≫ EDIT

GTフィッシング



グレートバリアリーフの沖合いに点在するリーフ、コーラルシーへのフィッシングトリップを主催している「NOMAD」のキャプテン、デーモンのGTフィッシングルアーに関する解説です。

英語の解らない方でも、映像をご覧になれば、80%は理解できると思います。

後半は、GTフィッシングのルアーキャスティングに関するものですが、前半は、GTルアーのフックセッティングに関する解説です。

最近は、日本からお越しになる熱心なGTアングラーの方がめっきり少なくなったので、現在、日本でのGTルアーのフックセッティングで、どういった方法が主流か、あまり詳しくないのですが、インターネットで検索してみる限りだと、ラインシステムは、以前に較べて、かなり改良されてるようですが、フックセッティングに関しては、以前と同様、トレブルフックが主流のようです。

GTフィッシングが脚光を浴びるようになってから、パラオ、モルディブ、グレートバリアリーフ、バリ、コモドと、いろんな場所が注目を浴び、大型GTが釣れなくなり、そして、また別のエリアへ、という状況が繰り返されて来ました。

今、大物GTが釣れる場所は、トカラ、ニューカレドニア、そして、このコーラルシーくらいに限定されて来ています。

そろそろ、「殺してでも獲る」釣りから、「生かしながら獲る」釣りを考えていかないと、早晩、大型GTが釣れる場所が、世界の海から消えてなくなってしまうように思います。

あれだけ激しいファイトを強いられるGTフィッシングで、バーブレスのシングルフックを使うとなると、大物GTを釣り上げようと思えば、かなりの部分、運に左右されるようになってきます。

それを当然と受け入れるか、それを否定してしまうか、そろそろアングラー自身が真剣に考えなければならない時期に来ていると思います。

GTアングラーの方であれば、フィッシングプレッシャーによって、いろんな場所で、以前のように、GTが釣れなくなってしまっているという事実は、だれでも認めるところです。

極力、魚体に与えるダメージを少なくする釣りを考えないと。

| 魚種:GT | 18:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また、買ってしまった

PA080030.jpg

昨日、ショッピングセンターに買い物に出かけたついでに、スポーツ用品専門店の釣具コーナーを覗いたら、STORMのルアーが、2個セットで$15.00という破格値でセール中。

早速、ワゴンに山積みされたルアーの中から、バラマンディーに使えそうなルアーを物色。

それで購入したのがこの4つ。

写真右側のディープダイバーは、フローティングで、いい感じです。

基本的に、バラマンディーの大物を狙う場合、ディープダイバー系のルアーで、リップにアイが付いているものは選びません。

やはり万が一、メーターオーバーが掛かったとき、アイがリップについていると、リップの付け根からベキッとへし折られて逃げられてしまいそうで、アイが、ボディー本体に付いているものしか購入しません。

そういう点では、このルアー、4つとも不合格なのですが、安さに釣られて、購入してしまいました。

なんか、突然、ヒンチンブルック島に明後日、出かけることになってしまい、ニュールアーをトライしてみるのにいい機会です。

潮が、あまりよくありませんが、久しぶりのヒンチンブルック島で、楽しみです。

| タックル | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ルアーチョイス

17082009-1.jpg

今週の土曜日から出かけるパプアニューギニア釣行用に、ルアーをチョイスしました。

タックルボックス2箱。

それに、ごらんのスイムベイト(?)2パッケージ。

ルアーは、トップウォーター用のポッパーからシャローウォーターミノー、ディープダイバーミノーで深度5メートルくらいまで。

サスペンドミノーもいくつか入ってます。

オーストラリア製ルアーが殆どですが、ディープダイバー系では、RAPALAのX-RAPで+15、+20がそれぞれ入ってます。

トップから深度5~6メートル程度までは攻められます。

ターゲットは完全にメーターオーバーなので、サイズはこの通り。

17082009-2.jpg

これでタックルの準備は、ほとんど完了です。

ケアンズも、真冬の寒さが緩んできて、日中は初夏を思わせる陽気です。この晴天が海の向こう側でも続いてくれるといのですが。

| 魚種:バラマンディ | 18:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バラマンディー用ディープダイバールアー

P5210009.jpg

先月、ある日の釣行でルアーを2つも破損。

どちらもバラマンディーフィッシングには欠かせないフローティングのディープダイバールアー

小さい方はキラールアーというオーストラリアのメーカーの「フラッツラッツ」、大きな方はラパラの「バラマグナム」

バラマンディーフィッシングの場合、ルアーのプレゼンテーションは、ルアーを「置く」というよりも、ルアーを「投げ込む」といった方が、解りやすい。

もちろんオープンエリアにサスペンドしているようなノーテンキなバラマンディーの口元にルアーを投げ込んでは、もともこもないが、枝が繁茂したようなマングローブのストラクチャーに隠れているバラマンディーをルアーに誘い出すためには、ルアーは「ここだぞ!!」とアピールできるような大きな着水音が必要だ。

ガンガンにマングローブの中に投げ込む。

ポイントを覆い隠すように生えているマングローブの枝や葉をぶち壊して、その下にルアーを叩き込むのである。

いきおい、手元が狂えば、ルアーはマングローブの太い幹や、ロックウォールに叩き込まれ、かなりのダメージを受ける。

この2つ、キャスティングして、何気にアクションをさせていたら、急に抵抗感がなくなったので、あれっっと思ってラインを巻いてくると、上がってきたのはビルだけだった。

ルアー本体は、ストラクチャーの外側でプカプカ浮いている。

ま、魚が掛かったときに外れなかっただけでも良しとしないと。

でも、このてのディープダイバールアー、あまりストラクチャーにひっかけてしまうのを恐れて、遠慮がちにアクションをさせているよりも、引っ掛けもいいか、くらいに思って、しっかり水を噛ませてアクションさせた方が、いい結果が得られるように思う。

というのが、先回、終了30分間際に、ド、ド、ドッっと釣れたときに感じた結論です。

最近、使わなくなったルアーがスパーのビニール袋の中に山のようになっていて、この際、ガンガンに使って、早く無くしてしまおうかと思うことしきりです。

| タックル | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竿、売り切れ?

P4090017.jpg

明日のヒンチンブルックに備えて、ロッドを調達に出かけたのですが、

な、な、なんと、売り切れですわ。

2月の下旬、モンヂュランダムにサザンサラトガを釣りに出かけた際、水中のティンバーにルアーを引っ掛けたので、それを外そうと、いつものようにルアーロッドの先端まで巻き寄せて、ロッドごとブルブルと振ったら、

ポキ!!?

今までも、お客さんのこういう光景は幾度となく見ていて、「日本製のロッドは細くて弱いねェ」と、オーストラリアンメイドのロッドの丈夫さには確たる確信を持っていたのですが、それが、いとも簡単にポキ、ですよ。

けっこう気に入ったロッドで、ニューギニアの巨大バラマンディーもこのロッドで釣り上げていたので、同じものを購入しようと思い、出かけたのですが、売り切れでした。

がっかりです。

若干柔らか目のロッドはあるのですが、あまり柔らかいと、バラマンディーの場合、最初の突っ込みで、簡単にストラクチャーに突っ込まれてしまって、何度も悔しい目を見たので、とりあえず買っとこうと思っていたのですが。

ま、弘法は筆を選ばず、と言いますから、なんとかテクニックでカバーしてきますわ。

で、とりあえず購入したのが、このローカルメイドのルアー

2個をチョイスしてレジに持っていったら、3個買えば、3個で24ドルよ、ってオバチャンに言われ、思わずもう一個買ってしまいました。

釣具屋の思う壺だな。

| 魚種:バラマンディ | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT