2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2人の愛を育むリール?

001l1

昨日、次回釣行用に新しいリールを購入しようと思い、サイトでいろいろ検索していたら、面白いリールを発見しました。

ツインハンドルリールです。

シマノからの発売で「アルテグラ、シーリア」の名で販売されています。シマノの専用サイトでも、「家族で、カップルで。2人で回せる海上釣堀専用モデルが、釣りをもっと身近に!」と謳ってます。

カップルで、一つのリールを両側から手にとって、見つめあいながら、仲良く釣りをする光景って、あり?

それとも、釣りキチの青年が、釣りを全くやらない彼女に、「これで一緒に楽しもうよ。」なんていいながら、さりげなくこのツインハンドルのリールを差し出す?

こんなの、ありえませんって。

発想としては、かなり斬新だと思うけど、これ、彼女と一緒に釣りを楽しもうと思って買った人の使用感を聞きたいものです。

誰か、いませんか?

商品レンジには2タイプあって、「マダイ狙いなどに適した3000番のほか、大型青物にも対応する5000番の2タイプ」だそうですが、5000番をつかってカンパチやヒラマサを掛けた場合、2人でロッドを操る光景って、かなり楽しいものになりそうです。

最近、釣りに行ってないからネタがなくって。

スポンサーサイト

| タックル | 10:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エギンガー、バラマンディーに挑戦!

11

先週末、エバーグリーンからの紹介で、和歌山のエギング専門のガイド船のキャプテン、吉崎さんがお越しになりました。

新婚旅行とのことで、あまり釣りに時間が割ける旅程でもなかったようですが、そこは、やはり釣り師、お会いしてみると、大きなバズーカ持参でした。

当日は、テリー・ホールマンにガイドを依頼し、ジョンストンリバーへ。

このところの猛暑で、水温がかなり高く、北のデイントゥリーリバーはあまり釣果が上がらないということで南のジョンストンリバーに決定でした。

当日は、バラマンディーの当りも何回かあったようですが、そこは、エギンガーの性というやつ、大合わせの連続で、フックアップには至りませんでした。

でも、マングローブジャック、スーティーグランタ、ジャングルパーチなど、ある程度の数も釣れて、奥様も楽しまれたようでした。

この夏の暑い時期は、フレッシュウォーターまで一気に遡って、そこで、スティーグランタやジャングルパーチなどで、肩慣らしをしつつ、涼んでから、川の河口でバラマンディー狙いというのが、ボウズの確率も少なく、暑さもしのげていいように思います。

特に今年の1月は、例年より3~4度くらい気温が高いとかで、かなり厳しい釣りになりますので、覚悟して下さい。

吉崎さんは、今度、エバーグリーンのプロテスターとしても活躍されるようで、詳細は、そのサイト「テクニカルエギングサービス 百匹屋」で確認できます。

81

71

61

51

41

31

21

| 魚種:バラマンディ | 04:11 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GTフィッシング、緊急募集

Web10003ty1

P701005911

Aussieday10191

船中泊のコーラルシー(グレートバリアリーフのさらに沖合いにあるリーフ)へのフィッシングトリップを催行しているNOMADから、GTフィッシングトリップの緊急募集のお知らせです。

ショールベイへの1週間の船中泊トリップです。

期間は2月2日~8日までの1週間です。特別価格での募集です。

80フィートのフィッシングクルーザーを母船として18フィートのドーリー、4隻に分乗してのフィッシングです。

ショールウォーターベイはクイーンズランドの中央部、ハミルトン島とロックハンプトンの間にある海岸部で、このトリップはハミルトン島からの出発になります。

このエリアは、海岸部の約400キロに渡るエリアが軍の訓練エリアとして指定され、陸路からのアクセスできません。その上、周辺には港がなく、航続距離の長いボートでしかアクセスできませんから、フィッシングプレッシャーがほとんどないといってもさしつかえありません。

ショールウォーターベイ自体は周辺を島に囲まれた、岩場の点在する湾になっていて、大潮の時には、潮位差が9メートルにも達っします。湾の広さは南北に130キロ、約40の岩場が点在しています。

過去2回の釣行では、50キロオーバーのGTも数匹キャッチされていますし、それ以上のサイズもフッキングしていますが、岩場の地形の為、ランディングが難しく、GTフリークには絶好のロケーションです。

この湾に流れ込む河川の河口では、バラマンディーやスレッドフィンサーモン、フィンガーマーク、クィーンフィッシュなどのライトタックルの対象魚もいて、GTフィッシングの合間にライトタックルフィッシングも楽しめます。

通常、小型のドーリーに2名づつ分乗して釣りを行います。今回2名(ドーリー1隻分)の空席が出来ました。緊急募集です。興味のある方は連絡下さい。

下の地図は、クリックすると拡大されます。具体的な場所は、下の地図で確認して下さい。

Locationmap

その他、このマザーボートを使用したクルーズの詳細は、以下のページから確認できます。

コーラルシー、ロングトリップ

| 魚種:GT | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アブ、ベイトリール

Pic_00071

今日、ABUのリールが修理から帰ってきた。

修理に出したのは、確か11月の上旬だったような?

修理が終わったら電話くれるっていう約束で、1週間くらいと聞いていたのに、その後、何の音沙汰もなく、こっちもすっかり忘れてしまい、2ヶ月が経過。

今日、なんとなしに、釣具屋の近くを車で通りかかったときにフッと思い出して、寄って見た。年取ってくると、覚える量より、忘れる量の方が多くて、ノーテンキ度に磨きがかかってきていると自負してますが、大事なリールの事を思い出して、よかった。

いつも自分でメンテナンスしていたのが、今回ばかりは、何が原因かわからず、お手上げ状態で修理に出したが、原因を確認してみれば、なんのことはない、1個、パーツがだめになっていた。

締めて90ドル。

ベアリングのような、ギアーのような、そんな形をしたパーツ(スプールが逆転しないようにしているやつ?)を交換したとのこと。スプールの逆転が起きてしまい、2回も分解して、直ったと思ったら、またダメで、たぶん、このパーツか?なんて思っていたら、案の定。

ま、手先を動かすのは、脳の衰えをくい止めるって言うし、リールの分解は、結構楽しく、お金も節約できて、一石三鳥っていうやつですか?

一石三鳥って、これでいいよね? 一石三丁じゃないよね?

あ、また健忘症だ。

シマノ製品ってクオリティーは最高だけど、構造が複雑で、メインテナンスのことを考えると、ついつい、このABUのリールに手が出てしまう。そんなことを誰かに言ったら、シマノの高級品は、メインテナンス料金を定期的に払える人が購入する道具ですよって、皮肉交じりに言われたことがある。

ごもっとも。

| タックル | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨季の雨

Pic_00011

お正月が明けてから5日間ほど降り続いていた雨も、昨日、ようやく上がりました。

本格的に雨季入りを思わせるような雨で、釣りモードも一気に萎えてしまいます。橋の上から、ケアンズインレット(湾内の汽水域)の流れを見ても、泥濁りで、忙しい正月が明けたら、どこかに釣りに出かけようと思っていたのに、まったく意気消沈です。

この正月明けの雨ですが、雨不足でかなりの被害が出ていたニューサウスウエールズ州の北部では、大雨による洪水で、かなりの被害が出ています。

ちょうど、マーレイコッドフィッシングの問合せがあって、洪水の被害の出ていたエリア近郊に住むガイドに電話をしたのですが、そこは、雨は多かったものの、洪水のような大きな被害はなかったようです。

とりあえず、一安心。

| その他 | 09:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年、初バラ

Fishing_photos_0601

昨日、GTフィッシングにご参加頂いたイシカワ様、ナカムラ様ですが、今日は、バラフィッシングでした。

写真のバラマンディーは、イシカワ様の初バラマンディーです。サイズは70くらいでしょうか。

本日、ガイドしてくれたティムの話では、けっこうバイトもあって、活性が高かったようです。このバラ、ケアンズ湾の外側、フォールスケープ手前の岩場だと思います。

この場所は、この雨季の時期、大物の狙える場所です。

今日の最高気温は35℃でした。

| 魚種:バラマンディ | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008年、初回の釣行、「GTフィッシング」

Pic_00031

2008年、最初の釣行は、滋賀からお越しのイシカワ様、ナカムラ様のGTフィッシングでした。

GT、初挑戦のお二人、朝、ホテルでお会いしたときは、バスフィッシングの経験はあるとかで、一応、一安心でした。

朝、とりあえずリーフまで走ってみると、あまり水も濁っていず、これならいけるだろうと思っていたのですが、肝心の干潮から満潮にかけて、潮が、ほとんど走らず、おまけに、干潮の際、濁った水が溜まってしまい、かなり苦戦を強いられました。

釣果は、結局、2バイト、1フィッシュ。

サイズは25キロといったところでしょうか。

ま、GT初挑戦です25キロですから、こんなもんでしょ。

やはり、年が明けて、水温もピークになると、かなり水が濁ってきて、クリアーな水を探すところから始めなければならないので、この時期のGTは大変です。

おまけに暑い!!!。今日の最高気温は34度でした。

Pic_00051

GTフィッシングの経験のない方で、チャレンジしてみたい方、詳細は、こちらです。

| 魚種:GT | 09:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けまして、おめでとうございます

New_year_card

皆様、明けましておめでとうございます。

今年1年、皆様にとって、いい年でありますように。

今日、ケアンズの元旦は、少し気温も下がって、心地良いお正月の朝を迎えました。

明日が、今年最初のフィッシングです。GTフィッシングに出かけます。快調なスタートを切りたいところですが、このところの雨で、濁りが心配です。

明日また、レポートします。

| その他 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。