で河口の砂が舞い上がってしまい、かなりの濁り。

こんな状況では、魚も川の中まで入ってきませんって。

しょうがないので、2時間ほどでクィーンフィッシュは諦めて、バンク打ち。それで釣れたのが、写真のマングローブジャックです。

前回同様、お腹の足しにバナナを持参していたのですが、バナナの魔力には罹りませんでした。

使ったルアーは、オーストラリアンメイドのキラールアーというメーカーのルアー。冬のタイトなバラフィッシングには、ストラクチャーをネチッコク攻めることができて、よく使ってます。

冬のバラマンディーはせいぜい60センチ程度ですから、このサイズのルアーで充分行けます。

Dscf05181

下の写真は、ボートランプに最近出来た、タギングされた魚の取扱を案内する看板です。

食べてもいいけど、詳細をレポートするよう案内しています。その内容は、

・タグのナンバー
・釣った場所
・釣った日付
・魚のサイズ(長さ)
・リリースしたか食べたか?
・捕獲者の指名と住所

タギングに関しては、一般アングラーのボランティアやフィッシングガイド、あるいは水産庁なんかが行っていますが、インフォメーションはすべて、水産庁でまとめられ、放流事業などに役立てられます。

「タギング」、「リリース」という行為は、オーストラリアでは、かなり一般的に認知された行為です。

Dscf05121

 

 

Banner_03_2 <== 「かわいそうなやつ」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 06:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

微妙な天候

Dscf05101

今日は、まだ風が残っていて、あまり風もおさまらないかと思っていたのですが、さっき、何気に天気予報をチェックしていたら、明日の風は15ノット。

明後日も15ノット。

そして土曜は、20ノットで、また風が上がってくるらしい。

釣行を週明けにでも持ち越そうかと思っていたら、天気予報だと、明日、明後日しかチャンスがない。

そんなに、天候に合わせて仕事を休んでも居られないので、急遽、明日、出かけることにしました。

ようやくチャイナポップをクィーンフィッシュに試せるときがきました。いつも使うタックルボックスに1サイズ小さめのチャイナポップがあったので、それもフックを交換してメーターオーバークィーンフィッシュ仕様に変更。

コンディションとしてはあまり良くはないのですが、この際、出かけとかないと。(これって釣れないとき用の伏線?)

 

 

Banner_03_2 <== 「そんな簡単に釣れないよ!」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:GT | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来週、水曜か木曜辺り?

Idg000731

この天気図、上から月曜の午前、午後、火曜、水曜、木曜と並んでます。

今朝は、少し冷え込みが強かったように思いますが、明日から次第に風がおさまって、朝夕の冷え込みが一層強くなり、風が次第におさまって来ます。

水曜辺りが今回の凪のピークのはずです。

木曜辺りは、雲も多くなって、風が出てくるはず。

ということは、水曜か、木曜が、多分、今シーズンのメータークィーンフィッシュのラストチャンスだと思います。

とりあえず、最後に釣っとかないと。

知り合いのガイド連中の話だと、今シーズンは、久しぶりにクィーンフィッシュの当たり年だったとか。

記憶では、7年前のシーズンがピークで、それから「爆釣」と言えるようなシーズンがなく、今年まで来ましたが、来年以降も、この調子で続いて欲しいものです。

 

 

Banner_03_2 <== 「オレも釣っとこ」、と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:GT | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

セイルフィッシュ

Ca3a04871

この写真、セイルフィッシュです。

捕まえたのは和歌山で遊魚船の船長をやっている方。

夜、集魚灯を点けてイカ漁をやっていた際、網の中に入り込んだものをネットですくったとか。もちろん、そのままリリースしたそうです。

そのまま、一夜干しにして食べられそうなサイズです。

セイルフィッシュはブラックマーリンやブルーマーリン程、回遊距離は長くなく、今までのオーストラリアの再捕記録でも移動距離はせいぜい150キロ程度ですから、ここでリリースしておけば、後でこの魚を釣るチャンスはありそうです。

ちなみにブラックマーリン、ブルーマーリン、サザンブルーフィンツナ(黒マグロ)などは、太平洋を横断できるほどの回遊記録を持っています。

この写真、釣友、クッキーからです。ありがとう。

 

 

Banner_03_2 <== 「釣ってみたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウエイパ

May_1_imeter_barra_0321

最近、ウエイパでのバラマンディーフィッシングの問合せがあり、フィッシングガイドのジムに連絡したら、いつもの釣果自慢です。

「この前、またメーターオーバーのバラマンディーを釣ったゾ~!!」

なんて言うので、こっちも、

「俺も、ニューギニアで45ポンド、釣ったもんネ~!!」

と切り替えしてやったら、

「今度、ニューギニアに行くときは、インフォメーションくれよ。」って言ってました。

素直なやつです。

いつも、釣果報告では、やられてばかりなので、たまに、こんな話でもしとかないと、こっちも、いちおう、アングラーの端くれですからね。

それにしても、最近のウエイパって、ほんと忙しそうです。

以前は、4月に雨季が明けて、1ヶ月くらいすれば、あまり人も行かなくなって、ガイドは、かなり暇な状況だったのですが、最近は、フライフィッシャーマンがロングテールツナやクィーンフィッシュ、ゴールデントレバリー、はたまたパーミットなどを求めて、冬のウエイパに出かけるようになって、以前と様変わりです。

8月は、少し暇なようですが、9月から本格的なバラマンディーシーズンで、もうかなりの予約があるらしく、10月くらいまで休み無しなんて言ってました。

11月に入れば、まだ少し空きがあるようです。

メーターバラを狙うなら、11月の雨季直前がベストですから、ご希望の方はお早めに。

Plill_barra_0091

Plill_barra_0021

 

 

Banner_03_2 <== 「行ってみたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:バラマンディ | 05:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メーターオーバークィーンフィッシュ

Dscf04731

昨日釣れたクィーンフィッシュの写真です。

バナナの威力は、私には通じません!!。(今回だけ、強気の発言です。)

それにしても、このメタリックで精悍な面がまえ。

カッコイイ。

合計2匹、釣れましたが、当初の予定よりかなりてこずってしまいました。

釣行レポートは、ホームページの以下のページで確認できます。

http://www.fishing-outdoors.net/report.html

「人の釣り自慢なんて読めるか!!」って思ってる方は、パスして頂いて構いません。ハイ。

 

 

Banner_03_2 <== 「あやかりたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 07:49 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナ

Dscf04691

今日、ようやく、クィーンフィッシュを釣りに出かけてきました。

その写真がこれ。

バナナ?

午前中はクィーンフィッシュのチェイスが何度もあったものの、バイトにはいたらず、満潮の潮止まりで、パッタリと姿も見えなくなる。

しょうがないのでランチ。

なにげに持参していたバナナを見て、釣れなかったらバナナのせいにしてやろうと、写真をパチリ。

オーストラリアでは「バナナを釣りに持参すると釣れない」というジンクスがあって、フィッシングガイドなんかは、ボートにバナナを持参するお客さんが居ると、その場で捨てさせるガイドもいます。(もちろん、半分冗談ですが。)

釣果ですか?

バナナ?

 

 

Banner_03_2 <== 「かわいそうなやつ」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| その他 | 09:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つらいわぁ~

Dscf04641

昨日、最後にメールをチェックしたのが夜の10時。

そこに突然、1週間後のニューギニアフィッシングの手配依頼。

無視して釣りに出かけるわけにもいかず、そこからニューギニアのガイド、日本の旅行社にメールを出して、その返信をして。

今日は朝から航空券の手配状況を確認しながらお客さんとメールのやりとり。なんたって、お盆の1週間前ですからね。

そりゃー、飛行機も混んでますって。

 

魚が逃げていく~~!!

いつでも休めるけど、予定通りなかなか休めない中小企業の辛さってやつですか?

タックルが泣いている。

 

 

Banner_03_2 <== 「かわいそうなやつ」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| その他 | 08:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日、遊んできます

Dscf04561

このところのケアンズは、朝夕の冷え込みがかなりきつくなり、電気ストーブを始めて取り出して使っているくらいです。

でも日中になれば、気温も26度くらいまであがり、風も涼しく、ほんとうに乾季らしい好天が続くようになりました。先週の金曜日辺りで天候が崩れるかと思っていたのですが、嬉しい誤算でした。

家のタマも、庭のポーチの上で、ビロロ~ンっと伸びきって、ポカポカ陽気の日の光を浴びてます。

こんな日は、早朝、ケアンズの市内の南側は早朝霧が立ち込めるのですが、こんな天候がクィーンフィッシュを川の中に呼び込むわけですわ。

そこで、ようやく、明日、出動です。

天気図で見る限りだと、この好天、今週末くらいまで続くようで、潮周りがいいのは水曜あたりですが、そうそう都合よく休んでもいられないので、明日、出動することにしました。

予定としては、午前中、潮の高いうちに、クィーンフィッシュやGTをポンポンっと片づけて、午後は、のんびりフライフィッシングでも、なんて思ってます。

でも、ほんと、この辺りで釣っておかないと、いよいよクィーンフィッシュのシーズンも終わりに近づいてますからねェ。

次回17日の大潮の潮周りがラストチャンスだと思いますが、天候が崩れれば、今週辺りが最後になるかも知れません。

Dscf04631

 

 

Banner_03_2 <== 「俺もクィーンフィッシュを釣ってみたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| 魚種:その他 | 11:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。