2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ホームページ更新

Dogtooth

ホームページのトップページを更新しました。

新しく商品ラインナップに加えたトリップもいくつかあります。その中で、ハミルトン島ベースでコーラルシーへの船中泊ロングトリップは特筆です。ほとんどアングラーが入ったことのないグレートバリアリーフの遥か沖合いへのトリップです。

昨年から始まりましたが、釣果は、コース案内の写真を観ていただければ納得できるかと思います。紹介した写真の中にある3人が横に並んで抱えているイソマグロは船上実測で96キロとのことでした。

まだ残席のあるトリップもあります。興味のある方はご一報ください。

| 魚種:GT | 09:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイクロン通過

Imag00021

今日の早朝あたりから暴風雨圏に入り、かなり強い風が吹いていましたが、お昼ごろ、ようやく風もおさまり、外に出られるようになりました。シティーに出てくるまでの10分間、中央分離帯の樹木も、ほとんどなぎたおされていました。

今回のサイクロンは、上陸して、そのまま内陸部に抜けていったので、台風一過とはいかないまでも、暴風雨圏に入っていたのは、6時間くらいの間で、それ以外は、あまり風も強くありませんでした。

これがヨーク半島の西側、ガルフというエリアに抜けて海上に出てくると、また勢力を増し て、そのまま西進するとダーウィンです。このあたりのサイクロンは、ほんとやっかいです。

| その他 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日、大型台風上陸です

明日、大型台風、ラリーが上陸します。このまま進むと、明日の朝8時くらいに、ケアンズの南、150キロあたりに上陸しそうです。中心の気圧は現時点で925ヘクトパスカルですから、かなり大型ですね。

今日は、グレートバリアリーフに向かうクルーズ船は、全社欠航でした。弊社でも、午前中の半日の餌釣りでオペレーションを中止し、ボートを陸揚げしました。明日、ご予約を頂いていたバラファームも、もちろん中止です。でも、ケアンズ市内は、現時点であまり風も無く、日中も晴天で、嵐の前の静けさといったところでしょうか。

台風がくると、昔、石垣島の近くの小浜島に住んでいた頃を思い出します。台風の来週に備え、建物の防風対策をしたり、ボートを陸揚げしたり、陸揚げできない大きなボートは岸壁に、幾重にもロープを渡して係船したり、慌しい時間を過ごしていました。

そのせいか、台風が来るとすこし気分的に高揚します。これって変?

| その他 | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かなり混んでます。お早めに!

最近、4月、5月のダーウィン、ウエイパの予約問い合わせがあって、いくつか知り合いのフィッシングガイドに電話で予約状況を確認してみたのですが、どこも、かなり込み合っているようです。

ダーウィンは3月末の雨期開け直後が、「RUN OFF SEASON(ランオフシーズン)」といって、デカバラが最も釣れるシーズンなので、この時期、込み合ってるのはしょうがないとして、何故かウエイパもかなり込み合ってます。

ウエイパは、以前のこの時期なら、雨季の真っ最中で、ガイドもシーズンオフで、ホリデーに出かけたりしてましたが、今年は、どのガイドも、ぼちぼちお客さんが入っているようで、4月から6月末くらいまでは、ほぼ、満席の状態とか。

普段、ケアンズで仕事をしているウエイパ出身のガイドがいて、自分のボートをウエイパまで運んで、ハイシーズンのウエイパでガイドをする予定なのですが、彼が「うん」と言ってくれれば、なんとか潜り込めるのですが。

さっき電話をしたら、ボートの上で、お客さんと一緒だったのですが、おととい120センチオーバーを上げたと自慢してました。

バラフィッシングでダーウィンやウエイパでいい思いをしたかったら、ご予約は、お早めに。

ウエイパでのバラマンディーフィッシングの詳細は、以下のページで確認できます。

ホテルベースの日帰りトリップボートベースの船中泊トリップ

| 魚種:バラマンディ | 04:32 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒンチンブルック島

昨日、ヒンチンブルック島にバラフィッシングに出かけてきました。

釣果から報告すると、

コッド2匹

な、な、な、なんと、ヒンチンブルック島まで出かけてコッド2匹の貧果でした。

バラも2匹、チェイスがありましたが、50センチ前後の小型のもので、1匹は、ストラクチャーのすぐ外でUターン。もう1匹は、ジャンプしてルアーに飛び込んで来ましたが、ルアーにかすりもせず、水の中へ。まるで、真冬のような反応でした。

早朝5時にケアンズを出発して、さほど雨に降られることもなくヒンチンブルック島に到着。ケアンズでは、早朝の一時、激しく雨が降るだけで、日中は、さほども降雨もなく、5日前のケアンズインレットでのフィッシングでも、コンディションはさほど悪くなかったので、いけるだろうと思ったいたのですが。

気になったのは、ケアンズから南に下るに従って、橋の上から見る川の水が、茶色く濁ってきていたことでした。ケアンズよりは雨が多かったということですが、それでも海側のポイントの濁り具合は、さほど悪くなかったと思うのですが。

でも、最後の1時間は、かなり激しい雨に振られ、全員ズブヌレになりながらの、フィッシングでした。

ま、こんなこともあります。「釣り」ですから。

ヒンチンブルック島でのバラマンディーフィッシングのインフォメーションは、こちらから確認できます。

| 魚種:バラマンディ | 11:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルアーフィッシング

Imag0005_11

昨日は、金山さんご夫妻と一緒にルアーフィッシングでした。

この時期は、雨が多く、川に出かけても濁りがきつくて釣りにならないので、ケアンズ湾内で行いました。ケアンズ湾内は、流れ込みも小さく、海水がかなり奥まで入ってくるので、この時期、安定した釣果が期待できます。

ご主人の裕さんは、かなりの入れ込みようで、新婚旅行でバズーカ持参でした。奥様の悦子さんも、ベイトリールの使い方を練習してきたということで、とてもベイトリール2回目とは思えないほどのロッドさばきでした。

釣果は、以下の通りです。

マングローブジャック 1匹  

バラマンディー 1匹

マゴチ 1匹

コッド 2匹

バラクーダ 1匹

このバラは、実は悦子さんの釣果です。カップルでいらした方には、二人とも満足のいく釣果となりました。やっぱり、女性の方にいい魚が釣れたほうが、あとあと問題が少ないようです?。

ケアンズでのバラマンディーフィッシングのインフォメーションは、以下のページから確認できます。

1日、半日バラマンディーフィッシング

ヒンチンブルック島バラマンディーフィッシング

Imag0002_21_2      

 Imag0003_21

| 魚種:バラマンディ | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディーファーム

Barra_farm1

一昨日、バラマンディーファームにお客様を案内してきました。

この時期は、冬と違ってルアーでも、飽きない程度に釣れるので、楽しめます。ワームでも釣れますが、小型のワームしか興味を示さないので、やはりルアーの方が楽しめるようです。

お勧めのルアーは、若干浮力のあるサスペンドミノーがいいようです。ここのローカルルールで、フックはバーブレスのシングルフック1本という規定があるので、通常の使用で、サスペンドの状態のルアーで、フックをシングル1本に交換すると丁度いいようです。

お勧めはラパラのハスキージャーク(9センチサイズ)ですね。

大きなものになると70センチを超えますから40ポンドクラスのリーダーは必要です。お持ちでない方は、こちらでご用意できます。

バラマンディーファームの詳細は、こちらで確認できます。

| 魚種:バラマンディ | 07:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログ、開設しました

ジャンクメールの被害でBBSを閉じて、数ヶ月が経過しましたが、ようやくブログ開設にこぎつけました。

2週間ほど前、日本に滞在した際、ブログのネタ本を購入して、設定しました。

単に、流行ってるというだけで、通常のBBSからブログに変更してみました。ブログ自体もよく理解できていないままでの見切り発車です。写真も入れられるし、便利かなと思ったのですが、これって、「コメント」にも写真が入れられるんでしたっけ?

ま、とりあえず、また、末永くお付き合い頂ければと思います。

詳しい情報は、今までどおり、ホームページの中でご紹介していきます。

| その他 | 06:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |