≫ EDIT

撃沈なんかな~?

12062009.jpg

今日、満を持して、メーターオーバーのクイーンフィッシュをゲットしに出かけてきました。

この日のために、中国製ポッパーと日本製のリアル系ミノー、それにフライ用のポッパーを3個、購入してました。

かなりの先行投資です。

風がきつくて外洋が荒れ気味だったのが気になったのですが、それでもここ1週間くらいは、風もかなり落ち着いていて、「これは行ける!!」とかなり確信してました。

しか~し??!!

満潮の潮どまりまでの1時間半程、魚を誘い出し易いように、中国製のポッパーで水面をボガボガやってみましたが、全くの無反応。

潮が止まって、後半の引き潮に期待しようと、潮泊まりの間の1時間程、バラマンディーでもと思い、バンクのストラクチャー狙いで、数投後に掛かったのがこれ。

無事にリリースして、さあ、次、っと思ったとき、なんか焦げ臭い臭いが鼻先をかすめました。

「ん、何?、何の臭い?」とエンジンを覗いてみようとしたときに。

「ギューーーーーーン、ーーーン、ーン、ギュ、ギュ、プス」

「プス」ですわ。

「プス」の一言を最後にエンジンが沈黙です。

エンストです。

焦げ臭かったので、冷却水がポンプアップされてないようで、しばらくエンジンを空気にさらして、再度スタートしてみたら、案の定、エンジンは動きますが、冷却水が出てきません。

詰まっている様子もなく、泥を吸い込むような浅瀬に乗り入れたわけでもないので、きっとインペラーが原因だと思うのですが、こんな場所では、どうしようもありません。

アンカーを入れて待つこと20分。

ただ待ってても退屈なので、ルアーを投げてましたが、やはり無反応です。

そして、通りかかったボートに曳航してもらい、ボートランプまで無事帰還。

クイーンフィッシュを狙うとき、あまり釣れないと、川の河口のかなり外側まで出たりするのですが、ほんと、川の内側でラッキーでした。

すぐに救助されただけでも、ラッキーと思って、良しとしておきましょう。

でも、微妙。

| 魚種:バラマンディ | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |