2006年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリスベン、デカバラ釣行記、アップしました

12月中旬に出かけたブリスベン近郊のデカバラポンドの釣行記、アップしました。

興味のある方は、覗いてみてください。

http://www.fishing-outdoors.net/rpt122006.html

スポンサーサイト

| 魚種:バラマンディ | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カンちゃんのバラマンディー

Dsc00001

この写真、6月に続いて、11月にも来てくれた神成君のバラマンディーです。

全部で6日間の釣行で、最初の2日がヒンチンブルック島、後半4日間がケアンズインレット(湾内)、デイントゥリーリバー、マルグレーブリバーと、6日間のスケジュールを目いっぱい使って、バラフィッシングを楽しんでくれました。

最初のヒンチンブルック島では、8マルサイズのバラをランディング寸前で、フックが伸びて逃がしてしまい、そのすぐ後でも、7マルサイズがフックオフ。

写真のバラマンディーは9マルサイズでしたが、これはマルグレーブリバーで、トローリングで釣れたものです。といいつつ、実は、これ、ガイドのキーランが掛けたものですが、カンちゃんの嬉しそうな顔が印象的です。

実は、今月中旬に日帰りでヒンチンブルックまで出かけようかと思ったのですが、仕事が入ってしまって断念しました。

今年の打ち止めをいつにしようか思案中です。明日の朝にでも出かけてこようかな。

| 魚種:バラマンディ | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーリンフィッシング

F1000010

11月に5泊6日で出かけたマーリンフィッシングの釣行記をホームページにアップしました。

ホームページのトップページ、「スペシャルトリップ」に入れておきました。確認したい方は、以下のアドレスです。

http://www.fishing-outdoors.net/sp-rpt112006.html

| 魚種:マーリン(カジキ) | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒンチンブルック島バラフィッシング

1

5_1 

3

2

一昨日、ワーキングホリデーで滞在中のダイシとツヨシがヒンチンブルック島へ出かけました。彼らは、今まで、ダイビングのインストラクターになるために日夜勉学に励んで?、晴れて、インストラクター試験に合格しました。

今回の釣行は、そのご褒美です。

ダイシはねっからのバスフィッシャーマンで、私と何度か釣りに出かけていましたが、バラに限っては、いまだ釣り上げたことがありません。ツヨシも何度か釣りに出かけていますが、経験もなく、これもボウズ。

そこで、ベストタイドを選んで、彼らをヒンチンブルックに送り込みました。

結果は、写真の通りです。全部で15匹程のバラを釣ったとか。ツヨシにとっても初バラゲットです。それにしても今年のヒンチンブルックは好調です。やっぱ、ヒンチンブルックは、ベストタイドを選んで釣行を組めれば、かなりの数の釣果が得られるところです。ケアンズ周辺で2日間、バラフィッシングをするなら、やっぱりヒンチンブルック島がお勧めです。

| 魚種:バラマンディ | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪華フィッシングクルーザー

Pic_0001

Pic_0002

このフィッシングクルーザー、ニュージーランド船籍で「ULTIMATE」というボートです。建造されたばかりのころ、こちらの釣り雑誌の付録にDVDが付いていたのですが、このボートのプロモーション用DVDでした。

こんなでかいボートのどこで魚とファイトするのだろうと思いますが、船尾中央部にはファンティングチェアーもあって、船尾両舷は一段低くなっていて、身を乗り出せば、普通のボートと同じように、直接魚に触れられるようになっています。

船尾の両サイド、水中には、水中カメラも設置されていて、トローリング中に魚がバイトしてくると、それを水中映像で確認することができます。 アングラーは、炎天下、ファイィングチェアーに座って、目を凝らしながら魚を待っている必要がなく、ラウンジでソファーに横になって、大型テレビに映し出される水中映像を眺めながら、魚が、そのテレビに映し出されるのを見ていればいいわけです。

同じ映像は、ホイールハウスにあるポータブルテレビにも映し出されますから、キャプテンもクルーに的確な指示を与えることができます。

最近はゲームボートも大型化して、こんな豪勢なゲームボートも珍しくありません。

 

 

Banner_03_2 <== 「こんなボートで釣りしたい!!」と思った方はクリック、クリック!!

 

 

| メソッド:トローリング | 01:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブリスベンから戻りました

P1010008_2

P1010010

夕方、6時ごろ、ブリスベンから戻りました。

今回のお客様は、西田さん、伽藍さんのお二人。お二人とも生粋のライギョフィッシャーマンで、今回もリリーパッドの中に潜むバラをライギョタックルで狙いたいというリクエストでした。

それにしても、釣れれば80センチ、90センチクラスのバラばかりで、おまけに池の水深が浅いのでファイト中のジャンプも頻繁にあって、かなり楽しめるフィッシングスポットです。

詳細は、また後程、ホームページの釣行記にて。 

| 魚種:バラマンディ | 10:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カズさんのマーレイコッド

Img_10851

リピーターのお客様、カズさんから最近のマーレイコッド釣行の写真が送られてきました。カズさんは、最近、釣り雑誌「ロッドアンドリール」でも、南米アマゾンの釣行記を連載で掲載されていた方ですから、ご存知の方もあるかもしれません。

今年の2月には、ブリスベン近郊の野池に、デカバラを狙いに出かけ、見事、メーターオーバーも釣り上げたお客様です。

夏には、確かカザフスタンオオナマズも釣りに出かけられていたようで、最近の趣向がナマズ方面に向いているような?

私も明日から、再度、別のお客様と、ブリスベンにデカバラ狙いのツアーに出かけてきます。戻りは土曜日です。

釣果報告をお楽しみに。

| 魚種:マーレーコッド | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ティナルーダムのモンスターバラ

Customer_2_1

Denis_charter_009

ティナルーダムでフィッシングガイドをしているイアンからバラの写真が送られてきました。

彼はもともとフライフィッシャーマンで、先月、釣りに出かけたときも、2日前に40ポンドバラをフライで釣り上げたと言って写真を見せてくれました。

毎年11月にはトーナメントも行われるのですが、主催者側の、「放流した魚の生育状況を調べるため」、という名目で、すべてキャッチ&キルで検量しています。このキャッチ&キルですが、最近かなり非難も出てきていて、翌日の新聞にも、この件がかなりの紙面で報道されてました。

こんな魚が釣れるのを期待してみんな出かけるわけですから、やっぱりキャッチアンドリリースで、いつでも釣りが楽しめる環境を作っておいたほうが、釣り人もハッピーだし、ティナルーダム周辺の人たちも潤うように思うのですが。

| 魚種:バラマンディ | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

児玉 一樹プロ

先月16日、バスプロの児玉一樹さんとヒンチンブルック島へ出かけた際の釣行が、メガバスのホームページで紹介されています。以下のぺージで確認できます。

http://www.megabass.co.jp/topics_detail.php?keyid=485

http://www.megabass.co.jp/topics_detail.php?keyid=489

興味のある方は、どうぞ。

今回の釣行はロッドアンドリール1月号でも紹介されるとのことです。お楽しみに。

| 魚種:バラマンディ | 10:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。