2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

価値ある1匹

P10100091

P10100031_1

今日は、1日ルアーフィッシングで、8歳の慎一郎君とその友達、エイデンと一緒にマルグレーブリバーに出かけました。

釣果はまずまずでしたが、8歳と10歳の子供にとっては、本当に価値ある1匹となりました。詳細は、後ほどフィッシングレポートにアップします。

 

 

| 魚種:GT | 06:50 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

慎一郎君、登場

Shin11

慎一郎君、登場です。

8歳。お母さんと一緒にケアンズの学校に、夏休みの間、短期留学でやってきました。わずか8歳で、今までに、数々の大物をしとめてきたそうです。

写真は、そのほんの一端です。

「大きな魚が釣りたい」というので、今度の日曜日、GTかクィーンフィッシュ狙いで、川まで出かけます。

以前、シイラを掛けて、慎一郎君のオジサンのタックルを、竿ごと、魚に持っていかれたそうですが、もし20キロのGTでも掛かったら、またタックルを持っていかれそうで、正直、心配です。

でも、でっかい魚が釣れたときに、彼がどんなリアクションをするか、今から楽しみです。このところ、穏やかな天候が続いているので、釣果は、あまり心配していません。

釣果報告、ご期待下さい。

 

Shin31_1

Shin21

 

 

| その他 | 11:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フライフィッシャーマン、現れる

Rim000051 

今日、ゴールデントレバリーのフライフィッシングで有名なフレーザー島から、友人のナットがやってきました。

ゴールデントレバリーがオフシーズンに当るこの時期、彼はいつもボートを牽引して、ヨーク半島の先端、ウエイパに出かけては、そこでフライフィッシングガイドをやっています。

今回の帰路は、ボートは船で運んでもらい、釣りをしながらフレーザー島の対岸、ハービーベイまで戻るということで、途中で、ヒンチンブルックのガイド、デイブと一緒にヒンチンブルックで釣りをするということでした。今年のウエイパはやはりケアンズ同様、雨が多くて釣果が上がらなかったと言ってました。

フィッシングガイド業をやりつつ、ある程度の釣果も上げようと思えば、その地域、地域のベストシーズンに合わせて、釣り場を移動するのがベストです。でもガイド業もこなしながらということになると、かなり大変だと思うのですが、それをあえてやっているフィッシングガイドというのは、本当に釣り好きなのだと思います。

オーストラリアの東海岸をマーリンを求めて北から南へ移動しながら、ガイド業をこなすゲームボートのキャプテンは、少なくありません。南はシドニーの北のポートスティーブンスから北はケアンズの北、リザード島まで、ほぼ、オーストラリアの東海岸全域をカバーしています。

ほんとに釣り好きでないとできない仕事です。

写真は、ウエイパで一緒に仕事をしたときのナットです。

 

 

| メソッド:フライフィッシング | 02:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は、今年初めてのクジラでした

Cimg378011

今日も雨です。

7月に入ってから、雨の降らなかった日は、ほんの数日です。日本からお越しの皆様からも「せっかく梅雨の日本を抜けて、ケアンズまでやってきたのに。」という声をよく聞かされます。

それでも、みなさん、雨の合間を縫って、海や山に、出かけていらっしゃるようですが。

今日は、海にいらした方は、ラッキーでした。ダイビングボートの上でクジラのジャンプが何度も見られたとのことです。6月から始まったミンククジラのシーズンもそろそろ終わりですが、これから1ヶ月はザトウクジラのシーズンです。

ケアンズでは、アルビノの白鯨も見られます。名前は「ミンガルー」と言って、アボリジニー語で、「白いもの(?)」という意味らしいのですが、生まれて10年くらいでしょうか、毎年、南極からこのケアンズ海域に里帰りしてきます。

写真は、今日、ダイビングボートに乗船していたハヤト君が撮影したものです。

 

 

| その他 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これからが本番

今日も雨。

3日間降り続いた雨が、昨日、ようやく上がり、今日は晴天かと期待したのですが、夜半過ぎからまた、雨が降り始め、最悪のコンディションです。

今日、GT、クィーンフィッシュ狙いでご予約を頂いていた鈴木様には、出発前、コンディションを伝えて、あまり川が芳しくなければケアンズ湾内に戻ってバラ狙いに切りかえる旨、お伝えしておきました。

結果から言えばノーフィッシュだったのですが、メーター級のクィーンフィッシュが3本、フッキングし、ファイトできたらしいのですが、あえなくフックオフとのことでした。

このコンディションで3バイトということになると、いよいよ、川の青物の本格シーズンに突入です。

昨日、お母さんに連れられてやってきた8歳の信一郎君と、今度、コンディションが良くなったときに釣りに行こうと約束しましたが、これなら、彼にメーター級のクィーンフィッシュを釣らせてやれるかも知れません。

 

 

| メソッド:ルアーフィッシング | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新艇が加わりました。

M1

ケアンズに新しいゲームボートが加わりました。

「MOANA ?」です。

今までも38フィートのボートで運行していましたが、今月、新艇として、新しく「MOANA ?」として、進水しました。47フィートの大型クルーザーで、内装もかなり豪華です。

キャプテンはダニエル。昨年のリザード島のトーナメントで総合順位5位、1071ポンドの最大魚をしとめたボートです。

フィッシングだけでなく、クルーズ、シュノーケリング、ダイビング等にも使用できます。グレートバリアリーフの海で、誰にも邪魔されることなく、のんびり過ごしてみたい方は、御一報下さい。

 

 

| メソッド:トローリング | 06:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのプライベート釣行でした

P10100071_1

P10100061_1

今週の木曜日、久しぶりにプライベートで釣りに出かけました。ワーキングホリデーの若者2人に「釣りにつれてけ!」とせがまれて、マルグレーブリバーまで出かけました。

コンディションを確認して、これだ!!、という日に、満を持しての釣行です。

釣果は、私が30センチ程のメッキ、同船したダイシがメーターオーバーのクィーンフィッシュ。

なんで????????????????

でも、30センチのメッキでも、ほんと、嬉しそうな顔をしている私は、きっと同行したワーキングホリデー2人よりも純粋なのかもしれません。グッスン。

P10100031

下の写真は、今回参加した壊れかけの若者2人と美女1人です。

P10100121_2

詳細は、「バラマン爺のちょっと一振り」に掲載してます。

 

 

| 魚種:その他 | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライトタックルトローリング

Img_00121

Img_00081

昨日は、半日のライトタックルトローリングのリクエストがあって、ボート2隻で出船しました。このところの穏やかな天候で、クルーズには最高の1日でしたが、あまり潮が動かず、出船したのも午後半日だったので、釣れたのはカツオ数本だけでした。

でも、お客様は、のんびりクルージングも楽しまれて、おまけにミコマスケイの近くでシュノーケリングもされて、冬の穏やかな海を楽しまれたようです

そろそろマーリンが釣れだしてもいい時期です。

 

 

| 魚種:マーリン(カジキ) | 08:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウエイパ フィッシングサファリ

ウエイパの船中泊トリップ「マンタレイ号」の冬季限定スペシャルプライスが発表になりました。7月、8月と9月の前半がその対象ですが、通常の価格より1000ドルディスカウントで販売されています。定員が6名までですので気のあった釣り仲間と、俗世間を離れて、大自然の中でフィッシングに没頭するのもいいかも知れません。

窓の外の深い緑のマングローブを眺めながら、船内のジャグジーで、日中の強い日差しでほてった体をクールダウンさせるなんて、この世の楽園だと思いません?

船中泊のトリップって、特にこの「マンタレイ号」は、フィッシングスポットの直ぐ脇に5スターホテルの客室を運んで来たようなトリップで、本当に贅沢な釣りだと思います。

10月の1トリップもなぜかこの価格で販売されていますので、ベストシーズンに贅沢気分を味わいたい方は、是非どうぞ。詳細はホームページのトップページにあります。

 

 

| 魚種:バラマンディ | 10:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

待ちわびていた快晴です

今朝の最低気温は11度でした。

このところ雨ばかりで、その分、比較的暖かな天候だったのですが、今朝は、寒くて、何度も目が覚めてしまいました。冬の朝は、起きて直ぐカーテンを明けて外を眺めるのが日課になっています。庭のヤシの木の枝が風でなびく様子で、風の具合を確認するのですが、今日は、予想したとおり、ピタッと風もやんで、無風状態でした。

車で出かけるとき、向こうの山の麓に、放射冷却の霧がかかっていると、冬の釣りにはベストコンディションなのですが、今日は、霧がかかるほどの無風状態ではありませんでした。

でも、これで2、3日晴天が続いて、早朝、霧がかかるようになると、ベストです。潮も小潮で、あまり動かず、浅瀬の水温が上がりやすくなってくると、いうことなしです。今週あたり、今シーズン初のクィーンフィッシュ、爆超かな? タックルはすでにスタンバッてます。

明日は、ポートダグラスピックアップで、デイントゥリーリバーにいらっしゃるお客様があります。

釣れるといいのですが。

冬の、河口域でのルアーフィッシングに関しては、以下のページで確認できます。

冬の河口域でのGTとクィーンフィッシュ

 

 

| メソッド:ルアーフィッシング | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |