≫ EDIT

TEAM DAIWA 撮影釣行

ケアンズ、釣り-15122013-4



アーリービーチでバラマンディフィッシングの撮影を終え、ケアンズに戻った翌日から、今度は、TEAM DAIWA の撮影釣行に同行。


最初の2日は、船中1泊2日で、ジギングトローリング。最終日は、GTフィッシングというアレンジ。今年は雨季の雨が11月末頃から降り始め、天候だけが心配でしたが、晴天に恵まれ、無事、撮影終了。


1泊2日の釣行では、殆ど波もなく、べた凪ぎの情況で、予定を変更して、ケアンズ沖、150キロの地点にあるシーマウントで沖停。


ここは、水深1000メートルの海底から、一気に水深40メートルまで駆け上がる海底火山。頂上は、バスケットボールコート程度の広さしかなく、よほど条件が揃わないと、ここで一晩明かすことができない場所。


オッサンも、ここで一晩過ごすのは10年振りくらい。


TEAM DAIWA の面々は、トローリングで竿を振る時間がなかったためか、この日は、深夜近くまで、デッキで釣りを楽しんでました。


その先頭に立って、釣りを楽しんでいたのが村越正海さん。


村越正海さんとの釣行は、これで2度目ですが、ホント、村越さん、釣り好きです。暇さえあれば、ロッドを振ってましたもの。


GTを釣ってるときも、潮止まりでベイトフィッシュが散ってからは、サビキ仕掛けで、小物と戯れてました。GTフィッシングにサビキ仕掛けを持ってくる人なんて、いませんから。


今回撮影した映像は、来年春のフィッシングショーのステージで観られるとのこと。オッサンも、チョイ役で写ってるかも知れません。



ケアンズ、釣り-15122013-3



ケアンズ、釣り-15122013-2



ケアンズ、釣り-15122013-1





| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年のトーナメントスケジュール

ケアンズ、釣り-01062013-1



今年、ケアンズで開催されるトーナメントのスケジュール、ホームページにアップしました。

興味のある方は、こちらで確認を。

「ケアンズ、マーリンフィッシング」



リザード島のトーナメント、今年は10月12日~19日となってます。

このところ、マーリンのヘビータックルチャーターの問い合わせをいくつか頂いています。大潮前後の、釣果の期待できる日程は、殆どのボートに予約が入っている状況で、中には、シーズンを通して、全ての日程が埋まってしまっているボートもあります。

ちなみに、この写真のボート、45フィートのボートですが、このサイズのボートで、1日のチャーター代金は A$3,200.00 前後です。


ケアンズ、釣り-01062013-2


38フィート前後のボートで A$2,500.00 前後、60フィートクラスになるとA$5,500.00 前後くらいですか。

1000ポンド(430キロ)以上のマーリンが、かなりの確率で釣れるエリアは、世界中探してもケアンズしかなく、この時季は、世界中からアングラーが集まってきますから、ボートのチャーター代金もそれなりの値段です。

これを「高い」と考えるか「安い」と考えるかは、1000ポンド(430キロ)のマーリンにどれだけ価値を見出せるかどうかですが。

ボートは4名程度までは乗船できます。料金を頭割りすれば、そんなに高額でもありませんし、チャーター運行ですから、マーリントローリング以外に、GTのキャスティング、ジギングなどのアレンジできます。

通常、シーズン中は、1日の内、マーリンの食いが立つのは午後になりますから、午前中、GTフィッシングやジギングを楽しんだ後、午後、マーリンに集中すれば、十分に釣果は得られます。


どなたか、チャレンジしてみます?

| 魚種:マーリン(カジキ) | 16:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようやく編集終了





ようやく昨年11月の5泊6日のマーリン釣行の動画編集が終了。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケアンズでマーリンを釣る

PB010053.jpg


カジキトローリングといえば、「退屈な釣り」、「楽しいのはキャプテンだけ」、などなど、トローリングをあまりやったことの無い人にとっては、面白くない釣りの代名詞のような言われ方をします。



そう思ってるあなた、一度、ケアンズカジキを釣ってみなさいって。やればやるほど、その奥深さに目覚めてきますから。

そりゃあ、朝10時くらいから初めて、夕方6時くらいまで、何も起こらない日もあります。

そのときは、正直、退屈です。

でも、特にケアンズの場合は、ハイシーズンのベストタイドにスケジュールを合わせれば、2日間の釣行で、少なくとも1匹のカジキはかかります。断言します。

しかも、釣れれば、500キロ近い大物が掛かる可能性もあるわけですから。

その期待感は、1日を棒に振ってしまっても、十分見返りのあるものです。


ケアンズではデッドベイトかライブベイトを使っての餌釣りです。ルアーは殆ど使いません。その分、フッキングさせるためのアングラーの役割はかなり大きなものです。

正式なルールでは、フッキングからランディングまで、アングラー以外の人間がロッドやライン、リールには触れてはいけないことになってます。

でも、その辺りはスタッフも心得たもので、釣りを始める前に、どの程度のアシストをすればいいか、アングラーに確認してくれます。

最初から自分一人で、というわけにもいきませんから、ある程度のアシストは受けた方がいいと思いますが、1匹でも釣れたら、その次は、自分一人で、なんていうリクエストも可能です。

1泊2日程度の釣行であれば、あまり大きなボートをチャーターする必要もありませんし、3名程度でチャーター代金をシェアすれば、費用もさほど高くありません。旅費も含めて20万円程度で済みます。

毎年11月になれば、マーリンケアンズ近郊まで下ってきますから、ケアンズ発着で船中泊のトリップが組めるようになります。

「やってみたい!」と思ってる方、とりあえず御連絡ください。

でも、この時期、世界中からマーリンハンターがケアンズに集まってきますから、御予約はお早めに。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 12:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5泊6日 マーリンフィッシング ダイジェスト




今月、1日から6日まで、5泊6日の釣行でリリースした6匹のマーリンのランディングシーンのダイジェストです。

やっぱ、ええなァ。

| 魚種:マーリン(カジキ) | 16:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT