| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マーレーコッドツアー、今季、第2弾

ケアンズ、釣り- 18012017



今季、2回目のマーレーコッドツアー。


今回は、お一人での参加でしたが、合計31匹をランディング。


今シーズン、調子いいみたいです。


3月にも開催予定ですので、ご希望の方は連絡ください。




| 魚種:マーレーコッド | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド、釣果

izumi-cod.jpg


現地で最終日を迎えたマーレーコッド釣行ですが、2日半の実釣で、34匹のコッドをランディングしたらいいですよ。


現地のガイドから、メッセージが入りました。


これから山を下りて、麓の街で、オーストラリアンバスを狙うそうです。


釣行レポート、届いたら、詳細、後程、アップします。






| 魚種:マーレーコッド | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行、スタート





今シーズン、初回のマーレーコッド釣行、いよいよ、今日からスタートです。


今シーズンの釣果を占い初回の釣行。


果たして、釣れるのか?


| 魚種:マーレーコッド | 12:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行、3日目(釣行レポート、3)

ケアンズ、釣り、オーストラリアンバス-30042016-p2




ケアンズ、釣り、オーストラリアンバス-30042016-p3




いよいよ、最終日。


この日は、午前中、マーレーコッドを狙って、付近の川に出撃し、その後、ゴールドコースト方面に移動、途中、別のガイドと落ち合って、オーストラリアンバスを釣ることになっている。

今回のY氏の希望で、なるべく多くのオーストラリアンネイティブを釣りたいというリクエストだったので、マーレーコッドオーストラリアンバス、それにサザンサラトガの3魚種制覇を狙ったスケジュールを立てておいた。

昼までには、現地を発って、オーストラリアンバス釣り場へ向かいたかったので、この日も、早朝、6時半にモーテルを出発し、釣り場へ。

結局、この日は、カヌーフィッシングで、コッドを6匹追加して納竿。

その後、パッキングして、2時間ほどの移動でオーストラリアンバスのいる川へ。


そこで、別のガイドと落ち合って、夜、7時くらいまで、ルアーを投げ倒しました。




ケアンズ、釣り、オーストラリアンバス-30042016-p1



オーストラリアンバスに関しては、何回かバイトがあったものの、船べりリリースもあって、ランディングできたのは、この1匹のみ。


その日の夜、サラトガのいるダム周辺のポイントに関して、オーストラリアンバスのガイドを引き受けてくれたダレンの念入りな解説を受けて、解散。

この翌日、ゴールドコースト空港でY氏と別れ、Y氏は、サラトガの居るダム湖へレンタカーで移動。


サラトガフィッシングで数日を過ごしたY氏。帰国後、その様子を確認してみると、何度かバイトがあったものの、結局、ランディングできなかったようです。

でも、全く、インフォメーションがないところから、レンタルボートを借りて、バイトまで持ち込んだ結果は、たいしたものですなァ。オッサンなんか、初めてのサラトガフィッシングでは、サラトガの姿も見れませんでしたから。



マーレーコッド、今シーズンは、計3回の釣行でした。

また、来年、今度は、減水の影響もなく、いつも通りの釣果が得られることを願ってます。



| 魚種:マーレーコッド | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーレーコッド釣行、2日目(釣行レポート、2)

ケアンズ、釣り、マーレーコッド-22042016-p1



ケアンズ、釣り、マーレーコッド-22042016-p2



ケアンズ、釣り、マーレーコッド-22042016-p5



2日目、3時半に起床し、近郊のダムへ。

まだ、日の出前。 山間の道路を車で移動する。

車のライトに驚いて、車の直前を横切るカンガルーに何度も遭遇しながら移動すること、約1時間、要約、ダムに到着。

ボートランプの周囲には、ローカルのオージー達がテントを張っていたが、どのテントにも明かりが点いて、釣り支度をすでに始めていた。



早速、ボートを浮かべ、ボートランプ近くのティンバーからスタートフィッシング。

日が完全に登り切ってしまうと、バイトも遠のいてしまうので、最初の2時間程度が勝負どころ。

ロックバー、岩が垂直に落ち込んでいるロックウォール、ダムに流れ込む川の流れ込みなど、いくつか場所を変えながらキャストしていくが、全く、コンタクトなし。

日が高くなり、活性も落ちたところで、ダムの深みを諦めて、ダムに流れ込む川へ移動。適当なプールをピックアップしながら、その川を釣り上がることにする。

ただ、ここも予想以上に減水していて、魚の影すら見当たらず、結局、昼前にはダムを後にして、一旦、モーテルに戻り、一休み。

朝が早かったので、軽く仮眠をして、2時頃、付近の川へ。



ケアンズ、釣り、マーレーコッド-22042016-p3



ケアンズ、釣り、マーレーコッド-22042016-p4



大きなプールがいくつか続くポイントで、カヌーフィッシング。

4年前の釣行では、かなりいい思いをしたプールのはずが、オッサンが、6マルサイズのコッドを1匹程度釣り上げただけで、この日は、納竿。

減水に悩まされた1日でした。




| 魚種:マーレーコッド | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT