FC2ブログ

オーストラリアの釣り情報  「ケアンズ在住、バラマン爺(じい)のブログ」

Tagマーリン 1/17

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

フライでカジキ (Marlin on fly)

No image

これ、かなりエキサイティング。ビルフィッシュ(カジキ)をターゲットにしたフライフィッシング。ティーザーマンがルアーでカジキを船元まで誘いだす。もちろん、このルアーには、フックは付いていない。上手く誘い出して、魚がキャスティングの圏内に入ったら、ルアーを海面から引き揚げるのと同時に、アングラーがフライをキャスト。ブラック、ブルー、ストライプと3種類釣っているようで、シドニーの近く、ポートステファンス...

  •  0
  •  0

ブラックマーリン(1431ポンド、649キロ)

No image

1週間ほど前、オーストラリア、グレートバリアリーフで釣れたブラックマーリン。ブラックマーリンとしては、公式記録でオールタックル部門で2番目のサイズ、1431ポンド(649キロ)。かなりデカイ。ここにシェアした元記事は、(釣った魚を殺してしまうような)カジキ釣りに賛成か、反対か、意見を聞くためのABC放送というテレビ局のサイト。この手の写真をSNSで公開すると、最近は、決まって「こんなデカイ魚を殺すな!!」という...

  •  0
  •  0

「カジキのトローリングって、餌釣りですやん」 -その3-

前回、前々回と、話を進めてきましたが、今回が最終回です。前々回 - 餌と針について前回 - リギングとタックルセッティングについて今回は、カジキのバイトから、ファイティングチェアーに座ってのファイトまでの手順です。●ファイトの直前カジキが餌にバイトする場合、深みから一気に水面まで加速して、その巨体を空中に躍らせて餌にバイトする場合もあれば、興味を示した餌を観察するように、しばらく餌にフォローして付...

  •  0
  •  0

「カジキのトローリングって、餌釣りですやん」 -その2-

前回の続きです。さて、今度はリギング(仕掛け作り)です。餌とフックを使ってリギング(仕掛け作り)をするわけですが、カジキのトローリングに使う餌は、デッドベイト(死んだ魚を使うもの)とライブベイト(文字通りの”生餌”)に分けられます。(※ハワイや日本でブルーマーリンをターゲットにする場合は、主にルアーを使います。ここでは、このルアーを使ったトローリングの話ではありません。釣り方が全く異なります。)まず、...

  •  0
  •  0

「カジキのトローリングって、餌釣りですやん」 -その1-

『カジキのトローリングって、アングラーはリールを巻くだけで面白くない!!』これってホント?いえいえ、そんなこと、ありません。確かに、全くカジキのトローリングを経験したことがない人が、アングラーとして始めて乗船した時は、「ただリールを巻くだけ。」になってしまうかもしれません。でも、自分の為にボートをチャーターして釣りをしてるわけですから、もっとエキサイティングな釣りをしましょうよ。今回は、ケアンズ沖...

  •  0
  •  0
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。