2006年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

S字系、ゲット!!

P10100021

先日、S字系ルアー、ゲットしました。

ワキングホリデーの最後に、念願かなってウエイパに出かけたミキヤ君から、ツアー終了後、購入しました。(決して脅して奪い取った訳ではありません。)

ミキヤ君曰く、「当たりはいっぱいありましたが、フッキングしませんでした。」とのこと。でもルアーって、自分で使ってみないと納得できませんからね。

あまり大きなサイズに恵まれなかったミキヤ君を慰めてあげようと、ヒンチンブルック島強行1日ツアーを企てたのでですが、休日が取れず、あえなく断念することになりました。

というのは口実で、単に、自分が、このルアーを試してみたかっただけです。ウッ、ウッ、ウッ、腕が疼く。

ケアンズでのフィッシングに関しては「ケアンズのフィッシング情報」で確認できます。

スポンサーサイト

| タックル | 07:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いい感じですね

Barra

今日は、ルアーフィッシングの半日コースの予約を頂きました。

このところ冬らしい、穏やかな天候が続いていて、しかも大潮で日中が干潮という潮周りでは、冬でも、バラも決して難しくないコンディションです。

お申し込み頂いたのは、青木様。お一人のご参加でした。サイズは、冬のアベレージサイズでしたが、やはりバラ狙いでは、値千金の1匹です。

天気図を見る限りでは、当分この好天が続きそうで、おまけにこの潮周りですから、今がチャンスかも知れません。

ケアンズでのフィッシングに関するインフォメーションは「ケアンズのフィッシング情報」で確認できます。

| 魚種:バラマンディ | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の釣果

2505063 今日は、社員旅行でお越しのサカゼン商事の皆様のトローリングチャーターでした。久しぶりの好天にも恵まれ、アウターリーフまで出かけることができました。

お客様の希望で、出港を9時にしたため、午前中はバイティングタイムを逃してしまいましたが、お昼過ぎからの潮変わりで、ようやく当たりが出始め、2時間程度の間に、20キロ弱の大物を筆頭に10本程度のサワラを釣ることができました。

みなさん釣りは堪能されたので、3時にはストップフィッシングとなり、ミコマスケイ(砂でできた島)の風裏で遅い昼食とシュノーケリングを楽しまれた後、帰港しました。

冬の優しい日差しと、穏やかな海と、サワラ。 完全にウインターフィッシングに突入ですね。すでに冬の風物詩、ザトウクジラも見かけたという話も聞いています。こんなに早くクジラが回遊してくるということは、例年よりも水温の低下が早まるということかもしれません。

そうすると、マーリンシーズンに入るのは、例年より遅れて、7月になってからかもしれませんね。

ケアンズでのトローリングに関するインフォメーションは、以下のページで確認できます。

ライトタックルトローリング

ヘビータックルトローリング

2505061

2505065

2505064

2505062

| メソッド:トローリング | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日ルアーフィッシング

2405065

2405064

昨日は、1日ルアーフィッシングで、マルグレーブリバーへ出かけました。お客様は新婚旅行で東京からお越しの大場様ご夫妻。

GTやクィーンフィッシュを釣りたいというリクエストで、マルグレーブリバーに決定です。前日まで小雨模様の雨が降っていて、川の水が増水する程度ではなかったのですが、水の濁りが心配でした。

川に入ってみると、やはり濁りがあって、あまりいいコンディションとはいえませんでしたが、それでもGT12匹、クィーンフィッシュ1匹という釣果でした。チャンピオンアングラーは、初心者の奥さまでした。写真のようなサイズばかりでしたが、数が釣れたので、なんとか楽しんで頂けたのではないでしょうか。

やはりクィーンフィッシュが川の中に入ってくるようになるには、冬の穏やかな晴天が続くのを待つしかないようです。

でも、この悪天候、いつになったらおさまるのでしょうか?

この冬の時期のGT、クィーンフィッシュの釣りに関しては、このページで確認できます。

2405061

2405063

2405066

2405067

2405062

| 魚種:GT | 08:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あすはルアーフィッシングです

このところ、天候があまりすぐれず、海上では25~30ノットの強風が吹いています。

雨季があけたかな、と思う間もなく、雨、強風と、このところ太陽も満足に顔を出していません。天気図を見ると、シドニー沖にかなり強い高気圧が居座っていたのですが、それが低気圧と高気圧が間隔をあまりおかないで、次々と入れ替わるようで、ケアンズに吹き寄せる南東の風も、今週は、少し納まるようです。

明日は1日ルアーフィッシングです。お客様のリクエストでライトタックルでGTかクイーンフィッシュを狙いたいとのことでしたが、風が多少収まったようで、なんとか釣れてくれるといいのですが。例のジグも使ってみたいし。

1日置いた後は、ライトタックルトローリングです。キャプテンの話だと、すでに小型のマーリンを仕留めたとか。この天候が続いてくれるのを祈るばかりです。

冬場の河の河口では、GTやクィーンフィッシュが良く釣れますが、その詳しい内容は、以下のページで確認できます。

冬の河口域でのGT、クィーンフィッシュ

| メソッド:ルアーフィッシング | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

掘り出し物

P10100151

昨日は、休日。

休日といえば、奥方のショッピングに付き合わされるのが常ですが、不幸中の幸いは、こちらでは、大抵のショッピングセンターやディスカウントストアに釣具コーナーがあることです。奥方も、ショッピングに終始つき合わせると、私が不機嫌になるのがわかっているので、釣具コーナーで、しばらくの間放置してくれます。

昨日出かけたショッピングセンターの釣具コーナーに掘り出し物がありました。

写真のジグです。15グラムと25グラムの小さなジグですが、これ、マグロ(ブルーフィンツナ)やカツオ、クィーンフィッシュを狙うのに最適です。

海岸近くでボイルしているマグロやクィーンフィッシュが追いかけているベイトはシラスのような小魚が多く、まさにこのジグのような魚を追いかけている場合が殆どです。1個、A$3.50、日本円にして¥300程度ですね。4個でしめて¥1,200-。他にラパラのルアーケース(クリアーボックスが4個収納できて機能的なつくりでした)が気に入ったのですが、即座に却下されました。

23日、クィーンフィッシュ狙いのリクエストがあったので、さっそく使ってみます。

| メソッド:ルアーフィッシング | 10:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレイコッド用ルアー

P10100061

昨日、ワーキングホリデーで滞在中のモリ ミキヤ君から、マーレイコッド用のルアーを頂いてしまいました。彼は、今度、18日からウエイパにバラマンディーフィッシングに出かける予定で、現地の手配、その他を担当させていただきました。

モリ君は3月8日の書き込みで紹介させて頂いた金山さんご夫妻と一緒に、シドニーでマーレイコッドを釣りに出かけました。そのときはあまり大きなサイズがつれなかったので、つい、この間、再度、リベンジで、一人でマーレイコッドツアーに出かけたようです。

釣果は5日間のフィッシングで1匹。 でも、この1匹、90センチ、20キロの大物でした。値千金の大物です。

このルアーは、そのときのお土産です。

マーレイコッドは、ディープダイバールアーで、ボトムをごとごと叩きながらアクションをさせて釣るのですが、ここまでくると、「ウーン」とうなってしまいます。基本的に引き重りのするディープダイバー系のルアーは、次にキャスティングしたいと思っても、なかなかルアーが回収できないので、好きではありません。こんなルアーで1日、ボトムをごとごといわせてたら、肩が凝ってしまうように思うのは、私だけでしょうか?

この幸運がウエイパでも大物を呼んでくれるよう期待しています。

マーレイコッドフィッシングに関しては、以下のページで確認できます。

マーレイコッドツアー村田基さんとのマーレイコッド釣行記

| 魚種:マーレーコッド | 09:00 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

釣りのあとのビールは、ウマイ!!

Imag00051

今日は、GTフィッシングでした。

お客様は、GT初挑戦の佐藤様ご夫妻。

風が強く、荒れ模様の天候の中、不慣れなキャスティングで大変そうでしたが、後半はコンスタントに30メートル程度投げられるようになり、べイトフィッシュも浮いてきて、それぞれ1匹ずつは釣れるだろうと期待したのですが、ご主人が掛けて、1分ほどやりとりをしたものの、あえなくラインブレイク。

他に5回ほどチェイスもあって、初挑戦にしては、楽しめたのではないでしょうか?

ノーフィッシュだったので、残念会もかねて、マリーナのレストランでビールで乾杯。

今日はケアンズ市内のマリーナではなく、ヨーキーズノブというマリーナだったのですが、そのマリーナはボートが係留されている桟橋を見渡せるようなテラスにレストランがあって、なかなかいい雰囲気です。潮風にさらされた体をクールダウンするには、最高のビールでした。写真は、そのヨーキーズノブマリーナのテラスです。

ケアンズでのGTフィッシングは、以下のページで確認できます。

GT/マーリンのルアーキャスティング、 GTキャスティング、バジェットコース

| 魚種:GT | 07:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウポロケイ

Rimg210041

前回、GTフィッシングに出かけてとき、ウポロケイという砂浜の島の近くで釣っていたら、「あの島に上陸したい!!」というリクエストだったので、昼食時、ウポロケイのすぐ近くまで船を入れて、昼食を取り、しばらく、そこで過ごしました。

お客様は、3人だけで、この島を独占ですから、かなり喜ばれてました。

こんな天気の日は、ボートの上で昼寝でもしながらのんびり過ごしたいと思っていたのは、私だけ?

明日のGTは前半20~25ノットの風なので、かなり揺れそうです。アングラーもキャスティングが大変そうです。

ケアンズでのGTフィッシングは、このサイト、「ケアンズのフィッシング情報」で確認できます。

| 魚種:GT | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ビッグベイト

Emoto

今日、バラマンディーファームに行ってきました。

お客様は、ワーキングホリデーでラウンド中の江本様。シドニーから車でケアンズまで北上して来たとのことでした。シドニーでは、主にブリーム(クロダイ)を釣っていたとかで、シドニー湾のオペラハウスのすぐ近くで、釣りを楽しんでいたらしいです。このシドニー湾でのフィッシングで、釣りに目覚めたとか。

ケアンズの後は、ウルル(エアーズロック)へ向かうらしいのですが、それなら、エアーズロックからダーウィンに向かって、バラフィッシングを楽しんでくれば、と薦めておきました。

私の方は、以前、このブログで話題になったビッグベイトを試してみました。

Big_bait_2

このビッグベイト、かなり重く、すぐに沈んでしまい、あまりいい結果が得られませんでした。完全にルアーのミスチョイスです。ミスチョイスといっても、ケアンズのタックルショップでは、ビッグベイトなど売っているはずもなく、これは、以前、お客様(たしか加藤君でした)からの頂き物です。

でも、池の桟橋の周囲をアクションさせながら動かしてみるとかなりのバイトがあったので、このタイプでサスペンドタイプのものがあればいいかも知れません。

どなたか、そういったルアー、ご存じないですか?

明後日はGTフィッシングです。天候が回復してくれればいいのですが。

バラマンディーの管理釣り場に興味のある方は、こちらで確認できます。

| 魚種:バラマンディ | 07:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。